かったかくんのホームページ

日々感じたこと、心に残ったこと・・・つづっていきますね。よかったら、立ち寄って下さい。

「成長の足跡を残した体育大会に」

2017年09月14日 | 大分県
体育大会も台風18号の影響で今後、どうなるかは明日、決定をしていきます。生徒たちのことを考えながら、みんなで判断していけたらと思います。
今日は、ちょっときついこともあって、うれしいこともあって・・・そんな一日でした。
 

でも窓越しに体育大会の学年の練習を見ていたら、練習後に体調が悪い生徒に友だちが両手を差し伸べて立たせたりするシーンを見ました。体調が悪かった生徒も笑顔で立っていました。



友だち同士で関わりができることがうれしく感じました。



あとから、

「あなたたちの心が素敵だよ。」

と支えてくれた生徒に思いを伝えました。
 



また生活のマナーで注意をした生徒が、
「すみませんでした。」
と言ってきました。修正できるかどうかは、これからのことですが、でもこうして、自分の中で、修正しようとする真剣な言葉だけでも、ぐっとくるものがありました。
 



生徒たちは、いろんな葛藤を乗り越えながら、成長していくんだと生徒の姿から感じることができました。
 


先日、「生きる」(谷川俊太郎 詩)の絵本を友だちからいただきました。とても絵が美しくそして癒される絵本です。


詩は、以前書かれたものですが、絵本は今年の3月に初版が発行されました。


岡本よしろうさんが詩に合わせて絵を描いています。
「生きていること 今生きているということ・・・」
というはじまりから構成される詩です。
 


谷川さんが伝えたことは何だろうと考えました。



「平和」「命」「生きる喜び」「人を愛する」「自然を愛する」・・・伝えたいことが40ページにわたる詩から感じることができます。40ページ目の絵は、そのすべてを表しているのかも知れません。
 


今日のちょっとした学校でのシーンもそうですが、生徒たちには、生きている喜びをたくさん実感してほしいと思いますし、生きていることの喜びをつなげていける人になってほしいです。



そんな願いを込めながら、一日を過ごしました。
『大分県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「体育大会リハーサル」 | トップ | 「卒業生のがんばりに感激」 »
最近の画像もっと見る

大分県」カテゴリの最新記事