勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

インベージョン(2007年)

2007年10月21日 | 洋画(アメリカ系)
外見は全然違っていないのに、昨日までの人とは何かが違う。その原因は、地球外からの細菌への感染。眠ってはいけない。眠ってしまうと、その細菌が発症してしまう・・・。とまぁ、地球外生命体(細菌も生命体だとして)モノとしては、ありそうな話です。

冒頭、スペースシャトルの墜落・空中分解と言う衝撃的な話から始まりますが、これは2003年のコロンビア号空中分解事故の映像を利用しているようです。確かにあの話は衝撃的でした。このスペースシャトルの事故で、宇宙から、今回の事件を引き起こす細菌がもたらされたと言う設定ですが、別に、スペースシャトルを墜落させなくても良かったんじゃないかな? より衝撃をもたらす効果はあったけど、必然性に掛ける感じがします。

ちょっと良く分からないのが、スペースシャトル事故の当初から、細菌の感染が確認されていたにもかかわらず、CDC(米国疾病予防管理センター)の感染症対策の専門家であるはずのキャロル(ニコール・キッドマン)の元夫タッカー(ジェレミー・ノーサム)が、不用意に野次馬から差し出されたスペースシャトルの破片に素手でさわり、怪我をしてしまうと言うところ。彼は、専門家であるはずなので、その危険性は十分理解していたはずなんですがね。

CDCではなく、USAMRIID(米陸軍感染症研究所)でこの感染への対策の研究が行われますが、CDCがダメで、USAMRIIDが大丈夫な理由がイマイチ不明。民間での出来事なので、CDCが一義的な責任を負う組織だと思うんですが。最後の最後に、USAMRIIDも感染してしまい、希望が絶たれてしまうと言う「これでもか!」的な物語の転換を期待していたのですが、余りにも絶望的な設定になるためか、そう言う話にはなりませんでした。

この手のお話の一応のお約束として、キャロル、キャロルの友人ベン(ダニエル・クレイグ)、そしてキャロルの息子で今回の細菌への免疫を持ち、感染回復からの鍵を持つオリバー(ジャクソン・ボンド)は、物語の後半まで感染しません。もっとも、これもお約束として、この中の一人が終盤に感染・発症してしまうんですけどね。

原作は、1955年のジャック・フィニイの小説「盗まれた街」。これまで数回映画がされていますが、それぞれ、映画化された頃の時代背景を下に、赤狩りなどの裏のテーマを持った作品に仕上がっているそうです。今回の設定では、いきなりワシントンDCも感染地域になってしまっています。ということは、政府首脳も感染してしまうと言う意味でもあって、それが、アメリカ以外の地域(日本やヨーロッパ)では、この細菌への感染は特別危険な感染症として対策が行われているのに対し、アメリカ国内では、今回の感染症はインフルエンザであるとの情報操作が行われ、全く対策が行われない(逆に、感染している政府の官僚達によって感染を広げる行為が繰り広げられる)と言う事態を引き起こしているわけですが、この政府による情報操作は、いまのイラク情勢に対しての情報操作を示していると見るのは、考えすぎでしょうか?

現実の今はハロウィーンですが、この映画もハロウィーンの時期の話。ハロウィーンの”トリックorトリート”の風習が映画の中にも描かれています。それと、やっぱり、ニコール・キッドマンは美人ですね。こんなお母さんが居たら、自慢しまくりだな。

タイトル インベージョン
原題 The Invasion
日本公開年 2007年
製作年/製作国 2007年/アメリカ
監督 オリバー・ヒルシュビーゲル
出演 ニコール・キッドマン、ダニエル・クレイグ、ジェレミー・ノーサム、ジェフリー・ライト、ジャクソン・ボンド、ベロニカ・カートライ

[2007/10/21]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グッド・シェパード(2006年) | トップ | ブレイブ ワン(2007年) »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (かめ)
2007-10-22 10:32:03
こんにちは、
ニコール・キッドマンが家に居たら落ち着かないでしょうね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

30 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ニコールよ、お前もか…【インベージョン】 (犬も歩けばBohにあたる!)
先日、オスカー女優ハル・ベリーの超B級映画『パーフェクト・ストレンジャー』をみて
インベージョン/ THE INVASION (我想一個人映画美的女人blog)
                                                                {/hearts_pink/}人気blogランキング{/hearts_pink/} 『LOST』をO.AしてるAXNのドラマで同じタイトルがある...
インベージョン・・・・・評価額1250円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ジャック・フィニイ原作の侵略SFの古典「盗まれた街(ボディ・スナッチャーの襲撃)」の、実に四度目となるリメイクである。 ドン・シーゲル、フィリップ・カウフマン、アベル・フェラーラに続いてメガホンを取るのは、
インベージョン (It's a Wonderful Life)
ジャック・フィニイの原作「盗まれた街」はこれで4回目の 映画化だそうです。スゴイね。そんなに面白い話かなこれ。 1958年ドン・シーゲル監督 「ボディ・スナッチャー/恐怖の街」(未公開) 1978年フィリップ・カウフマン監督 「SF/ボディ・スナッチャー...
『インベージョン』 (ラムの大通り)
----このタイトルの意味って“侵入”だっけ。 昔、テレビで『インベーダー』というのがあったけど、 もしかしてこれもSFものニャの? 「ほほ~っ。 フォーンだったら てっきりインベーダー・ゲームを連想するかと思った」 ---バカにしニャいでよ。 主演はニコール・キッド...
インベーション (そーれりぽーと)
ニコール・キッドマン主演の宇宙人侵略もの『インベーション』を観てきました。 ★★★ 今まで散々作られてきた宇宙人侵略ものなので、他との差別化が大変だったんじゃないかなぁなんて、どうでも良い心配をしながら観ていたのですが、あらゆる侵略ものの寄せ集めだった...
映画「インベージョン」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2007年75本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「「es [エス]」「ヒトラー ~最期の12日間~」オリヴァー・ヒルシュビーゲル監督作品。のSF古典小説『盗まれた街』から4度目の映画化。人類を脅かす謎のウィルスによる脅威から息子を守ろうと奔走する女性医師を描く....
The Invasion (インベージョン) (アリゾナ映画ログ - 砂漠から...)
2007年9月3日鑑賞ストーリーある日、スペースシャトルが原因不明の事故で地球に墜落。その残骸の中には、謎の生命体が紛れ込んでいた。やがて間もなく、感情を失ったように人間の行動を変質させる謎の伝染病が発生するの
インベージョン (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE INVASION) 【2007年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★☆☆) ジャック・フィニイのSF古典小説「盗まれた街」を原作にしたSFサスペンス映画。 1956年の「ボディ・スナッチャー/恐怖の街」。 1978年の「SF/ボディ・スナッチャー」。 1993年の「ボディ・...
映画「インベージョン」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「インベージョン」に関するトラックバックを募集しています。
インベージョン (映画鑑賞★日記・・・)
【THE INVASION】2007/10/20公開(10/23鑑賞) ノリはゾンビ映画。あんなことや、こんなことになってもニコール・キッドマンは美しい・・・
インベージョン (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
すべての人間から感情が失われていくこの街で、息子をきっと見つけ出す。私が愛せなくなる前に。ある朝起きてみたら夫が別人になっていたという患者。昨日と性格が微妙に違っているような気がする職場の秘書。家族が別人になったと告白するブログの異常な検索ヒット数...
インベージョン (シネマ・ダグアウト -cinema dugout-)
 評価/★★★☆☆ (ユナイテッド・シネマにて鑑賞)  監督:オリバー・ヒルシュビーゲル  なんですか、このゾンビっぽいゲロ映画はw  割と珍品だが結構楽しめる。  『睡眠』と言うものに着眼したのはイイ感じ。  しかし、もっと眠ってはいけないという縛りがも...
10/20 【人面犬は】インベージョン【出てきません】 (やっかいな日に限って空は激しく晴れている。)
●本日、新宿にて鑑賞。原作はジャック・フィニィのSF小説「盗まれた街」で、過去にも何度か映画化されている。私が見たことあるの旧作はドナルドサザーランド(「24」の主人公ジャックバウアーを演じるキーファーサザーランドのお父さん)主演の「SF/ボディ・スナッチャ...
インベージョン (Lovely Cinema)
2007年/アメリカ 監督:オリバー・ヒルシュビーゲル 出演:ニコール・キッドマン(キャロル)    ダニエル・グレイグ(ベン)    ジェレミー・ノーサム(タッカー)    ジャクソン・ボンド(オリバー) なんでこの作品に、ニコール・キッドマンとダ...
インベージョン (まぁず、なにやってんだか)
人が何かに支配されて別人になる・・・というので、どんなブキミな怪物が出てくるのかとワクワクしながら「インベージョン」を見てきました(残念ながら怪物は出ません)。なんだかB級っぽさがプンプンする映画です。 (軽くネタバレしてるかも) キャロル(ニコール...
インベージョン (★YUKAの気ままな有閑日記★)
映画の原作、ジャック・フィ二ィの『盗まれた街』は、古典的SFで結構面白かった。映画化は今度で4度目だし、小説は50年以上も前の作品だからだいぶアレンジされているだろうし、真っ白な気持ちで鑑賞しようっと―【story】ある日、米国でスペースシャトルの衝突事故が起き...
映画:インベージョン (駒吉の日記)
インベージョン(ユナイテッドシネマ豊洲) 「DON'T GO TO SLEEP! 眠らないで」 なーんか古臭い設定だなあ、と思ってたら古典SFサスペンスだった。。。 *****ややネタバレ感想なので反転して***** (不死身じゃないけど)ゾンビのように増殖、世界中パニックに...
★インベージョン<2007>★ (CinemaCollection)
THEINVASIONある朝突然、あなたの家族が、別人になっている。眠っちゃダメ。家に帰っちゃダメ。必ず助けるから。──ママより映時間96分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ワーナー)初公開年月2007/10/20ジャンルサスペンス/SF/ドラマ【解説】オスカー女優ニコール・キ....
映画「インベージョン」は何を描きたかったのか? (映画と出会う・世界が変わる)
この映画はオリヴァー・ヒルシュビーゲル監督と製作のジョエル・シルバーとの間で対立があり、オリヴァー・ヒルシュビーゲルの名前でクレジットされているものの、途中降板で一部は他の監督が撮っているようだ。そうした事情を知ると、この映画の中途半端な構成やバタバタ...
インベージョン (ダイターンクラッシュ!!)
10月28日(日) 17:45~ TOHOシネマズ川崎7 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフ:600円 『インベージョン』公式サイト 昔のテレビドラマ「インベーダー」のリメイクだと思っていたら、「ボディスナッチャー」の3度目のリメイクなんだな。すべからく見ていな...
真・映画日記『インベーション』 (          )
10月31日(水)◆610日目◆ 株主優待券の期限がこの日までのやつが1枚あったので、 新宿・歌舞伎町にある「ミラノ座」で ニコール・キッドマン主演の『インベーション』を見る。 ゾンビ映画……というより『アビス』に近い。 後半のサバイバルはなかなか。 ...
【インベージョン】 (+++ Candy Cinema +++)
【THE INVASION】 監督 オリバー・ヒルシュビーゲル   脚本 デヴィッド・カイガニック  原作 ジャック・フィニイ  製作年度 2006年  日本公開 2007年10月20日   上映時間 96分  製作国 アメリカ 
「インベージョン」(2007) (MY HIDEOUT~私の隠れ家~)
現在、全国ロードショー中です。"THEINVASION"監督・・・オリヴァー・ヒルシュビーゲル原作・・・ジャック・フィニイ『盗まれた街』(早川書房)出演・・・ニコール・キッドマンキャロル・ベネルダニエル・クレイグベン・ドリスコルジェレミー・ノーサムタッカー・カウフマ....
★「インベージョン」 (ひらりん的映画ブログ)
10月は予定通り「ニコちゃん祭り」という事で、ニコール・キッドマン特集の第3弾。 予告編見る限りでは、宇宙人もの??なーーんて予想してたけど、 原作は3度も映画化されてる「ボディ・スナッチゃー」という作品なんだって。 もちろん、ひらりんは全部未見なので...
「インベージョン」 あなたはだあれ? (はらやんの映画徒然草)
知っている人間が、いつの間にか知らない人間にすり替わっている。 そのことを誰も気
インベーション (-_-)zzz DON‘T SLEEP! (銅版画制作の日々)
  DON‘T  SLEEP I‘m Looking for you。 Textme。 I love you 。MOM。   10月23日、MOVX京都にて鑑賞。ニコール・キッドマン&ダニエル・クレイグという二大スターの競演の『インベーション』。サンスペンス超大作ということで、ちょっと気に...
mini review 07090「インベージョン」★★★★★☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
ジャック・フィニィの傑作古典SF「盗まれた街」を映画化したSFサスペンス。4度目の映画化となる本作では、息子を未知のウイルス感染から守ろうと必死で戦う母親にスポットを当てる。才色兼備な母を熱演するのは『ムーランルージュ』のニコール・キッドマン。その友人役を...
インベージョン (eclipse的な独り言)
 二コール・キッドマンの作品選びはどうも「?」がついてしまいます。(3月10日 
インベージョン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ある朝突然、あなたの家族が、別人になっている。 眠っちゃダメ。 家に帰っちゃダメ。 必ず助けるから。 ─ママより』  コチラの「インべージョン」は、何度も映画化されているジャック・フィニィの傑作SF小説「盗まれた街」をニコール・キッドマン主演でリメ...