かったかくんのホームページ

日々感じたこと、心に残ったこと・・・つづっていきますね。よかったら、立ち寄って下さい。

「命の重みを考える」

2017年06月28日 | 大分県
梅雨真っ只中の季節となっています。


朝、立っていると、朝びっしょりで生徒たちがやってきます。蒸し暑さの中で、生徒たちは、学校生活を送っています。



今日は、道徳の時間に地域の協力者をお呼びしての「命の授業」をしていただきました。


講師は、中津市民病院のY助産師さんです。3年間続けて耶馬溪中学校に来られて、生徒たちに語ってくれています。


○生命が誕生するしくみ ○生命が誕生するまでの課程 ○人の尊厳○助産師からの命の尊さ ○母としての我が子への思い ○生徒たちへのメッセージ 


などYさんの優しい人柄が感じられ、生徒たちも真剣に話を聴いていきました。


助産師さんをしながら、この世に生を受け、母親に抱かれる多くの子どもたちもいる一方、3000gを越えながらも、亡くなったまま出産をしなければならない子どももいます。



今、この世にいることが、100点なんだとYさんは、生徒たちに強く生徒たちに伝えました。


「わたしが生まれるためには、お母さんや周りに人がわたしのことを思っていてくれた。」
と感想を述べる生徒もいました。


涙を流しながら、話に耳を傾けている人もいました。



前にいたテレビカメラマンも涙を流しながら、映像を撮っていました。
後ろにいた先生が、涙を流し、鼻をすする音が聞こえてきます。みんなそれぞれに思いがあるのでしょう。


私自身も周りにいる方の中での思いがよみがえり、熱くこみあげてくるものがありました。



Yさん、ありがとうございました。生徒たちは、この話をいつかどこかで、生きる道標として本当に感じるときが必ずやってくると思います。




話のあとに、生徒たちは、あかちゃんの体重くらいの人形を抱きながら、賑やかに会話をしていました。



「一度は、耶馬溪中学校に来てみたかった。」
と新聞社の支局長さんが言っていました。そんなイメージがある生徒たちを、イメージのように成長させていけたらと思います。



山あいの小さな学校の生徒たちですが、いろんな方の生き方、思いを伝えてもらいながら、心も体も学ぶ力も大きく成長していってもらいたいです。
『大分県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「生徒たちのがんばり」 | トップ | 「夏本番の前に・・・☆期末テ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む