かったかくんのホームページ

日々感じたこと、心に残ったこと・・・つづっていきますね。よかったら、立ち寄って下さい。

「中津ン人は、いい人すぎ?」

2017年04月05日 | 大分県
『108つ以上の枝が垂れ下がる
       花びら舞って 幸せ招く』


 
桜の花がとてもきれいです。
 

昨日の事です。遊び仲間?頼れる人?のKさんから携帯に

「山国の枝垂れ桜咲きましたよ。」

と写真付きで連絡が入りました。よく見ると、枝垂れ桜です。とてもきれいです。


「こりゃ、どこですか?見に行きたい。」
と返信。返事なし。

無視???

興味を持たせるだけか。
 


でもきれいなので、山国出身の先生に聞きました。
「うん?この写真は、トンネルを出て、左にある橋を渡ったら、すぐにありますよ。」
 

昼休みに行ってみました。国道からしっかり見えます。お寺の枝垂れ桜です。近くに行くと、何人かが写真を撮りに来ていました。
「今、満開ですよね。」などと話をしながら、枝垂れ桜の美しさを堪能しました。
 

帰りに、電話でKさんに、

「興味を持たせるだけ持たせて、あとは無視かい。先生に聞いて行ってみましたよ。本当に中途半端に連絡をくれるのだから。」


そこから、話が続きました。さすが、ドラマの男です。
「あのね、昨日、枝垂れ桜に行っていたら、ヒッチハイクの男の人がいたので・・・。」
ということに話が展開していきました。
 

ヒッチハイクの男の人がいたので、「どこまで?」と聞いたら、山香までということでした。とにかく乗せたKさん。ところが男の人を乗せた後、女の人も突如出てきて、2人乗せたそうです。
 

男の人を乗せて、女の人が突如出たという説がKさんの話。


一応、念のために、「女の人を乗せて、突如男の人が出たのでは。」と確認。

いやいやそれはちがうというKさん。

「男の人を乗せて、女の人が突如出てきた。」
それをとりあえず、信じましょう。
 

九州の旅。Kさんは、中津の合元寺や福沢旧邸などを案内。さらに宇佐神宮も観光。そして、山香まで連れて行ったそうです。信じられない。どこまで人がいいのでしょう。

昨日の話です。嘘のような本当の話です。

「男性は、物書き(小説家?)。女性は芸術家だった。」とか。


きっと話も弾んだことでしょう。はい。ドラマを創る男のKさんです。



「中津ン人は、いい人やなあ。」
ときっと、「女の人を乗せて、突如の男の人」の2人の人も・・・いやいや違った、「男の人を乗せて、突如の女の人」の2人もきっと思ったことでしょう。


はい。

この枝垂れ桜は、山国町の真浄寺と言うところにあります。とても綺麗です。今、満開です。
『大分県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「monさんのコンサート~... | トップ | 「光の園 松永さんの講演から」 »
最近の画像もっと見る

大分県」カテゴリの最新記事