かっちゃんの菜園

約50坪の菜園で、野菜の栽培を行っています。 菜園での作業内容・歓び事や失敗例等の記録です。

ベタ架け 保護シート の 開裂

2017年04月24日 | 日記
本日 2 件目の 投稿記事は  、   ベタ架け 保護シート  を  
切断加工 して  ミニ行灯仕立て 化 を 実施した  と  云う
内容 の ものです 。                                

4月も 下旬に 入り 、  ~ うすい  の 比較的 安定
した 日々が 続いています 。
晴れた日 には 、 気温的には  ・ ・   ・  初夏の 状況
で 、 半袖での 作業が 必要 と なっています 。

菜園の 畝 でも 夏日 と云う 状態で 、 特に ベタ架け の
保護シート の 中は 猛暑日と 云う 状況   で しょう 

散水を 行うと ・  ・    ・  高温で   高湿度   と なり 、  
もしかすると  熱中症 を 起こしている かも 

小玉スイカ の ベタ架け 保護シート の 中を 覗くと 図-1
の 如く 元気な 苗  です 。

 
   図―1   元気に 頑張る 小玉スイカ 苗

しかし 他の 処を 観ると 、 図-2 の 様な 部分が あり
ました 。
一部が 黄変しています 。
もしかすると 、   熱中症  かも   ・  ・     ・     

 
    図―2   チョット 異変の 小玉スイカ 苗

図-3 の 様に  ベタ架け 保護シートを 開裂して 、 行灯
仕立て に 近い 状態化に して 、 蒸れ防止 対策と 致し
ました 。

 
  図-3   保護シート を 開裂した 小玉スイカ 畝

他の ベタ架け 保護シート の 処も 、 同様 主旨 で 開裂
を 実施 して 遣りました 。
その 状態を  図-4  ~  図-6 で 示しました 。

 
 図-4   保護シート を 開裂した フルーティカ・とまと 畝


 
  図-5   保護シート を 開裂した きゅうり 畝


 
  図-6   保護シート を 開裂した かぼちゃ 畝

未だ 保護シート 未開裂 の 処も あり 、 様子を 観ながら
進めて 参ります 。                                 

 
最後まで お付き合い頂き 有難うございました 。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 発生した “ ニンニク 大地の... | トップ | 遅蒔き 玉ねぎ への 最終追肥... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。