お茶にしませんか?

なんとなく思ったことを書いています 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

腑に落ちた

2008年03月21日 | その他
三谷幸喜さんが 大衆演劇について話していた

お客さんは 堺正章さんやユースケ・サンタマリアさんを見に来るので ユースケさんの音二郎ではなく 音二郎のユースケさん であり 貞奴の常盤さん なんだ と(もっと キチンとした表現だったけど)

なんか分かった気がした

ユースケさんの音二郎なら 観る 音二郎のユースケさんなら 見る 私の理解はこんな感じかな

M! は井上さんや中川さんのヴォルフを観たいと思ったし レ・ミ も山口さんや別所さんのバルジャンを観たいと思った 作品の中に生きる人々に会いに行く気持ち 心が伴うっていうのかな・・・

どっちが良い っていう事じゃなくて そうなんだ って分かった
  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マダムランチ!に参戦する | トップ | 私って変? »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他」カテゴリの最新記事

トラックバック

ユースケ・サンタマリア 関連最新情報 (ユースケ・サンタマリア 画像・動画 最新情報ブログ)
腑に落ちた三谷幸喜さんが 大衆演劇について話していたお客さんは 堺正章さんやユ...