勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

聖の青春

2016年11月26日 | 邦画
羽生と同世代で、『東の羽生、西の村山』と並び称された天才棋士村山聖の短い一生を描いた作品。

不勉強ながら、村山聖の事はこの作品を目にするまで知りませんでした。もちろん、羽生善治の事は知っているんですが、彼と同世代にこんな凄いライバルがいたとは。野球では“松坂世代”“ハンカチ世代”、ゴルフでは“石川遼世代(とは、あんまり言わないかな?”などと、色んなスポーツで“XX世代”と言う言われ方で、同世代の傑出した選手たちがいたりしますが、将棋でも羽生世代と言われる名棋士が居たんですね。

この作品は、村山と羽生に尽きますね。村山聖を演じるために20Kg以上も体重を増量した松山ケンイチ。あそこまで容貌が変わるということは、20Kgでは済まない気がしますけどね。でも、映画公開の頃には、スッキリと戻っていて一安心です。

そしてもうひとりの羽生善治を演じた東出昌大。いやぁ、羽生になりきっていましたね。劇中掛けていた眼鏡も、羽生本人からもらったものだそうです。でもちょっと気になるのが、羽生本人の身長は172cmと言われているんですが、演じている東出昌大の身長は189cm。圧倒的に違うんですけど?でも、調べてみると、村山聖の身長は160cm前後だったらしく、演じている松山ケンイチの身長は180cmだそうです。と言う事は、本物は172cm(羽生)対160cm(村山)、俳優は189cm(東出)と180cm(松山)なので、余人を交えず二人のシーンであれば、比率的にはそんなに違和感はないのかも(笑)。って言うか、将棋は座って指すので、そもそも身長はあまり気にならないという話も・・・。

さて、真面目に作品の話に戻ると、羽生と村山の最後の対局。凄い!将棋なので、当然動きが激しいわけは無いんですが、何か心に刺さってくるような気迫を感じます。心が揺さぶられました。村山のセリフに「将棋は殺し合い」と言うのが有るんですが、それを見事に表現していたと思います。

タイトル 聖の青春

日本公開年 2016年
製作年/製作国 2016年/日本
監督 森義隆
原作 大崎善生『聖の青春』
出演 松山ケンイチ(村山聖)、東出昌大(羽生善治)、染谷将太(江川貢/奨励会員、聖の弟弟子)、安田顕(橘正一郎/棋士)、柄本時生(荒崎学/棋士)、筒井道隆(橋口陽二/将棋連盟出版部)、北見敏之(村山伸一/聖の父)、竹下景子(村山トミ子/聖の母)、リリー・フランキー(森信雄/棋士、聖の師匠)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブルゴーニュで会いましょう ... | トップ | 疾風ロンド »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「聖の青春」 (2016 KADOKAWA) (事務職員へのこの1冊)
大崎善生の原作や団鬼六の「真剣師 小池重明」などを読むと、将棋指しという人種はまことに異能の持ち主なのだと思い知らされる。棋譜を諳んじるのは当たり前、盤面を一瞥した......
映画『聖の青春』 (よくばりアンテナ)
松山ケンイチが27キロも太って、実在の天才棋士・村山聖になりきった話題の作品。 東出昌大が羽生名人にそっくりって話題にもなってた。 ネフローゼを患って、子供の頃に入院......
劇場鑑賞「聖の青春」 (日々“是”精進! ver.F)
負けたくない… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201611190000/ 聖の青春 講談社文庫 / 大崎善生 【文庫】 70億のピース / 終わりのない空 [ 秦基博 ]
『聖の青春』 2016年10月24日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『聖の青春』 を試写会で鑑賞しました。 将棋という盛り上がりにかけそうなテーマでありながら、見応えある作品であった 【ストーリー】  幼少期から難病を患う村山聖は、入退......
聖の青春 (あーうぃ だにぇっと)
聖の青春@一ツ橋ホール
聖の青春 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(F) 人生すべて将棋に捧げた異端の天才棋士、村山聖ここに見参!
聖の青春 (映画好きパパの鑑賞日記)
 羽生善治と並ぶ将棋の天才といわれながら、病気のためわずか29歳でなくなった村山聖の伝記映画。抑制された描写や役者の好演は感じましたが、クライマックスの演出は好みに合わ......
聖の青春 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
29歳の若さでこの世を去った天才棋士・村山聖の生涯をつづる大崎善生のノンフィクションを、松山ケンイチ主演で映画化。幼いころより患う難病と闘いながら将棋の道を突き進んだ村......
聖の青春 (Spice -映画・本・美術の日記-)
「聖(さとし)の青春」 一ツ橋ホール(試写会) 幼い頃から難病・ネフローゼを患い、入退院を繰り返した村山聖(松山ケンイチ)は、入院中に父が買ってきてくれた将棋に心を奪
『聖の青春』を一ツ橋ホールで観て、平等について思うふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲「怪童」って仇名を付けた人はほんとう「上手い」としか言いようがない。 五つ星評価で【★★★おで、将棋については全く分からんから、こんな評価】 羽生名人についてはビ ......
映画『聖の青春』★松山さんで蘇った聖の将棋で燃えたぎった青春 (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/169751/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。   松山ケンイチ さんのクセのあるキャラ(=......
聖の青春 (うろうろ日記)
映画館で見ました。 【私の感覚あらすじ】若くして亡くなった棋士さんのお話です。
聖の青春 (ピカールのネコライオンな日記)
表題映画を観賞したので感想: 松山ケンイチさんが演じる主人公・村山聖の生きる様を見て、 個人的に色々と思う事が大変ありました。 どう思ったかは恥ずかしいので記しませんが......
聖の青春 (to Heart)
生きること。 羽生善治を追い詰めた棋士――村山聖(さとし)。 病と闘いながら全力で駆け抜けた、わずか29年の生涯。 上映時間 124分 原作 大崎善生 脚本 向井康介 監督 森義隆 主......
「聖の青春」 (京の昼寝~♪)
□オフィシャルサイト 「聖の青春」□監督 森義隆□脚本 向井康介□原作 大崎善生□キャスト 松山ケンイチ、東出昌大、リリー・フランキー、染谷将太、安田顕、柄本時生■......