受験数学の王道

受験数学研究会代表 数学プロ主任講師の本音

中間テスト・模試に臨むにあたって!!

2017年05月15日 | 日記

新学年が始まって、最初の中間テスト・模試の時期に入ってきている。

 

新学年の行事も終わって、授業のスピードも速くなって、かなり集中していないとあっという間に

次の説明が始まってしまう。

 

 

ここで、一番困るのは自分の解答の正解・不正解にこだわる生徒だ。

 

特に「数学」が「得意」だと思っている生徒に多いのだが、正解であれば

解説を聞くより次の問題を解き、不正解のときも解説を聞かずに自分で解き直そうとする。

 

その姿勢は評価するが

最も大切なことは、解説を聞いて、しっかり問題の意図を理解し、他の問題でも応用できる

力を付けることだ。

 

 

もう一つ、気になることがある

 

それは図やグラフを描くのが下手な生徒が増えていることだ

 

図やグラフを正確に描くのは、問題を解く際に「思考の助け」になるから重要だ!

 

大学入試では、問題に図やグラフが書いてあることはまずない。中間テスト・模試でも同じだ。

 

しっかり問題文を読んで、自分で「ヴィジュアル化」していく時に

図やグラフが「それらしく」描けないと、逆に思考の邪魔になる。

 

 

 

大きく解り易い図を書いて、本来交わるべき円と直線をしっかり見つけ

中間テスト・模試に臨んでもらいたい!!

 

繰り返しになるが

正解・不正解も重要だが、「応用につながる思考力」をつけることのほうがもっと重要

 

僕の言いたいことはこのブログで伝えたので、しっかり実践してくれるよう指導を続けていきます!

 

 

 

 

                  受験数学研究会

                    代表 大橋克利(おおはし かつとし)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二時間だけのバカンス featur... | トップ | Céline Dion - It's All Comi... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。