勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

傷だらけの男たち(2006年)

2007年07月07日 | アジア映画
あの名作『インファナル・アフェア』のスタッフが再結集して制作した作品。この作品も『インファナル・アフェア』と同様、レオナルド・ディカプリオの出演によるリメイクが決定されている。香港って、不思議ですね。人口800万程度しか居らず、領域も狭いのに、何故にこんなに名作が生まれるのでしょうか?

物語は、2003年に始まる。この年が物語の始まりに選ばれたのは、SARS禍の最中で香港が落ち込んでいたと言うことに加え、レスリー・チャンが自殺し、アニタ・ムイが亡くなってしまったと言う年であるということに意味を求めているらしいです。この映画のタイトルが『傷城』と言うものであるのもそのあたりの意味が込められていて、香港再生を願っている映画でもあるそうです。

トニー・レオンは、やっぱり良いですねぇ。最初は、金城武の役どころを演じる予定でしたが、本人の希望で変更になり、今回の役どころになっています。優しい仮面の下に、冷酷な犯罪者の顔を持つ男を非常に上手く演じています。

それと、金城武。やっぱり彼は、ああ言う陰のある役に向いていますね。広東語のセリフを流暢に操っていましたが、元々台湾で生まれたので、広東語もお手の物?なのでしょうか。

なんか、凄く悲しい物語です。トニー・レオンの最後なんかね特に。途中、日本や見慣れたハリウッド物の映画と、物語進行のテンポの違いを感じてちょっと違和感を覚えましたが、話の内容が面白いので、最終的には話の中に引き込まれていました。

エンディングの楽曲は、浜崎あゆみの『Secret』なのですが、中国語表示では濱崎歩でした。彼女の歌でエンディングと言うのは、ちょっと無理やり感が漂いますが・・・。avexが配給なので、仕方ないのかな。ちなみに香港バージョンでは、デニス・ホーがカバーしています。

タイトル 傷だらけの男たち
原題 傷城 ( Seung Sing ) ( 英題 : Confession of Pain )
日本公開年 2007年
製作年/製作国 2006年/香港
監督 アンドリュー・ラウ
出演 トニー・レオン、金城武、シュー・ジンレイ、チャップマン・トー、スー・チー

[2007/07/07]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダイ・ハード4.0(2007年) | トップ | トランスフォーマー(2007年) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「傷だらけの男たち」 (ここなつ映画レビュー)
香港映画の最近の傾向として、ノワール物の復活があると思います。 それはかつてのものよりもずっと洗練され、スタイリッシュな作風となっていますが、それでも常に、香港流の暑苦しさ、泥臭さというものを内包していて、それが又好きな向きには堪らない。 中でも、...
『傷だらけの男たち』 (試写会帰りに)
『インファナル・アフェア』シリーズのアンドリュー・ラウ&アラン・マック監督、スタッフの新作、『傷だらけの男たち』(『傷城』『CONFESSION OF PAIN』)。『インファナル・アフェア』シリーズのファンとしては、どうしても期待してしまいます。主演も『インファナ...
「 傷だらけの男たち/傷城 CONFESSION OF PAIN (2007) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 : アンドリュー・ラウ、アラン・マック 出演 : トニーレオン /
傷だらけの男たち 試写会 (レンタルだけど映画好き)
生きることが、痛みだった。この痛みに、生きていた。 傷ついた二人に愛を呼び戻した、殺人事件。 2006年 香港 監督 アンドリュー・ラウ/アラン・マック 出演 トニー・レオン/金城武/スー・チー/シュー・ジンレイ/チャップマン・トー/ユエ・ホア/ヴィンセント・ワ...
■ 傷だらけの男たち/傷城 CONFESSIONOFPAIN(2007) (MoonDreamWorks)
監督 : アンドリュー・ラウ、アラン・マック出演 : トニーレオン/金城武/スー・チー、シュー・ジンレイ/スー・チー原作 : 公式HP  || 「 傷だらけの男たち/傷城 CONFESSIONOFPAIN(2007) 」 僕は、世の中を変えられると思って刑事になったが、変ったのは僕...
★「傷だらけの男たち」 (ひらりん的映画ブログ)
何十年ぶり???の試写会に行ってきました。 場所は中野サンプラザ。 懐かしいぃぃぃ・・・学生時代はよく中野に行っていたからね。
「傷だらけの男たち」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「傷だらけの男たち」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:トニー・レオン、金城武、シュー・ジンレイ、スー・チー、チャップマン・トウ、他 *監督:アンドリュー・ラウ、アラン・マック 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからの...
傷だらけの男たち (りらの感想日記♪)
【傷だらけの男たち】 ★★★ 2007/07/03 試写会(15) ストーリー 2003年のクリスマス。刑事ポン(金城 武)と彼の親友でもあ
傷だらけの男たち (花ごよみ)
監督はアンドリュー・ラウ 、アラン・マック。 タイトルの見て分かるように トニー・レオン、金城武、 この二人演じる 刑事のヘイとポンは本当に傷だらけ。 癒えることのない深い深い 心の傷を背負っています。 トニー・レオン渋いです。 初めての悪役に挑戦とか。 金...
傷だらけの男たち (C'est Joli)
傷だらけの男たち’06:香港 ◆監督:アンドリュー・ラウアラン・マック「インファナル・アフェア」シリーズ◆出演:トニー・レオン、 金城武、 シュー・ジンレイ、 チャップマン・トー、スー・チー ◆STORY◆かつては上司と部下の関係だったベテラン刑...
悪役初挑戦 【傷だらけの男たち】 (犬も歩けばBohにあたる!)
この映画の日本公開を、どれだけ待ち望んだことか…。 すでに、このブログでも2回、
傷だらけの男たち (映画鑑賞★日記・・・)
【傷城/CONFESSIONOFPAIN:2007/07/07】(07.07鑑賞)製作国:香港PG-12監督:アンドリュー・ラウ、アラン・マック出演:トニー・レオン、金城武、スー・チー、シュー・ジンレイ、チャップマン・トー、ユエ・ホア、ヴィンセント・ワン、エミー・ウォン2003年のクリスマス。...
オーソドックスな香港ノワール●傷だらけの男たち (Prism Viewpoints)
傷ついた二人に愛を呼び戻した、殺人事件。 生きることが、痛みだった。 この痛みに、生きていた。 『Confession Of Pain』 原題は、『傷城/CONFESSION OF PAIN』 キャストは、トニー・レオン、金城武、スー・チー
明暗を分けた二人の選択。『傷だらけの男たち』 (水曜日のシネマ日記)
『インファナル・アフェア』シリーズを手がけたスタッフによる、 心に深い闇を抱えた男たちのサスペンスドラマです。
傷だらけの男たち (I N T R O)
「傷だらけの男たち」評/「脱悲劇」の企てと失敗 (ネタバレの可能性あり!)香港ノワールの金字塔として今なお多くの人々を魅了し続ける「インファナル・アフェア」。その製作チームが再結集して作られた本作は、観る者の記憶と理解力に挑戦するかのように物語の構成要素...
傷だらけの男たち (★YUKAの気ままな有閑日記★)
レオナルド・ディカプリオ主演でリメイクが決定しているこの作品。それなら多分悲しい結末だな・・・ (レオ君は悲劇がお好き)【story】かつては上司と部下の関係だったベテラン刑事のヘイ(トニー・レオン)とポン(金城武)。しかしポンは、恋人が自ら命を絶った事で...
傷だらけの男たち (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 香港  サスペンス&犯罪  監督:アンドリュー・ラウ&アラン・マック  出演:トニー・レオン      金城武      スー・チー      シュー・ジンレイ 【物語】 2003年のクリスマス。刑事ポンと彼の親友でもある上司ヘイは、かねてか ら追跡して...
【傷だらけの男たち】 (+++ Candy Cinema +++)
【傷城/CONFESSION OF PAIN】 監督    ≪ アンドリュー・ラウ 脚本    ≪ フェリックス・チョン 製作年度 ≪ 2006年 日本公開 ≪ 2007年7月7日 上映時間 ≪ 1時間51分 製作国   ≪ 香港 配給    ≪エイベ
『傷だらけの男たち』を梅田OS劇場で。 (TATSUYAのシネマコンプレックス)
それは、傷跡の告白。  久しぶりに劇場で新作映画を堪能してきた。金城武とトニー・レオン主演の『傷城/CONFESSION OF PAIN』、邦題はかなりダサメの『傷だらけの男達』。しかし、劇場にたどり着くまで、今日が水曜日
映画:傷だらけの男たち 試写会 (駒吉の日記)
傷だらけの男たち 試写会(新宿明治安田生命ホール) 「ウィスキーをおかわり」 開演10分くらい前に到着すると長蛇の列、開場が遅れたのかなと思っていたらなんと満席で立ち見になるとのこと。某O女性誌主催だったのですが、試写状の配りすぎだったのでしょうか?...
傷だらけの男たち <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
傷ついた二人の男の物語。久々の武ちゃんとの再会で 頭がかなり だったワタクシ(笑)哀しい役をやらせたら 武ちゃんたら もう最高っっ はまりすぎだぁぁ 美しすぎるぅぅぅ彼女をお姫様だっこして病院を走る姿が 神すこの深キョンを思い出しましたが。。。それはさ...
傷だらけの男たち (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『傷ついた二人に 愛を呼び戻した、殺人事件。』  コチラの「傷だらけの男たち」は、「インファナル・アフェア」のアンドリュー・ラウ監督とトニー・レオン主演のコンビによる7/7公開になったPG-12指定のクライム・サスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ...
『傷だらけの男たち』 (cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー)
傷だらけの男たち(初回生産限定)『インファナル・アフェア』のスタッフによる最新作。以前は上司と部下の関係にあったベテラン刑事と私立探偵が、刑事の義父にあたる富豪の殺人事件に巻き込まれていく様を描くドラマ。2時間を切る映画ながら、映画の中身の濃度は非常に....