一関市議会議員 勝浦のぶゆき

「新一関市の未来を考え、行動します」

ディスカバー一関

2017-08-10 19:12:14 | 日記

6月議会が終わり、梅雨入りがよくわからないまま、梅雨明けとなったら、

まるで梅雨のような日々が続きます。

7月28日に、「ILC特別委員会」が開かれ、久しぶりに東大の山下先生と

ツーショット写真を撮りました。ILC誘致に取り組んできて、様々な先生方

の講演を聞いてきました。2010年に筑波にお邪魔して、当時高エネルギー

加速器研究機構(KEK)の教授だった吉岡先生と森田広報室長との懐かしい

写真を見ながら、当時からの積み重ねとまもなくその成果が得られることを

期待し先生と話をすることができました。

 

8月に入り、1日には「子ども議会」が開催されましたの傍聴に出かけました。

初めての取り組みで、興味深く出かけてきましたが、正直なところ、もう少し

工夫があってもよかったかな?と感じました。

2日は、「市長、市議会議員立候補者説明会」があり、3度目の説明会に出席してきました。

 

3日は、「放射能特別委員会」が開かれ、栗原市の「汚染牧草の処理状況」を

現地視察してきました。焼却しない独自の方法で処理を検討していましたが、

まだまだ課題が多い事を実感しました。

そして、4日から6日までは毎年恒例の「一関夏祭り」に出かけます。

毎年同じ日程で、金曜日は「稲村」でお気に入りのしゅうまいとラーメンを

たべて、家内と花火見学、土曜日は、「くるくる踊り」の先導を常任委員長として務め、

その後、錦町での「すずめ踊り」を見ながら、帰途につきます。

そして、日曜日は狐禅寺寺子屋の「子供みこし」に参加して、「一関大神輿祭」を

見学して、毎年変わらない、いい意味では歴史を継承するお祭り、または、

マンネリ化したお祭りの来年を考えながら、いつも通り帰途につきます。

   

明日は、「山の日」で須川清掃登山に出掛けようと計画していますが、天気が心配です。

 

お盆休みが終わる17日から、9月議会が始まります。

決算議会であり、23日間の会議がスタートします。4年間の任期最後の議会となります。

私は、21日月曜日の午後一般質問に登壇する予定です。

最後の議会では、これまで質問してきた「資源エネルギー循環型まちづくり」の取り組みや

ILC関連、そして、いま私が最も重要視している「観光」問題を取り上げます。

「ディスカバー一関」

昔、JRか何かのコマーシャルにあったフレーズを真似してみました。

一関の素晴らしさをもう一度見直して、新たな発見をして行こう。と提案します。

合併して10年が経過しました。各地域の素晴らしい歴史や文化、お祭りをもう一度

確認して、新たなつながりを見出し、「東北の観光拠点 一関」を目指そうという

思いがあります。東北には、世界遺産が2つしかありません。

世界自然遺産の「白神山地」、そして「平泉」です。この恵まれた条件を活かしていく事を

もっと積極的に考えようと思っています。

忙しい、忙しい、夏が続きます。

 

『岩手県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 議員活動報告第14号「4年... | トップ |   
最近の画像もっと見る

あわせて読む