一関市議会議員 勝浦のぶゆき

「新一関市の未来を考え、行動します」

サントレ導入は慎重に、知の拠点の管理状況は。

2016-09-13 08:30:07 | 日記

9月議会はまもなく、後半戦に入ります。

初日に、清掃センターに関わる請願審査の採決があり、賛成多数で可決されました。

現在、今議会の重要な審査である、決算審査を行っています。

決算審査は、非常に重要であり、今まさに行われている当局の次年度予算にも

反映されるものと思っています。

そのような中、先日の一般質問において、教育委員会が今年度「言葉を育てる」

教育方針のひとつの方策として導入した、市立保育園・幼稚園・こども園において、

モデル園として5園で導入した「サントレ手法」に関して、質問を行いました。

主な質問内容は、

・この取り組みに関して小菅教育長は、教育委員会議の中で、「今後10年間の教育

基本計画の大きな重点になる」と説明しています。・・・最初に、この取り組みを

導入するにあたっての経過について伺います。この手法を当市の「言葉を育てる教育」

の一つとして導入したわけですが、その発案はどのような経過によるのか。

・全国的にどのくらい、幼稚園・保育園・こども園があって、何園くらいの園がこの手法を

導入しているのでしょうか?パーセンテージでも結構です。

・教育長は、教育委員会議の中で、「今後10年間の教育基本計画」の大きな重点になり、

予算を伴うため実施計画にものせる、重要なものである」と教育委員会議ではっきりのべて

います。私ども議員は、現在はモデル校による導入ですが、今後予想される予算審査の際には、

この取り組みに関する各委員の考え方を知りたいわけです。

教育委員会議、総合教育委員会議において各委員の考え方を発言いただき、議事録にのせるべき

であったと私は考える。

・基本的に今後導入していく際、1園あたりどのくらいの予算が必要となるのか伺います。

・今後の進め方について伺います。3月議会において小菅教育長は、「専門家チームによる

検証は考えていない、また、執行機関として十分耳を傾けながら責任をもって検証していきたい。」

と答弁しています。その検証なのですが、私も気になっていろいろ調べてみました。例えば、

市立幼稚園の園長先生というのは、小中の退職された校長先生が多い(全部かどうかわかりません)

・・・幼児教育の専門家ではないですよね。また、教育委員会の資料によると、この言葉の教育は、

一貫性があって、幼・保から小中へとつながるものだと思い、小・中・高の知り合いの先生方に

「サントレ教育」について、聞いてみても、驚くほど知らない方が多い。そのような現状で十分な

検証が可能なのでしょうか?そして、その考え方に変更はないのでしょうか?

・教育長は、「少しずつ、着実に実施してまいりたい。今後検証を踏まえて広げていきたい。」

と答弁しています。私は、今後の検証をしっかり見ていきたいと思っていますが、私は、広げて

いきたいと答弁するだけでなく、私は、今回のモデル園での検証はもちろんですが、全国的な動向や

識者の意見を広く聞き、それを参考として、教育委員会議で十分な議論をしていただきたいと思います。

その中では、時期尚早であるという結論を出す事も一つの選択肢であると思う。

 

主に、上記のような質問を行いました。

その回答は、議事録において精査したいと考えていますが、答弁はあまり歯切れの良いものでは

ありませんでした。また、「サントレ」という手法を幼保で導入している園は、全国でわずか

100園余りで、パーセンテージで見るとわずか0・3%というのも驚くべき数字でした。

今後の検証結果を見ていきたいと思います。

   

今議会前に、「高P連全国大会」が千葉県の「幕張メッセ」で開催されました。

先日は、当市の文化の殿堂「一関文化センター」の施設について、意見提案をおこないましたが、

やはり、「幕張メッセ」もウオッシュレットが標準で、男子トイレには、育児用の簡易ベッドも

用意されていました。当市の文化度の高さを誇れるレベルにしたいものです。

また、今回の質問にあったては、総括質疑とあわせて、当市の玄関口である、一ノ関駅東口の

親水公園を含む吸川、東口駅周辺、そして、知の拠点である「新一関図書館」の管理を市が

責任を持って行う事について、提言を行いました。

せっかく立派な図書館を整備しても、その外構の管理がままならず、トラロープで管理は

いただけません。


この記事をはてなブックマークに追加

来週から9月議会、一般質問で当局を質す

2016-08-23 21:35:45 | 日記

来週30日から9月議会が始まります。

9月議会は、決算議会であり非常に重要な議会となります。また、2年半にわたり

狐禅寺地区に関して、提案されていたエネルギー回収型一般廃棄物処理施設、余熱

活用施設に関して、地域住民から出された市への要望書、議会への請願に関しての議決があり、

その後、補正予算案が出される予定で、大きな議案となります。

私は、今議会においては、以下の3件に関して通告を行いました。

・治水対策に関して、

(1) 弥栄地区、中江川の排水樋門、滝沢川排水樋門における排水機場の整備状況について伺う。

(2) 弥栄地区、滝沢川の水害により、地域の生活道路や農地の冠水により、住民の生活や農業に

    大きな被害が生じる。排水機場の整備が進まない現状においての対応策について伺う。

・水と緑を守るまちづくりについて

(1) 主に真柴、駅東口、三関地区を流域とする吸川の水質状況について伺う。

(2)  吸川流域の下水道整備状況、汚水処理の状況について伺う。

(3) 吸川に整備が進む親水(吸水)公園の利用状況、維持管理状況について伺う。

・教育行政について

(1) 言葉を大切にする教育プロジェクトの取り組みで、幼稚園・保育園において「サントレ」という

    手法を活用した言葉の時間をモデル園において導入したが、これまでの状況、今後の方針について伺う。

(2) キャリア教育における「中学生の社会体験学習」の取り組み状況について伺う。

特にも、サントレという教育手法に関しては、大きな関心を持って質疑を行う予定です。

また、今回の大雨被害状況を見ても、予測できない大雨は毎年のようにおきていることを踏まえ、治水対策に

関して質疑を行います。

駅東口は、当市の玄関であり、窓口です。その東口の目の前を流れる吸川、そしてそこに整備された

親水公園の現況は目に余るものがあります。

当市の顔でもある、駅東口の環境整備について市に考え方を聞き、意見提案を行う予定です。

また、吸川流域の汚水処理状況に関して質疑を行い。他市に比べ非常に遅れている汚水処理率の数字、

今後10年間で進める、汚水処理の「概成10年」の取り組みに関して意見提案を行います。


 

 


この記事をはてなブックマークに追加

暑い夏、一ノ関駅東口前は、一関の顔。適正な維持管理が必要。

2016-08-05 08:57:59 | 日記

個人的感想ですが、雨が少ない梅雨があけて暑い夏がやってきました。

毎年気になるのが、梅雨明けとその後の天気です。コメの消費量は年々落ちて、

今では、金額ではパンに抜かれたという報道も見たような気がしますが、やはり、

日本人の主食は米であり、日本全国どこに行っても目に入るのが美しい水田です。

昨年の奈良に続き、今年もインターハイの応援に山口県に行ってきました。

暑い、熱い夏でした。高校生のひたむきな姿に心を打たれて帰ってきました。

 

その、旅先で気になるのは、水田の様子です。こちらより早く穂が出ている田を眺めながら、

今年の豊作を願いました。私は、米づくりの専門家ではありませんので詳しくは書きませんが、

毎年、梅雨明け後の天候がその年の作柄に大きく影響します。ここ数日の、燃えるような暑さと

適度な降雨(心配な豪雨もありましたが)により、秋の豊作が期待されます。

忘れられないのは、我が家の次男坊が産まれた平成5年の大冷害です。

コメの検査機関でありながら、米検査は全くなく、米屋として、農家に輸入米を

配給した記憶が強く残ります。

 

そのような中、今日から一関市では夏祭りが始まります。

変わらない伝統を続けるその姿勢も大事ですが、マンネリ化していると感じる方も

少なくないような気がしています。

そして、出張や旅行に出かけるたびに気になるのが、東口吸川の河川敷にある、

「親水公園」です。多くの場合地域の皆さんに草刈りや維持管理をボランティアで

お願いしているのかもしれませんが、東口は、新幹線乗車口のある一関市の大きな

玄関口です。以前文化センターは、市民12万人の文化の殿堂であり、それにふさわしい

施設管理を行うべきと意見提案しましたが、地域で管理しきれないものは、市がしっかりと

管理していく事も必要と思っています。国体開会前には、改善が必要と思います。

 

年齢を重ねるとともに、日没の時間が気になるようになりました。

今年は、父親の初盆で、いつもと違ったお盆となりそうです。

お盆休みが終わると、まもなく9月議会がスタートします。

決算議会でもある9月議会は、常任委員長としても重要な議会となります。

資源エネルギー循環型まちづくりの大きな柱となる、狐禅寺地区の問題に関しても、

大きな動きがあることが予想されます。

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

夏は高校生が輝くとき・・・

2016-07-23 21:25:54 | 日記

今日は、夏の甲子園の予選準決勝で一関勢同士の対決となりました。

テレビで野球観戦を楽しみ、その後一関二高の吹奏楽部の定期演奏会に出かけてきました。

 

先週18日には、一関二高の音楽部の定期演奏会にも足を運びました。

美しいハーモニーと吹奏楽部の迫力ある演奏を堪能しました。

高校のPTA役員を引き受けてから、予定が無い時は、いつも演奏会に行きます。

3年間一生懸命それぞれの部活動に取り組んできた学生の輝きは、まぶしいほどです。

来週からは、山口県を中心にインターハイがスタートします。

娘の所属するフェンシング部の女子は、団体戦で惜しくもインターハイ出場を逃しました。

涙が止まらない子供たちを見て、私も目頭が熱くなりました。

熱い夏、3年間一生懸命スポーツや文化活動に取り組んできた学生の輝きは、私たちに

熱い感動をあたえてくれます。

今日は、吹奏楽部の3年生を紹介する先生の紹介を聞き、思わず「頑張れ!」と大きな

声でエールを送ってしまいました。

スポーツと文化部、3年間一生懸命頑張ってきた多くの学生にとって、夏が大きな区切りの

時となります。

 

それにしても、先日一般質問で「文化センターは一関市の文化の殿堂」である。と質問を

行いましたが、入り口で入場者を整理する三角ポールはお粗末すぎます。

そして、隣にある一関市の「知の拠点の一つ図書館」入り口の芝生の管理の悪さ・・・

市民の文化レベルが疑われるような事のないように、管理者は施設管理に万全を期す

べきです。

 


この記事をはてなブックマークに追加

議会報告会を開催します。

2016-07-17 21:02:40 | 日記

5月に開催を予定していた議会報告会ですが、私の都合と

参議院選挙の投票日の関係で、遅くなりましたが以下の日程で

議会報告会を開催します。

 

勝浦のぶゆき・議会報告会 開催案内

盛夏の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。日頃は大変お世話になっております。

早いもので、6月議会が終了して間もなく1カ月が過ぎようとしています。6月議会におきましては、

第3次行政改革、資源・エネルギー循環型まちづくりの進捗状況、その考え方について一般質問を

行いました。特にも、第3次行政改革大綱におきましては、指定管理者制度の導入を前提とした

改革が目立つこと、そして、今後各地域協働体の指定管理が進むことを念頭に、指定管理者制度の

運用について質しました。

さて、今回少し遅くなりましたが、議員活動報告第12号を同封させていただいています。

これまで私が取り組んできた内容を簡潔にまとめております。特にも人口減少問題は、当市の大きな

行政課題であり、今後の市政運営においても大きな問題として様々な場面で議論が進むと考えます。

今回、人口減少社会の中で、農業を中心とした当地域の産業を今後どのような形で継続していくのか、

資源エネルギー循環型まちづくりをどのように進めていくのか、そして多くの地域課題に関して、

皆様から様々なご意見を伺いたいと考えております。

暑い中大変恐縮ではございますが、是非ともご参加のうえ、市政・地域課題に対するご意見、

ご提言をいただければ幸いです。

場所: 真滝2区集会所(狐禅寺)

日時: 7月19日(火) 18:30~20:00

場所: 弥栄市民センター

日時: 7月20日(水) 18:30~20:00

場所: 滝沢水口集会所(滝沢)

日時: 7月22日(金) 18:30~20:00



この記事をはてなブックマークに追加