かったかくんのホームページ

日々感じたこと、心に残ったこと・・・つづっていきますね。よかったら、立ち寄って下さい。

マイナスの世界

2017年01月25日 | 大分県
『マイナスの外にも一歩踏み出せば
        幻想の世界 街は冬色』
 

 

昨日から、「寒波の対応をして下さい。」と言われるほど、今日の朝は冷え込むことが予想されていました。ブログは、学校の周辺の今日のきれいな景色を見ながら読んでくれると嬉しいです。


朝、学校の近くの道路掲示板に「マイナス5度」と書かれていました。すごい寒さ。学校では、水道も凍結していなく、大きな対応をすることはありませんでした。



それでも昨日のように、学校についてから雪が降ったりということもあったので、水をしばらく出したりと冬将軍への反乱を試みていました。



自転車でやってくる生徒もいるので、教室を温めたり、空気清浄機を作動させたり、冬ならではの朝の動きです。


寒さとともに、入試や学年末の中でインフルエンザ対策もしなければなりません。
 

駐輪場に出ると、お家の方が、

「今、車はマイナス6度ですよ。」

ボディが凍っている通る車が多くありました。
 


自転車でやってくる生徒たちも、
「寒かったあ。凍っているところもあったよ。」
と白い息を吐きながら話をしてくれました。
 

すべって転んだという生徒もいました。大きな事故につながらなくてよかったです。まだまだ冬との勝負が続きます。
 

そんな中でもふと周りを見ると、自然の美しさも感じます。


真っ白な雪の世界は消えていきましたが、朝陽に照らされ、霜が覆った木々、少し赤っぽく映る山々。山国川のせせらぎ。河原で戯れる水鳥・・・。


冬の美しさを表す存在が、厳しい冬の自然を和らげてくれているような気がします。巧みに調和されています。
 

今日の学校の周りの風景です。寒さの中で朝を迎えましたが、昼間はとてもさわやかな陽ざしの中で、過ごすことができる気持ちのいい一日となりました。
 


もう間もなく、立春です。暦の上では春を迎えます。
『大分県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 男性の職場事情のニュースから | トップ | 昼休み、渓石園へ笑顔の散歩 »
最近の画像もっと見る

大分県」カテゴリの最新記事