勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

誰よりも狙われた男 / A Most Wanted Man

2014年10月19日 | 洋画(アメリカ系)
今年(2014年)急逝したフィリップ・シーモア・ホフマン最後の作品。

ジョン・ル・カレの同名の小説が原作。ジョン・ル・カレの原作を下にした映画といえば、『裏切りのサーカス』がある。この『裏切りのサーカス』は、ものすごく静かな
淡々とした雰囲気で話が進んでいったが、この作品も同様。そういう意味では、好きでないと、途中で飽きてしまうかも。

さて、この作品と同じエスピオナージを描いた映画といえば、ジェイソン・ボーンシリーズがある。そのジェイソン・ボーンシリーズは、非常にアクションが派手な作品である一方、この作品はその対極にある。スパイ活動は人目につかないことが原則なので、どちらがより本当らしいかといえば、こっちの方が、より本当なのかな。

加えて、舞台がドイツというのも、非常に興味深い。その国家の成り立ちと、地理的位置から言って、ドイツにおけるスパイ活動というのは、やっぱり激しいんでしょうね。これが、9.11以降の現代の話であるというのは、あまり信じたくはないですが・・・。って言うか、昨今の世界情勢から言って、より激しくなっているのかな。

先にも記しましたが、激しいアクションシーンを期待すると外されます。より暗い、人間の暗部を照らしだすような作品です。

タイトル 誰よりも狙われた男 / 原題 A Most Wanted Man
日本公開年 2014年
製作年/製作国 2014年/アメリカ・イギリス・ドイツ
監督 アントン・コービン
原作 ジョン・ル・カレ
出演 フィリップ・シーモア・ホフマン(ギュンター・バッハマン)、レイチェル・マクアダムス(アナベル・リヒター)、ウィレム・デフォー(トミー・ブルー)、ロビン・ライト(マーサ・サリヴァン)、グレゴリー・ドブリギン(イッサ・カルポフ)、ホマユン・エルシャディ(ファイサル・アブドゥラ博士)、ニーナ・ホス(イルナ・フライ)、ダニエル・ブリュール(マキシミリアン)

[2014/10/19]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グレース・オブ・モナコ 公... | トップ | イコライザー / The Equalizer »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
誰よりも狙われた男 (あーうぃ だにぇっと)
誰よりも狙われた男@一ツ橋ホール
誰よりも狙われた男 (佐藤秀の徒然幻視録)
フィリップ・シーモア・ホフマン最後の台詞は「チクショー!」 公式サイト。アメリカ=イギリス=ドイツ。英題:A Most Wanted Man。ジョン・ル・カレ原作、アントン・コービン監督。フ ...
『誰よりも狙われた男』 (時間の無駄と言わないで)
ジョン・ル・カレ原作のスパイ映画。 この原作者だとドンパチの無い地味映画になるってコトは「裏切りのサーカス」で学習済み。 だけど、それにしたって地味過ぎやしないかい? ...
『誰よりも狙われた男』 2014年9月28日 赤坂区民センターホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『誰よりも狙われた男』 をTIFFプレイベント上映会で鑑賞しました。 フィリップ・シーモア・ホフマンの最後の主演作です。 とても残念ではありますが、なんとも言えない白いふてぶてしい姿は もう観ることはできません。 ご冥福をお祈りします。 【ストーリー】  ドイ...
誰よりも狙われた男 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
スパイ小説の巨匠ジョン・ル・カレの同名小説を「コントロール」のアントン・コービン監督が映画化。2014年2月に急逝した名優フィリップ・シーモア・ホフマンの最後の主演作となった。ホフマンがバッハマンを演じるほか、共演にも「きみに読む物語」のレイチェル・マクア....
誰よりも狙われた男/獲物は静かに追え (映画感想 * FRAGILE)
誰よりも狙われた男A Most Wanted Man/監督:アントン・コービン/2013年/アメリカ・イギリス・ドイツ 硬派な本格スパイ映画です TOHOシネマズシャンテE-9で鑑賞。原作未読です。フィリップ・シーモア・ホフマン主演ということで見に行きました。フィリップ・シーモ...
誰よりも狙われた男 (だらだら無気力ブログ!)
これは大いに見応えあったなぁ。
『誰よりも狙われた男(A MOST WANTED MAN)』ジョン・ル・カレ原作、アントン・コービン監督、フィリップ・シーモア・ホフマン (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。『誰よりも狙われた男』A MOST WANTED MAN原作 : ジョン・ル・カレ監督 : アントン・コービン出演 : フィリップ・シーモア・ホフマンレイチェル・マクアダムスウ
誰よりも狙われた男/A MOST WANTED MAN (我想一個人映画美的女人blog)
今年2月、薬物の過剰摂取により、NYの自宅アパートで46歳の若さで亡くなった 名優、フィリップ・シーモア・ホフマンの遺作。 ジョン・ル・カレの小説を実写化したシリアスなスパイサスペンス。 ドイツのハンブルクを舞台に、対テロ諜報チームを率いる男がテ...
誰よりも狙われた男 (映画的・絵画的・音楽的)
 『誰よりも狙われた男』を日比谷のTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)先般、46歳の若さで突然死したフィリップ・シーモア・ホフマンの遺作(主演作としては:注1)ということで映画館に行ってきました。  本作(注2)の舞台は、ドイツのハンブルク。  冒頭では、...
誰よりも狙われた男 (映画好きパパの鑑賞日記)
 わずか46歳で亡くなった名優、フィリップ・シーモア・ホフマンの遺作。ジョン・ル・カレ原作の陰々滅々したスパイ映画で、ラストシーンは、本当に見事なものでした。  作品情報 2014年アメリカ、イギリス、ドイツ映画 監督:アントン・コービン 出演:フィリップ・...
「誰よりも狙われた男」 (セレンディピティ ダイアリー)
今年2月に亡くなったフィリップ・シーモア・ホフマンの最後の主演作、「誰よりも狙わ
「誰よりも狙われた男」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「A Most Wanted Man」2013 UK/USA/ドイツ ドイツ、ハンブルグ。諜報機関でテロ対策チームを率いるギュンター・バッハマンは密入国した一人の青年に目を付ける。彼はイッサという名前のチェチェン人で、イスラム過激派として国際指名手配されている人物だった… ...
誰よりも狙われた男/素晴らしい俳優を失ったと実感 (MOVIE BOYS)
今年の2月に亡くなったオスカー俳優フィリップ・シーモア・ホフマンの最後の主演作品。『きみに読む物語』のレイチェル・マクアダムスや『アンチクライスト』のウィレムデフォーらが共演している。イギリスのスパイ小説家、ジョン・ル・カレの同名小説を映画化した。ちな...
誰よりも狙われた男 (とりあえず、コメントです)
ジョン・ル・カレの同名小説をフィリップ・シーモア・ホフマン主演で描いたサスペンスです。 彼の最後の主演作だったので、これは観なくては!と思っていました。 期待を裏切らないドキドキの展開に、最後まで引き込まれていきました~
誰よりも狙われた男 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(P) まるでトランプタワーを積み上げるような慎重な作業の連続。
「誰よりも狙われた男」 (ここなつ映画レビュー)
諜報物として大変質の良い作品な上にフィリップ・シーモア・ホフマンの遺作である。だから襟を正して観なくてはならない。邦題の付け方も粋だ。そして襟を正して観ていると、フィリップ・シーモア・ホフマン扮するバッハマンが、仕事に誠実であるが故に、「上の判断」に裏...
映画『誰よりも狙われた男』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-83.誰よりも狙われた男■原題:A Most Wanted Man■製作年、国:2014年、アメリカ・イギリス・ドイツ■上映時間:122分■料金:1,800円■鑑賞日:10月18日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷) □監督:アントン・コルベイン◆フィリップ・シーモア・ホ...
ホフマンの魂と供に (笑う社会人の生活)
20日のことですが、映画「誰よりも狙われた男」を鑑賞しました。 ハンブルク イスラム過激派に関わりがあるイッサは人権団体の弁護士アナベルを介して銀行家ブルーとの接触しようとしていた 諜報機関でテロ対策チームの指揮を執るバッハマンはイッサをわざと泳がせ テロ...