勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

猿の惑星:新世紀(ライジング) / Dawn of the Planet of the Apes

2014年09月14日 | 洋画(アメリカ系)
猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編。前作から10年後の世界を描いている。

冷静に考えてみて、これって、人類そのものではないのか?

この作品では、資源=電力の確保をめぐり、資源の有るところ=ダム、居住しているグループ=猿たちと、資源の欲しいグループ=人類が争っています。これを、資源=石油で、資源の有るところ=中東(イラクとか)、居住しているグループ=イラクの旧フセイン政権、資源の欲しいグループ=アメリカ(多国籍軍)とすると、2003年のイラク戦争そのものの構図に見えるのですが?もっとも、映画では、猿達から攻撃を仕掛けているので、そう言う意味では、アメリカ(多国籍軍)側から攻撃を仕掛けたイラク戦争と完全に一致はしていないですけどね。でも、やっぱり、人類世界の縮図に思えてしまいます。

ところで、昔の猿の惑星は人類視点で描いていたと思うのですが、この作品は猿=シーザー視点での作品だと思います。そういう意味では、前作の『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』もそうなのだと思うのですが、その時シーザーはまだ成長の過程だったので、あまりそう言う風には感じませんでしたが、成長し、類人猿のリーダーとして活躍している今回は、ハッキリとそれがわかります。その証拠というわけではないですが、結末は明らかに次に物語が続く作りになっていますが、そこにはマルコムの入る隙はなく、シーザーがこの先どういう風に類人猿を纏め、人類と対峙していくかと言う描き方になっています。続きが見たいです。

それにしても、アンディー・サーキス、凄い。特殊メイクとパフォーマンス・キャプチャーの賜では有るのだと思いますが、猿の動きだし、何と言っても表情が良い。言葉で感情表現をし難いだけに、表情が動作での感情表現が重要になってきますが、物凄く上手く出来ています。

先行公開で、鑑賞しました。続きがあるのなら、早く続きが見たいですね。

タイトル 猿の惑星:新世紀(ライジング) / 原題 Dawn of the Planet of the Apes
日本公開年 2014年
製作年/製作国 2014年/アメリカ
監督 マット・リーブス
出演 アンディ・サーキス(シーザー/共存派の猿)、ジェイソン・クラーク(マルコム/共存派の人類)、ゲイリー・オールドマン(ドレイファス/対立派の人類)、ケリー・ラッセル(エリー/共存派の人類)、トビー・ケベル(コバ/人類を敵視する猿)、コディ・スミット=マクフィー(アレクサンダー/マルコムの息子)、カーク・アセベド(カーヴァ)、ニック・サーストン(ブルーアイズ/シーザーの息子)、テリー・ノタリー(ロケット/共存派の猿)、カリン・コノバル(モーリス/共存派のオランウータン)、ジュディ・グリア(コーネリア/シーザーの妻)

[2014/09/14]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (41)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フライト・ゲーム / Non-Stop | トップ | ウィークエンドはパリで / Le We... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

41 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画「猿の惑星:新世紀(ライジング)(2D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 猿の惑星:新世紀(ライジング)(2D・字幕版)』 (公式)を本日、先行上映初日の第1回目で劇場鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら75点にします。 ざっくりストーリー 2020年代のサンフランシスコ。猿た...
猿の惑星:新世紀(ライジング) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(11) 終始、緊張感に包まれた展開にぐいぐい惹き込まれた。
映画『猿の惑星:新世紀(ライジング)』観たよ (よくばりアンテナ)
3年前の『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編 自らが生み出したウイルスによって、人類の90パーセントが死滅した2020年代の地球。サンフランシスコでは、かろうじて生存している人類と驚異的な遺伝子進化を遂げた猿たちのコミュニティーがゴールデンゲートブ...
『猿の惑星 -新世紀(ライジング)-』 2014年9月14日 TOHOシネマズ日本橋 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『猿の惑星 -新世紀(ライジング)-』 を鑑賞しました。 先行公開で急遽3連休に飛び入り参戦した猿は如何に... 【ストーリー】  自らが生み出したウイルスによって、人類の90パーセントが死滅した2020年代の地球。サンフランシスコでは、かろうじて生存している人類...
猿の惑星:新世紀(ライジング) (佐藤秀の徒然幻視録)
希望は再エネだったが・・・ 公式サイト。英題:Dawn of the Planet of the Apes。マット・リーヴス監督、アンディ・サーキス(モーションピクチャー:シーザー)、ジェイソン・クラーク、ゲイ ...
猿の惑星:新世紀(ライジング) (♪HAVE A NICE DAY♪)
おお〜〜っ!しっかりと続編になっている。 前作のジェネシスでシーザーは森へと・・ そしてウイルスが・・・で終わったけど その後の物語がちゃんと描かれていて面白かった〜〜〜〜〜〜!!! いや〜〜〜シーザーがいい! ここまできたら、姿は猿だけど、優しいカル....
劇場鑑賞「猿の惑星:新世紀」 (日々“是”精進! ver.F)
共存か、対立か… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201409150000/  猿の惑星新世紀(ライジング) / 原タイトル:DAWN OF THE PLANET OF THE APES (角川文庫)[本/雑...価格:778円(税込、送料別) 【楽天ブックスな...
『猿の惑星:新世記』 (こねたみっくす)
猿が主役になっちゃった。 人類目線で描いてきたシリーズの流れからいうと、これは本筋からちょっと寄り道したようにも思える前日譚。なんせストーリーテラーからEDクレジット順ま ...
猿の惑星:新世紀(ライジング)★★★.5 (パピとママ映画のblog)
名作SF『猿の惑星』の前日譚(たん)『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編。ウイルスによって滅亡状態に陥った人類と、遺伝子の進化を経て知能や言語を得た猿たちとの対峙(たいじ)が思わぬ事態を引き起こしていく。前作に引き続き、『ロード・オブ・ザ・リング』シリ....
猿の惑星:新世紀(ライジング) (心のままに映画の風景)
高度な知能を獲得した猿のシーザー(アンディ・サーキス)が自由を求めて立ち上がり、人類への反乱を起こしてから10年。 猿たちは進化を加速させ、森の奥に文明的なコミュニティを築いて平和に暮らしていた。 一方人類は、蔓延したウイルスによっておよそ90%が死滅...
猿の惑星 新世紀 ライジング(2D字幕)/DAWN OF THE PLANET OF THE APES (我想一個人映画美的女人blog)
2011年に公開された「猿の惑星」シリーズの前日譚、「猿の惑星 創世記ジェネシス」の続編。 これまでのが全部好きなので先行にて鑑賞 前作から10年後の世界を舞台に、猿の英雄シーザーに率いられ独自の文明を築き始めた猿の集団と、 存亡の危機に陥った人類が、...
『猿の惑星:新世紀(ライジング)』(先行上映) (・*・ etoile ・*・)
'14.09.13 『猿の惑星:新世紀(ライジング)』@TOHOシネマズ日本橋 したまちコメディ映画祭で『西遊記 はじまりのはじまり』を見た後、時間も早いのでせっかくだから1本何か見ようということになり、『ガーディアン・オブ・ギャラクシー』と悩んで、先行上映だからこちら...
猿の惑星 新世紀 (映画好きパパの鑑賞日記)
 猿の惑星シリーズのリブート版第二弾。もともと原作は有色人種の台頭を猿に見立てたそうですが、本作でも人間とまったく異なる生物との対立というよりも、明らかに文明が違う人間同士が対立する現実のメタファーであり、よく考えられていると思いました。  作品情報 ...
猿の惑星 新世紀(ライジング) (Akira's VOICE)
シーザーの男前のみを観るべき映画。  
猿の惑星:新世紀(ライジング) (そーれりぽーと)
別に続けなくても良いのにと思いながら『猿の惑星:新世紀(ライジング)』を観てきました。 ★★ うん、別に続けなくても良かった。 前作のラストで、人類にとっては有害な猿の脳を活性化させるウィルスが世界中にパンデミックしていく様子が描かれていましたが、本作...
『猿の惑星:新世紀(ライジング)』 (2014) (相木悟の映画評)
示唆に富む、猿VS人間の哀しき戦争! SFエンタメでありながら、身につまされる優れた教訓映画であった。 映画史に燦然と輝きながら、1作目を頂点に回を重ねる毎にB級へと下降線をたどったためか、どこか一段低い娯楽作とみられていた『猿の惑星』シリーズ(68〜73...
猿の惑星 新世紀(ライジング) (ハリウッド映画 LOVE)
原題:マット・リーブス出演:アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル、ドビー・ケベル
[映画『猿の惑星:新世紀(ライジング)』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・かつて、小林よしのりのマンガに影響され、思想を語るようになった者は、その考えの浅さを含めて「コヴァ」と揶揄されていた。  まあ、隠さずに言えば、私もかなり影響された口だ。  この、『猿の惑星 ライジング』は、対立にある人間と猿たち、その双方に、...
猿の惑星:新世紀(ライジング) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【DAWN OF THE PLANET OF THE APES】 2014/09/19公開 アメリカ 131分監督:マット・リーヴス出演:アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル、トビー・ケベル、ニック・サーストン、ジュディ・グリア、コディ・スミット=マク...
猿の惑星:新世紀 ライジング Dawn of the Planet of the Apes 131分に渡りダレること皆無。満足度高し! (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
前作、猿の惑星:創世記(ジェネシス)を、当ブログは以下のように褒めている。 <「老い」とは 
<「親子の絆」とは 
<「人格」とは 
<「愛情」とは 
<「人権」とは
 <「尊厳」とは

 <な...
猿の惑星:新世紀(ライジング)/仲間殺しと信頼関係 (映画感想 * FRAGILE)
猿の惑星:新世紀(ライジング)Dawn of the Planet of the Apes/監督:マット・リーヴス/2014年/アメリカ 今度は戦争だ! 次もたぶん戦争だ! そういえば前回も戦争だった! ユナイテッド・シネマとしまえんスクリーン5、F13で鑑賞。2D字幕です。 前作が「Rise ...
『 猿の惑星:新世紀(ライジング) 』APE SHALL NEVER KILL APE (映画@見取り八段)
猿の惑星:新世紀(ライジング)〜 DAWN OF THE PLANET OF THE APES 〜     監督: マット・リーヴス    キャスト: アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル、トビー・ケベル、コディ・スミット=マクフィー、カー...
『猿の惑星:新世紀<ライジング>』 (ラムの大通り)
(原題:Dawn of the Planet of the Apes) ----これって、フォーンも こそっと隠れて一緒に観た映画。 ニャんだか、スゴく評判いいよね。 「そうだね。 個人的には前作『猿の惑星・創世記<ジェネシス>』の方が好きだけど、 今回の作品は、 堂々たる風格を備えた 文句....
映画『猿の惑星:新世紀(ライジング)』★パンツ1枚くらいの差しかない(?)猿と人間 (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/162643/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。   人類が、ウイルスで滅びかけている一方 高知能の猿たちは、シーザーをリーダーに、社会を形成。   うま...
猿の惑星:新世紀(ライジング) (映画情報良いとこ撮り!)
猿の惑星:新世紀(ライジング) なんとまたしても猿の惑星ですね。 何度目のリメイクでしょうか? 前にやったのは、確か観た記憶がありましたが。前のがどの回か、分かりませんけどね。 宇宙船があって、そこで何か判明していた気がしますが。 今回は、どんな...
「猿の惑星:新世紀」激減した人類と猿の戦いを続けた先にみた戦うしか生き残れない弱肉強食の世界 #猿の惑星 (オールマイティにコメンテート)
「猿の惑星:新世紀」は2011年に公開された「猿の惑星:創世記」の続編で、猿ウイルスによって人類が激減した世界で10年ぶりに人間と邂逅した猿たちが、共存を選ぶのか?そ ...
『猿の惑星 新世紀』 (時間の無駄と言わないで)
それにしても良く出来てるなぁ。 猿の表情凄いよね。 話自体は既視感ありありで先が読めまくりだったけど、猿の芝居は見応えあるわ。 猿を見せるために敢えて華の無い主役を起用 ...
猿の惑星:新世紀(ライジング) (だらだら無気力ブログ!)
前作同様、大変面白かった。
猿の惑星:新世紀(ライジング)/アンディ・サーキス (カノンな日々)
SF映画の金字塔『猿の惑星』の新たにリブートしエピソード0的位置づけのストーリーを描いた前作『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』から10年後の世界を舞台にした続編です。 出演はその ...
『猿の惑星:新世紀(ライジング)』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「猿の惑星:新世紀(ライジング)」□監督 マット・リーブス□脚本 マーク・ボンバック、リック・ジャッファ、アマンダ・シルバー□キャスト アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン■鑑賞日 9月20日(...
『猿の惑星/新世紀(ライジング)』(2014) (【徒然なるままに・・・】)
前作『猿の惑星/創世記(ジェネシス)』から10年、人類は猿インフルエンザの影響で絶滅の危機に瀕し、免疫を持つ一部の人々だけが細々と生き延びており、一方で蜂起した猿たちは、シーザーの指導の下で一大コミューンを築き上げていた。新たなエネルギー源を求めてダム...
「猿の惑星:新世紀(ライジング)」 Dawn of the Planet of the Apes (2014 20世紀FOX) (事務職員へのこの1冊)
前作は、思えば革命の話だった。アルツハイマー治療薬によって“覚醒”した猿シーザー(この名前はいろいろなことを象徴している)は、群れのリーダーとして森に君臨している。妻帯し(奥さんの名前がコーネリウス!)、子がふたり(じゃないか)生まれ...
猿の惑星:新世紀(ライジング)・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
“星を継ぐもの”は誰だ? 2011年に公開されたリブート版「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の、10年後の世界を描く新シリーズ第二弾、「猿の惑星:新世紀(ライジング)」は驚くべき映画だ。 ルパート・ワイアットから監督を引き継いだマット・リーヴスは、絶滅に瀕...
『猿の惑星・新世紀(ライジング)』 (仲間が増えるといいなぁ・・・)
「猿の惑星」って、むか〜し、観ましたよ。 あれの続編なのかと思いながら観てきたのですが、ちょっと違ったみたいです。 第1作「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の続編という事でした。 知性を獲得した猿たちが地球の新たな支配者として君臨する過程なのか。 猿のシー...
【映画感想】猿の惑星:新世紀(ライジング) (R.U.K.A.R.I.R.I)
自らが生み出したウイルスによって、人類の90パーセントが死滅した2020年代の地球。 サンフランシスコでは、かろうじて生存している人類と驚異的な遺伝子進化を遂げた猿たちのコミュニティーが ゴールデンゲートブリッジを挟んで存在していた。 人類のコミュニティ...
猿の惑星:新世紀(ライジング) (とりあえず、コメントです)
2011年製作『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編です。 前作で知性に目覚めたシーザーがその後どのように暮らし始めたのか気になってチャレンジしてみました。 戦争へ向かおうとする機運が動き始める中、何とか戦争を回避しようとするシーザーの 必死の戦いに胸を打たれ...
「猿の惑星:新世紀(ライジング)」 疑心暗鬼が蔓延する (はらやんの映画徒然草)
前作「猿の惑星:創世記」は映像と、シーザーを演じるアンディ・サーキスの演技に感心
「猿の惑星 新世紀(ライジング)」☆シーザーの男前度 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ようやっと観れたーっ!! かなり評判良かったので、ちょっと期待して行ってもいいかな♪と思ったら、2Dでも十分伝わる3D感(3Dや4Dならさぞ見事だったことでしょう)もさることながら、戦うことなしには生きられない動物の悲しい性が、その先に続く未来の希望と...
猿の惑星 新世紀(ライジング) (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
猿の惑星 新世紀(ライジング) '14:米 ◆原題:DAWN OF THE PLANET OF THE APES ◆監督:マット・リーヴス「モールス」 ◆出演:アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル、トビー・ケベル、コディ・スミット=マクフィ...
映画『猿の惑星:新世紀(ライジング)3D』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-74.猿の惑星:新世紀(ライジング)3D■原題:Dawn Of The Planet Of The Apes■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:130分■料金:300円(ポイント使用)■鑑賞日:9月20日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷) □監督:マット・リーヴス◆ジェイソン・ク...
猿の惑星:新世紀(ライジング) (いやいやえん)
【概略】 猿のシーザーが仲間を率い、人類への反乱を起こして10年。猿たちと人類が森で遭遇し、一触即発の危機が発生する。 SF 前作「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の続編。 なんか、既に薬害で人類が死滅しそうな勢いと言う設定の本作…うーん、そこに行く...