かったかくんのホームページ

日々感じたこと、心に残ったこと・・・つづっていきますね。よかったら、立ち寄って下さい。

「真夏の幸せ」

2017年07月17日 | 大分県
今日は、家で、終業式の日に配る学校だよりなどを作っていました。ちょっとスローな一日でした。家にいたので、暑さもあまり感じない日でした。
 


学校だよりを作りながら、いろいろ一学期の思い出を振り返ることができました。桜が咲いた春から、真夏の太陽が出てきた現在・・・あっという間に過ぎていった1学期だったような気がします。
 

そんな中で、今日はうれしいことがありました。
 


かつての生徒のOくんが結婚式の招待状を、お嫁さんになる方と一緒に持ってきてくれました。
 

担任ではなかったのですが、野球部の顧問として3年間、関わってきました。


すごいのが、毎日放課後遅くまで練習をしても、次の日の朝、学校が始まるまで、友だちとグランドに出て、トスバッティングをしたり、キャッチボールなど、自主的に練習をしていたのです。



ひたむきに野球と向かい合っていました。そんな地道な努力が中学から野球を始めたのにも関わらず、力をつけていきました。安定した守備、正確なバッティングとチームに欠かせない存在になっていました。



みんなの努力で、Oくんの学年は、代表決定戦でサヨナラ勝ちで数年ぶりに県総体に出ました。
 



現在は、大学を出てから、地域に戻ってきて地域のために頑張っています。


一度、一般県体に向けて、同じチームでプレーをすることができました。予選をして、勝ったチームが一般県体というシステムでした。


その後は、中津市も野球は選手選抜制になったので、予選がなくなりました。かつての生徒のOくんたちと一緒にプレーができたのも、今ではいい思い出です。
 

なんとなくかわいらしさがあったOくんもすっかり頼もしくなっています。
 


つながりがあって、お嫁さんになる方は、近所の方です。最初に聞いたときは、びっくりしました。



「ふたりとも、誕生日が同じ月なので、その月に結婚式をします。」


あまりこだわらないという二人の唯一のこだわりです。
 

もうすぐ結婚式です。

「今日は、家の畑を手伝ってくれたんですよ。」
すごい。


幸せそうな二人でした。月日が経つ早さを感じます。


幸せなふたりが幸せな夏を創っていきます。
『大分県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「真夏の空の下での野球」 | トップ | 「ふるさとを想う気持ち」 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む