かったかくんのホームページ

日々感じたこと、心に残ったこと・・・つづっていきますね。よかったら、立ち寄って下さい。

「親守歌の表彰式と俵純子先生の講演会」  

2017年06月16日 | Weblog
「親守歌の表彰式と俵純子先生の講演会」  


「ありがとう 見守ってくれてるあたたかさ
           母の成長 娘と共に」

「お母さん 送り迎えをありがとう 
車の中の会話楽しみ」

「もうできる 心配しないで大丈夫
         妙な自信が 母は心配」



昨日、公益財団法人中津青年会議所公開例会が行われました。

その中で「親守歌コンクール」表彰式と俵純子さんの『明日からできる家庭教育』~子供の未来のために今できること~という演題での講演会でした。


かつての生徒・・・でも今はいろいろと地域のリーダーとして活躍をしているH和さんが今回の例会のリーダーとなっています。講演会でも講師を決めたり、あいさつをしたりと頑張っていました。



時代の流れと頼もしく成長して、みんなのための活動をしていることがうれしく感じました。


親守歌では、勤務する学校で、生徒たちに少しでも優しくなれる時間を持ってもらおうと取り組みをしました。五・七・五が子どもが創り、七・七をお家の方が創るという楽しい取り組みです。


教育実践をリードしている「TOSS大分」などが主催となっています。生徒と家族で一つの短歌を創っていきました。


31文字の中で、家庭のほのぼのとした様子がよくわかります。勤務する学校から3つの作品の入賞家族が出ました。



受け取る賞状と受賞後のコメントにあたたかさがあり、子どもたちの成長に家庭の愛情が大切であることを痛感しました。



表彰式のあとは、俵純子先生の講演会でした。俵さんこれまでの生き方の中で、戸惑うこともありながら、しっかりと生き方の軸の中で、夢や目標をもち歩いてきています。

主婦からパート、そして、会社の社員へと進んでいきました。実績を残してきています。それは生活するためであり、生きがいでもあったでしょう。


礼儀・マナーを大切にし、常にアンテナを高く持ち、進んできました。言葉を大切にすること、出会いを大切にすること・・・話の中で、学ばせてもらいました。



幸せは、自分でつかむものということを改めて感じました。


俵先生が言われるように、自己肯定思考、他己肯定思考、未来可能思考を大切にしながら、生き生きと歩いて行けたらと思います。



講演のあと、俵先生と少し話もできました。


感動と学びのあるいい夜でした。
『大分県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「市総体相撲競技」  | トップ | 「会議が続きながらも」   »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事