かったかくんのホームページ

日々感じたこと、心に残ったこと・・・つづっていきますね。よかったら、立ち寄って下さい。

「スポーツフェスティバル~初夏の空気を吸って~」  

2017年05月17日 | 大分県
『青空にボールが跳ねるまっすぐに
       グランドの戦い 記録に挑戦』 


  

生徒たちの頑張る声、応援する声がグランドに響き渡りました。今日は、学校で初企画の「スポーツフェスティバル」が開催されました。


3日間、放課後チャレンジタイムということで、このスポーツフェスティバルに向けて、クラスで取り組みをしてきました。


学校公開日と重ね、お家の方もいつもより多く参観に来てくれました。
 

チャレンジタイムでは、生徒と一緒に競った先生も。いい雰囲気でした。

そして、今日は本番です。
「記録にチャレンジしていきましょう。」
と生徒会長。生徒会の専門部も進行などに頑張っています。

 

〇体力向上につなげていく 
〇仲間の連帯感を創る 
〇目標に向かって努力する 
〇生徒と先生たちとのつながりを深める 


などの目標を達成するための時間になりました。
 

50M走だけは、全校生徒で走ります。真剣な顔でゴールをめざします。6秒台も出てきます。すごい。そんなに速く走ってみたい。お家の方などの声援もあと押しします。
 

そのあとは、シャトルラン、反復横跳び、立ち幅跳び、ハンドボール投げなど、学年ごとに種目の場所を回ります。それぞれに応援の声や歓声が沸きます。お家の方々も追っかけをしていきます。
 



体育館では、シャトルランが展開されています。クラス全員でテンポに合わせて走っていきます。2年生の女子は、目標を立てていました。その目標が達成できると、男子も女子もみんなで喜んでいました。


またシャトルランで最後まで残った生徒が少なくなればなるほど、「がんばれ~。」という応援の声と拍手が自然と出てきます。


それらの姿がほのぼのとしていました。反復横跳びを横で実施。お家の方の飛び入りもありました。若い。粘り強く跳んでいました。
 



自分の記録に挑戦する中でも、生徒たちがいい関わりをもちながら、スポーツフェスティバルが実施できたことが嬉しく感じました。

「見ていて楽しかったです。」

と帰り際にお家の方々も話して帰っていきました。真剣さの感動、友だちが頑張っている姿を応援している姿の感動、競技中こけたときにそっと支えたりする思いやりの姿の感動。


わずかな時間の中にたくさんの素敵なドラマを見ることができました。 
『大分県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「俳句のやりとり」(続編) | トップ | 「香々地教育合宿」 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む