勝手に映画評

私の見た映画を、勝手に評論します。
基本的に、すべて自腹です。

クラッシュ(2005年)

2006年03月10日 | 洋画(アメリカ系)
タイトル クラッシュ

---感想---
2006年アカデミー作品賞受賞作。下馬評では、「ブロークバック・マウンテン」が受賞と言う感じだったんですが、大どんでん返し。もっとも、監督賞は「ブロークバック・マウンテン」のアン・リーだったんですが。この結果は、「ブロークバック・マウンテン」は同性愛を描いていたので嫌われたが、無視できない作品だったので、監督賞を与えたと言うような都市伝説になってもいます。

白人、黒人、ヒスパニック、アジア系・・・。様々な人種が入り乱れて生活し、それぞれ依存し、対立している。アメリカの縮図そのものを描いています。また、家族同士も愛し合い、誤解し、すれ違う。様々な局面に人生の無常観を強く感じますね。物語上、特に大きな事件はおきません。淡々と、様々な人種が入り乱れて関連しているある一日が描かれています。それでも、人種間の摩擦を下とした様々な問題が引き起こります。これを見ると、1992年に起きたロス暴動は、起きて当然かなぁと言う気にもなります。

ドン・チードルが良いです。彼の哀しい表情は何とも言えないですね。『ホテル・ルワンダ』でも良かったですが、この作品でもいいです。サンドラ・ブロックは、ああ言う演技しか出来ないのかなぁ・・・。引き合いに出して悪いかもしれないですが、ドン・チードルの様な、表情で見せる演技って出来ないんですかね。

何れにしてもいい映画です。お薦めです。

英語版HP:Crash from Yahoo!

日本公開年 2006年
製作年/製作国 2005年/アメリカ
監督・脚本 ポール・ハギス
出演 サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット・ディロン、ジェニファー・エスポジト、ウィリアム・フィットナー

[2006/03/10]鑑賞・投稿
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (40)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 県庁の星(2006年) | トップ | シリアナ(2005年) »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます。 (bananafish)
2006-03-11 09:10:09
マット・ディロンのエピソードがもっとわかりやすかったらよかったなあと思います。なんといってもペルシャ人のエピソードが○でした。
いつもありがとうございます♪ (駿河屋手代見習@mam)
2006-04-02 10:10:04
毎度!トラックバックありがとうございます♪



駿河屋的には?!(謎)ブロークバック・マウンテンに受賞して欲しかったですが、残念でした。。。
サンドラ (kimion20002000)
2006-08-15 10:43:16
TBありがとう。

いやぁ、サンドラ、なかなかよかったですよ。

あの、こどものように、醜く、わめき散らすシーン。

あんな、サンドラは初めてでした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

40 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画館「クラッシュ」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
いろんな方のレビューで拝見させていただいていて、観たい観たいとおもっていた作品です。地元のシネコンでは、公開されていなかったのですが先週末についに公開されました! 人種差別が軸となって、いろんな人種、職業、生活の人々が織り成す人間模様。人間の嫌な部分...
[ クラッシュ crash ]他者と衝突し、自己を再確認 (アロハ坊主の日がな一日)
[ クラッシュ crash ]@日比谷で鑑賞。 人種のるつぼアメリカ。ロサンゼルスももち例外ではない。 クリスマス間近のロサンゼルス。この都会でおこるひとつ の出来事(自動車事故)から思いもよらぬ“衝突”(クラッシ ュ)の連鎖反応が生み出され、様々な人々の運命を
祝 第78回アカデミー賞 最優秀作品賞 受賞!「クラッシュ」 (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
第78回アカデミー賞 作品賞に 「クラッシュ」が決定しました! 良かった良かった! クリスマス間近のロサンゼルス 楽しいはずなのに 人々は何故か心に秘めた「苦悩」を持っている。 主な登場人物は17人 誰が主役というのがないけれど 大きな町 ロサンゼルスで起こる
フェアリー・テイルが救った『クラッシュ』の悲劇 (bananafish@another space)
『クラッシュ』特別興行中(3月10日まで)の日比谷シャンテシネ。平日午後だというのに、けっこうな数の人々が「なんたってアカデミー賞3部門受賞作だものね、これはひとつ観とかなく
人種問題に向き合う群像劇 (CINECHANの映画感想)
46「クラッシュ」(アメリカ)  ?天使の街?ロサンジェルス。そこに生きる人々、刑事たち、自動車強盗、地方検事とその妻、TVディレクター、鍵屋とその娘、雑貨屋の主人・・さまざまな階層の、さまざまな人種の彼らの人生がわずかに交わりながら、ぶつかり合う。怒り、哀
触れ合いたい 「クラッシュ」 (平気の平左)
評価:80点{/fuki_love/} クラッシュ こういう映画大好きです。 群像劇で、キャラクターが多いのですが、それぞれのキャラクターが十分にわかり、また数々の伏線が張られています。 さすがアカデミー賞にノミネートされるだけのことはあるといった感じでした。 大本命
『クラッシュ』 (takin\' it easy)
アカデミー作品賞を取ったけど 授賞式ではこの映画の関係者が一番びっくりしてた感じだったかも!? 確かに、いかにもオスカーを取りそうなタイプではないけど 映画の良し悪しというよりは 今まで届いた事のなかったお腹の下ーーーの 方までずっしりと響くかなりパ
ドン・チードルのクラッシュ Crash (Audio-Visual Trivia for Movie & Music)
Crach ドン・チードル主演の”クラッシュ”はポール・ハギス監督がアメリカ社会の問題を提議する社会派サスペンス映画です。</p>
シネマ日記 クラッシュ (skywave blog)
人の’こころ’に棲む、怒り、哀しみ、憎しみを切り取って、切ないほど悲しく見せてくれます。 人種の’るつぼ’アメリカ・ロサンゼルス。うまくいかない人生に、苛立っている人
【劇場映画】 クラッシュ (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ ロサンゼルス。ハイウェイで一件の自動車事故が起きた。日常的に起きる事故。しかしその“衝突”の向こうには、誰もが抱える“感情”の爆発が待っていた。ペルシャ人の雑貨店主人は護身用の銃を購入し、アフリカ系黒人の若い2人は白人夫婦の車を強奪。人種差
クラッシュ (悠雅的生活)
ぶつかり合う 人間たち
クラッシュ / CRASH (我想一個人映画美的女人blog)
\"サンドラブロック主演\"ではありません。 クローネンバーグのでもありません☆ 豪華キャストたちが織り成す、人間ドラマ{/hikari_blue/}{/hikari_blue/} 「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本/製作でアカデミーノミネートされた、 ポール・ハギスが脚本&初監督したこの作品
★「クラッシュ」 (ひらりん的映画ブログ)
2/11劇場公開の「クラッシュ」を初日ナイトショウで見てきました。 結構知ってる人が出てるから楽しみだった。 アカデミー賞にも6部門ノミネートされてるし・・・。
「クラッシュ」 (てんびんthe LIFE)
「クラッシュ」よみうりホールで鑑賞 なかなか話がつかめなくて苦労しましたが、きっかけをつかんだらなんとも簡単につながっていきました。といってもこの作品はサスペンスではありません。人と人とのちょっとしたつながり、一期一会なんです。そして、人には必ずある裏
crash (朱色会)
crash 観てきました。 アカデミー賞をとる前に見ておきたかったかな。どうして
クラッシュ (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  ぶつかって傷ついて・・・そして生まれる人間愛  
「クラッシュ」 (NUMB)
 crash オリジナル・サウンドトラック 「クラッシュ」 ★★★★ Crash (2005年アメリカ) 監督:ポール・ハギス 脚本:ポール・ハギス、ボビー・モレスコ キャスト:サンドラ・ブロ
「クラッシュ」Crash レビュー (「USAのんびり亭」映画情報)
3月10日追記:なんと本年度のアカデミー作品賞に輝きました(詳細こちら)。本命の
クラッシュ CRASH (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット・ディロン ジェニファー・エスポジート 主演 豪華な出演者達が織り成す群像劇 人種るつぼのロサンゼルス 白人・アフリカ系・ヒスパニック・ アラブ系・東洋人色々な人種が暮らしています  そこでの人種差別を真正面から描
■クラッシュ~映画鑑賞 (AKATUKI DESIGN)
今日は六本木の映画館で映画鑑賞。 本年度のアカデミー賞の作品賞を受賞した”クラッシュ”を見てきました。 ジャンボなポップコーンを抱える観客の多い六本木ヴァージンシネマ。 キャラメルのあま~い香りの漂う緊張感のない雰囲気での開幕となりました・・・ --- クラッ
本年度アカデミー作品賞・監督賞他6部門ノミネート『クラッシュ』 (Dead Movie Society★映画三昧★)
今回は、映画三昧ブログ開設1周年記念! というわけで最近、1週間以上も更新できなかったこともあり、 この1年間の反省と自戒をこめて『クラッシュ』について書こう。 コレ、今回のアカデミー作品賞候補5本の中で唯一見ている映画。 オスカー予想とは別に、とても
クラッシュ (メディアショップ駿河屋 なぜベス!)
2006年アカデミー作品賞のクラッシュを観て来ました。 今年のアカデミーは不作だの小粒だの政治的判断だのという騒音に惑わされてこの作品を過少評価してましたよ。 人種差別とか暴力とか、いろんな切り口があるでしょうが、もう少し別の面から。 わても英語はさほど理解出来
■クラッシュ (ルーピーQの活動日記)
クリスマス間近のロサンゼルス。深夜のハイウェイで黒人刑事のグラハム(ドン・チードル)は、相棒で恋人でもあるスペイン系のリア(ジェニファー・エスポジト)と追突事故に巻き込まれる。そこで彼は、偶然事故現場近くで発見された若い黒人男性の死体に引き付けられる・
クラッシュ (映画まみれ)
『クラッシュ』 (‘04/アメリカ) 監督: ポール・ハギス 傑作『ミリオンダラー・ベイビー』の脚本を手がけたポール・ハギスが脚本に加えて、自ら初めてメガホンを取った作品。 こう聞くだけで多くの映画ファンは期待をしてしまうけど、それに応えるだけの秀
クラッシュ ([踊]Dance!Dance!Dance!)
本年度アカデミー賞作品賞、オリジナル脚本賞、編集賞を受賞。映画の日見た映画。2本目。 「触れ合いだよ。街中を歩けば、人と体が触れたり、ぶつかったりする。でもロスじゃ、触れ合いは皆無。人々は金属やガラスの後ろに隠れている。みんな触れ合いたいのさ。衝
「クラッシュ」することで分かること (再出発日記)
監督・原案ポール・ハリス 製作・脚本ホール・ハリス/ボビー・モレスコ 出演ドン・チードル/マット・ディロン/テレンス・ハワード/サンドラ・ブロック/サンディ・ニュートン久しぶり。『マグノリア』式映画。けれどもあの映画のように最後にとんでもないも ...
Crash:クラッシュ (Polka dot movie)
公式サイト STORY ロサンゼルス。ハイウェイで一件の自動車事故が起きた。 日常的に起きる事故。しかしその“衝突”の向こうには、誰もが抱える“感情”の爆発が待っていた。 ペルシャ人の雑貨店主人は護身用の銃を購入し、アフリカ系黒人の若い2 ...
クラッシュ (Crash) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ポール・ハギス 主演 ドン・チードル 2004年 アメリカ映画 112分 ドラマ 採点★★★ 「差別は恐怖からくる」とマリリン・マンソンが言っていた。その恐怖は、無理解から来るもの。理解出来なければ出来ないほど恐怖を感じ、差別し排斥することで身の安全を図 ...
クラッシュ (Extremelife)
「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本で注目を集めたポール・ハギスが脚本に加えて自ら製作と監督も務めた衝撃のヒューマン群像サスペンス。様々な人種が入り混じり、人種間の摩擦と緊張が極限にまで高まるアメリカのロサンジェルスを舞台に、次々と引き起こされる ...
N0.163「クラッシュ」(アメリカ/ポール・ハギス監督) (サーカスな日々)
真理は単純かもしれないが、 そこにいたる道筋はとてつもなく複雑系だ。 「天使の街」ロサンゼルスのクリスマス。 車の衝突(クラッシュ)事故が、ひとつの起点となり、連鎖反応のように、人種・性別・階層・年齢を超えて、ドラマが波紋をおこしていく。 登場人物 ...
クラッシュ (真っ赤なメガネの言うことには)
クラッシュ 原題:Crash 2005年 「触れ合いだよ。街中を歩けば、人と体が触れたり、ぶつかったりする。でもロスじゃ、触れ合いは皆無。人々は金属やガラスの後ろに隠れている。みんな触れ合いたいのさ。衝突し合い、何かを実感したいんだ」 本年度アカ ...
クラッシュ (平成エンタメ研究所)
 黒人が前を歩いていると身構える人々。  相手が懐に手をやれば、銃かと身構える人々。  鍵を掛ければ、果たしてその鍵は大丈夫かと気が気でない人々。  アメリカ・ロサンジェルスの現実がここにはある。  他人を常に警戒して身構えて生きて行かなくてはなら ...
差別の背景には (藻、たくさんの日々。)
早稲田松竹で二本目に観たのは、「クラッシュ」。 現在のアメリカの人種差別を描き出した作品。 本命といわれていた「ブロークバック・マウンテン」をおさえ、 第78回のアカデミー作品賞を受賞しました。 舞台となるのは、多民族化が著しい大都市ロサンゼ ...
第78回.アカデミー賞『クラッシュ』(2005) (Fantastic Cinemas)
作品賞:Crash/クラッシュ 『ポール・ハギス監督』 タイトルの「クラッシュ」とは、「ぶつかり合う」こと。肉体的、物理的なクラッシュから、心と心の触れ合いまでが含まれる。『ミリオンダラー・ベイビー』の脚本家であるポール・ハギスが監督・脚本の本作 ...
【洋画】クラッシュ (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  A (演技5/演出4/脚本5/撮影4/音響4/音楽4/美術3/衣装3/配役4/魅力4/テンポ4/合計44) 『評論』 アカデ
クラッシュ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人はぶつかりあう。人は人を傷つける。怒り、哀しみ、憎しみ、孤独。それでも、人は、人を愛していく。』  2/11に公開されて現在も全国で順次公開されていっているコチラの映画。もうすぐ発表のアカデミー賞でも主要6部門にノミネートされている話題作ですね。 ...
『クラッシュ』 (cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー)
[DVDソフト]クラッシュさまざまな人種・立場の人々を登場させ、人種差別や歯車の狂っていくそれぞれの運命を描いたアンサンブルキャストの秀作だと思う。短い各々のエピソードの中に、無理のない程度に登場人物の特徴をにおわす演出。アンサンブルキャストの映画でこん....
クラッシュ (Addict allcinema 映画レビュー)
人はぶつかりあう。人は人を傷つける。怒り、哀しみ、憎しみ、孤独。それでも、人は、人を愛していく。
クラッシュ (むーびーふぁんたすてぃっく)
「クラッシュ」 感想 どれほど他人を理解できているのだろうか? 他人を理解できないという恐怖 恐怖からくる自己防衛 自己防衛のため...
「クラッシュ」(2004) (シネマ・ワンダーランド)
クリント・イーストウッド監督作品「ミリオンダラー・ベイビー」で脚本を執筆したポール・ハギスが同じく脚本や初監督を務めたサスペンス風のヒューマンドラマ「クラッシュ」(2004年、米、112分)。この映画はクリスマスを間近に控えた米国ロサンゼルスを舞台に、...