勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

リスボンに誘われて / Night Train to Lisbon

2014年09月23日 | 洋画(その他)
ふとしたきっかけで手に入れた古書。内容に魅了されたライムントは、その著者の事を知るために、古書の舞台となっているリスボンに衝動的に旅立ってしまう。リスボンで、著者のことを知るにつれ、ライムントは自分探しをしていることに気がつく。

サラザール独裁政権下の出来事と、現在を上手く絡ませて描いている。頻繁に、過去と現代を行き来しているが、ストーリー・映像に違和感はなく、スムーズに物語に入り込むことが出来る。

いやぁ、それにしても、いい年をした大人が、衝動的にスイスからリスボンまで行ってしまいますかね?「それを言っちゃぁオシマイよ」とも言えますが。でも、ライムントが手に入れた本は、そんな衝動を巻き起こすほど、情熱的で心を震わせるような内容だったんでしょうね。

上記にも記しましたが、ある意味、ライムントの自分探しの旅になっています。そして、ライムントが、当時のアマデウの仲間から話を聞いていく度に、ライムントは自分自身のことが判っていき、最後は・・・。いや、最後はそれ以上書かないことにします(笑)。

ところで、映画の原題は『Night Train to Lisbon』で、原作と同じタイトル。何で、わざわざ邦題をそれと違うようにしたんですかね?

ライムントが、冷静に聞き込み(?)を進めていくのですが、その下には、情熱的なライムントが隠れているような気がしました。中々、良い映画だと思います。

タイトル リスボンに誘われて / 原題 Night Train to Lisbon
日本公開年 2014年
製作年 2013年
製作国 ドイツ・スイス・ポルトガル
監督 ビレ・アウグスト
原作 パスカル・メルシエ『リスボンへの夜行列車』
出演 ジェレミー・アイアンズ(ライムント・グレゴリウス)、メラニー・ロラン(エステファニア)、ジャック・ヒューストン(アマデウ・デ・プラド/本の著者)、マルティナ・ゲデック(マリアナ/女医)、トム・コートネイ(年老いたジョアン)、マルコ・ダルメイダ(ジョアン)、アウグスト・ディール(ジョルジェ)、ブルーノ・ガンツ(年老いたジョルジェ)、レナ・オリン(年老いたエステファニア)、クリストファー・リー(バルトロメウ神父)、フィリッピ・ヴァルガス(若きバルトロメウ神父)、シャーロット・ランプリング(アドリアーナ/アマデウの妹)、ベアトリス・バタルダ(若きアドリアーナ)、アドリアーヌ・ルース(メンデス/アマデウに救われたPIDE指揮官)、サラ・ビュールマン(カタリナ・メンデス/ライムントに救われる女性、メンデスの孫)

[2014/09/23]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バツイチは恋のはじまり / Un pl... | トップ | ミリオンダラー・アーム / Milli... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画・リスボンに誘われて (読書と映画とガーデニング)
原題 Night Train to Lisbon2012年 ドイツ、スイス、ポルトガル 原作 パスカル・メルシェ「リスボンへの夜行列車」 哲学的でなかなかに手ごわい原作をどのように映像化したのか楽しみにしていました スイス・ベルンの高校教師、ライムント・グレゴリウス(....
リスボンに誘われて (Spice -映画・本・美術の日記-)
「リスボンに誘われて」 Bunkamuraル・シネマ スイスの教師ライムント・グレゴリウス(ジェレミー・アイアンズ)は、ひとり暮らしの単調な毎日を過ごしていた。そんな
【映画】 リスボンに誘われて (シネマ・クレシェンド)
リスボンに誘われて(2013)ドイツ原題:Night Train to Lisbon監督:ビレ・アウグスト 出演:ジェレミー・アイアンズ/?ジャック・ヒューストン/シャーロット・ランプリング/メラニー・ ...
リスボンに誘われて (とりあえず、コメントです)
パスカル・メルシエ著の「リスボンへの夜行列車」をジェレミー・アイアンズ主演で映画化した作品です。 予告編を観た時、一体この人に何が起きたのだろうと気になっていました。 1冊の本に誘われた旅は、様々な想いを乗せた過去を現代へと運んでくる旅でした。
リスボンに誘われて (映画的・絵画的・音楽的)
 『リスボンに誘われて』を渋谷のル・シネマで見てきました。 (1)ブラジルの宗主国だったポルトガルの首都リスボンの風景が描き出されるというので映画館に行ってきました。  本作(注1)の主人公ライムント(ジェレミー・アイアンズ)は、スイスのベルンに住む高校の...
リスボンに誘われて (映画と本の『たんぽぽ館』)
地味な教師がたどる、ある鮮烈な人生 * * * * * * * * * * スイスの高校で古典文献学教師をしているライムント・グレゴリウス(ジェレミー・アイアンズ)。 妻と別れ一人暮らし。 淡々と仕事をこなし、それを良しとしている毎日でしたが・・・。 ....
「リスボンに誘われて」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Night Train to Lisbon」2013 ドイツ/スイス/ポルトガル ライムント・グレゴリウスはスイスの高校で古典文献学を教える教師で、妻と離婚以来孤独な日々を送っている。そんなある日、学校へ向かう途中、橋から飛び降りようとしている女性を助ける。そして小雨降る...
リスボンに誘われて★★★★ (パピとママ映画のblog)
2004年に刊行されて以来、全世界で発行部数400万部を突破しているパスカル・メルシエのベストセラー「リスボンへの夜行列車」(早川書房刊)を、ジェレミー・アイアンズ主演、「ペレ」「愛の風景」の名匠ビレ・アウグスト監督により映画化。 スイスの古典文献学教師ライム...
「リスボンに誘われて」 (のんびり。)
〔2013年/スイス・ポルトガル・ドイツ〕 スイスのベルンで高校教師をする ライムント・グレゴリウス(ジェレミー・アイアンズ)は、 ある日、橋から川に飛び込もうとする女を助ける。 去って行った彼女が忘れたコートのポケットには、 1冊の本が入っており、 それを...
リスボンに誘われて Night train to Lisbon (映画の話でコーヒーブレイク)
次に訪れてみたい国・・・それは、ポルトガルです。 だからというわけではないですが「リスボン」に誘われてDVDを鑑賞しました。 世界で400万部を超すベストセラー小説「リスボンへの夜行列車」が原作で、 作者はパスカル・メルシエという哲学者だそうです。 主演がジェ....