勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

ダイアナ / Diana

2013年10月19日 | 洋画(イギリス系)
1997年8月31日、パリでパパラッチに追い回された末の事故で亡くなった、元イギリス皇太子妃ダイアナの、離婚の少し前から亡くなるまでの約二年間のダイアナを描いた作品。

ダイアナを演じたのは、ナオミ・ワッツ。世界中に顔を知られた人物ですので、演じるのはかなりハードではなかったかと思いますが、中々上手く演じています。外見も、当時の写真などを入念にチェックした結果、髪型も服装もコピーしています。特に、チャールズ皇太子の不倫や自分の自傷行為に言及したBBCのインタビューや、地雷廃絶活動の映像などは、当時のニュースフィルムかと思うような出来栄えでした。それらのみならず、数々のシーンにおいて、当時の服装、履物をリサーチして再現しています。

この映画を見ると、一緒に亡くなったドディ・アルファイド氏が最後の恋人と言われていますが、心はアルファイド氏ではなく、ハスナット・カーン氏にまだまだあったみたいですね。なので、見ている最中は、ダイアナがわざわざ贔屓の記者に自分の事をリークしてアルファイド氏との写真を撮らせているのが理解できなかったんですが、後から考えてみると、あの行為は、注目を集めてしまったカーン氏から目を逸らさせるための陽動作戦だったのかな?と思います。

それにしても、英国王室は自由ですね。って言うか、ダイアナが自由なのかもしれませんが。奔放な恋と言うか、何というか。まぁ、それはそれとして、ダイアナが護衛も付けずに自由に出歩いているのには、驚きました。まだ離婚前の皇太子妃の頃であっても、護衛無し。ベルギーやオランダなども、王室ファミリーは、かなり自由に出歩いているみたいですから、欧州の王族はそういう物なんでしょうか?

物語の終盤、ニュース映像などで何度も見たパリのリッツのエレベーターのシーンが出て来るんですが、そこに至る前のダイアナが、何か物凄く苛立っていたように見えるのが印象的です。って言うか、実際に事故の時のダイアナは、苛立っていたように見えたと仄聞しますから、それを表現しただけなんですが。

ケンジントン宮殿の門での撮影が英国王室から許可されたそうです。印象的なラストシーンは、もちろん、そこでの撮影なんでしょうね。それにしても、門の外とはいえ、撮影を許可したなぁ、英国王室。まぁ、拒否したらしたで、叩かれるのは必定なので、許可したのかもしれませんが。

クィーン』は王室側からの視点だった訳ですが、この作品はまさにダイアナ側からの視点。これで、両面からの話が見えましたね。

タイトル ダイアナ / 原題 Diana
日本公開年 2013年
製作年/製作国 2013年/イギリス
監督 オリバー・ヒルシュビーゲル
出演 ナオミ・ワッツ(ダイアナ)、ナビーン・アンドリュース(ハスナット・カーン)、ダグラス・ホッジ(ポール・バレル/ダイアナの執事)、ジェラルディン・ジェームズ(ウーナ・トッフォロ/ダイアナの治療師)、チャールズ・エドワーズ(パトリック・ジェフソン/ダイアナの秘書)、キャス・アンバー(ドディ・アルファイド)、ジュリエット・スティーブンソン(ソニア)

[2013/10/19]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランス / Trance | トップ | 人類資金 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画:ダイアナ Diana 注目は何たって、演じるのが ナオミ・ワッツ!!だったのだが... (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
注目は何たって、ダイアナ演じるのが、ナオミ・ワッツ! 予告編ですっかり「成り切ってる!」と思わせ(写真)、期待が大きかった。 なぜそこまで喜ぶかというと、彼女は、ニコールキッドマン同様、出身はオーストラリア(元イギリス植民地) その彼女が、「元」とはい...
劇場鑑賞「ダイアナ」 (日々“是”精進! ver.F)
元英国皇太子妃の“真実”… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201310190001/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を無料交換しますのでご安心下さい...価格:1,050円(税込、送料込) 【送...
ダイアナ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【DIANA】 2013/10/18公開 イギリス 113分監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル出演:ナオミ・ワッツ、ナヴィーン・アンドリュース、ダグラス・ホッジ、ジェラルディン・ジェームズ、キャス・アンヴァー [Story]1995年、ダイアナが夫のチャールズ皇太子と別居してからすで...
ダイアナ (悠雅的生活)
ジャンクフード。黒髪のウィッグ。世界一有名な女性。
『ダイアナ』 (こねたみっくす)
プリンセス・ダイアナ。彼女は自由を失ったプリズナーか、誇りを持ったプリンセスか、それともワガママでも愛を求める女性だったのか。 世界一有名な女性として、イギリス皇太子 ...
「ダイアナ」王室を離れて生きる道を掴んだ志半ばで散ったダイアナ妃の1人の人間としての孤独 (オールマイティにコメンテート)
「ダイアナ」は1981年に英国王国の皇太子妃となったダイアナが1995年に離婚後の2年間1997年8月31日に交通事故で死去するまでの描いたストーリーである。世界から ...
ダイアナ (はるみのひとり言)
「ありがとう」の試写会で観せていただきました。浜村さん30分みっちり喋らはりましたね〜。でもいつも入場時には浜村さんとありがとう娘がお出迎え、帰りにはありがとう娘がお見送りしてくださって、そんなありがとうの試写会が好きです。<ストーリー>1995年、ダイア...
ダイアナ/ナオミ・ワッツ (カノンな日々)
1997年の突然の交通事故死で世界中を哀しみで覆いこんでしまった元イギリス皇太子妃ダイアナの姿、その知られざる一面に迫るヒューマン・ドラマです。『ヒトラー 最期の12日間』のオ ...
ダイアナ ★★ (パピとママ映画のblog)
『インポッシブル』などの演技派女優ナオミ・ワッツが主演を務め、1997年に交通事故死した元イギリス皇太子妃ダイアナに迫る感動作。20歳で英国王室に嫁いだ若く魅力的な女性が出産や離婚を経験し、しなやかに変貌と自立を遂げる姿を描き出す。メガホンを取るのは、『ヒト...
ダイアナ (そーれりぽーと)
イギリス・ロイヤル・ファミリーで波瀾万丈の人生を生き、若くして不幸の死を遂げたダイアナ妃の晩年を描いた『ダイアナ』を観てきました。 ★★★ ナオミ・ワッツは良いし、ダイアナ妃のマスコミの前での振る舞いや、ボランティア活動等の見覚えがある場面の再現は上手...
『ダイアナ』 (2013) / イギリス (Nice One!! @goo)
監督: オリヴァー・ヒルシュビーゲル 出演: ナオミ・ワッツ 、ナヴィーン・アンドリュース 、ダグラス・ホッジ 、ジェラルディン・ジェイムズ 、チャールズ・エドワーズ 、キャス・アンヴァー 、ジュリエット・スティーヴンソン 試写会場: よみうりホール ....
ダイアナ 英国王室って自由なのね〜 (No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.)
【58うち今年の試写会6】1997年8月31日(日)、どこだったか忘れたけど佐川急便の配送所で取引業者のアウトレット市が開催されていて、友達と買い物に行き、ビラボンのセミドライスーツを超破格値(確か5000円)で購入できて、ルンルンで帰ってきたら、ダイアナ妃が事故...
映画「ダイアナ」 (FREE TIME)
映画「ダイアナ」を鑑賞しました。
『ダイアナ』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ダイアナ」 □監督 オリバー・ヒルシュビーゲル□脚本 スティーブン・ジェフリーズ□キャスト ナオミ・ワッツ、ナヴィーン・アンドリュース、ダグラス・ホッジ、       ジェラルディン・ジェームズ、チャールズ・エドワーズ、キ...
ダイアナ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(10) 映画を見る限りダイアナは結構大胆な性格だった。
「ダイアナ」 (或る日の出来事)
ひとりの男との恋愛を中心にした話になっていたのが意外。映画は、真面目で普通だったな…。
『ダイアナ』 2013年10月26日 TOHOシネマズ錦糸町 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ダイアナ』 を観賞しました。 公開2週目の週末というのに上映も夕方以降になり客入りも2〜3割という状況でした。 大盛況だったのは、まどかマギカでいかにもヲタクな人たちであふれていた 【ストーリー】  1995年、ダイアナ(ナオミ・ワッツ)が夫のチャールズ皇太...
ダイアナ (とりあえず、コメントです)
元イギリス皇太子妃ダイアナの最後の2年間をナオミ・ワッツ主演で描いたドラマです。 どんな人生を送ってきた人だったのだろうと気になっていたので楽しみにしていました。 ナオミ・ワッツの熱演と共に、自分らしく生きようと必死にもがいていた一人の女性の姿に もっと幸...
ダイアナ (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
ダイアナ '13:米 ◆原題:DIANA ◆監督:オリバー・ヒルシュビーゲル「ヒトラー 最期の12日間」 ◆主演:ナオミ・ワッツ、ナヴィーン・アンドリュース、ダグラス・ホッジ、ジェラルディン・ジェイムズ、チャールズ・エドワーズ、キャス・アンヴァー、ジュリエット・ス...
ダイアナ (試写会) (風に吹かれて)
愛を求めたけれど公式サイト http://diana.gaga.ne.jp10月18日公開 監督: オリヴァー・ヒルシュビーゲル  「ヒトラー 〜最期の12日間〜」 「インベージョンン」1995年、ダ
ダイアナ (pure's movie review?)
2013年 イギリス作品 113分 ギャガ配給 原題:DIANA STAFF 監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル 脚本:スティーヴン・ジェフリーズ 原作:ケイト・スネル CAST ナオミ・ワッツ ナヴィーン・アンドリュース ダグラス・ホッジ ジェラルディン・ジェームズ...
ダイアナ (のほほん便り)
やはり、あの独特の雰囲気と気高さ、カリスマ性とオーラは、誰が演じても無理だった気がしますが、主演のナオミ・ワッツ、大健闘!もちろん、彼女の置かれた極めて特殊な状況と運命、本当のところは、神のみぞ知る… でしょうし、観た人の感想も賛否両論だったみたいです...
映画・ダイアナ (読書と映画とガーデニング)
原題 Diana2013年 イギリス イマジカBSで観賞 ダイアナ元皇太子妃死亡事故の前、2年間にスポットをあてています ダイアナを演じるのはナオミ・ワッツ本人の特徴を捉えるべく頑張っていましたが、物真似の域をでていないような?それに本人のほうが断然...