人生ブンダバー

読書と音楽を中心に綴っていきます。
現在は、暇に飽かして、日々更新。

7/22 「牛に引かれて善光寺」(3)--お朝事

2017-07-30 05:00:00 | 旅行

7月22日(土)朝4時半に起床。5時前に薬王院食堂前に集合。

薬王院のご住職の先導で善光寺の「お朝事」に参加する。

お朝事では、約1時間、天台宗、続いて浄土宗の法要が勤められる。
--厳粛な「時」を体験した。




4:53


4:54


4:54


4:55 参加者は10人ほど。外国人がお二人参加した。


4:59


5:01


5:02 大勧進(→こちら)の前にて 

「善光寺は(仏教の)無宗派です」と説明を受ける。お墓もない。

ご参照→こちら


5:03


5:04


5:04 参道


5:07


5:11 
「六地蔵」の説明・・・・・・六道輪廻思想。六道とは、地獄道、餓鬼道、
畜生道、修羅道、人道、天道。それぞれに地蔵がある。


5:14


5:15 鳩字の額→こちら。5羽の鳩が隠れている。


5:16 大宮開成高校の大グループ。


5:16


5:17


5:17


5:17 ハスの葉にお賽銭が・・・・・・


5:18


5:19 大勧進→こちら 天台宗の大本山である。


5:21


5:21 あっという間に大行列


5:25 ご導師さまを待つ。先頭はいつも来られている信徒の方々。


5:26


5:26


5:27


5:28


5:30


5:30 
これよりしゃがんでご導師の「お数珠」を受ける(お数珠で頭をなでて
いただくといえばいいのかしらん)。


5:31 ご導師が通り過ぎ・・・・・・


5:31 「はい、では、急ぎ足で本堂へ参りましょう」お朝事へ→こちら


5:31


5:31


5:32


5:33 ここから中は撮影禁止だ。

「お朝事(おあさじ)」の法要は、一年中、毎朝行われている。

本堂内陣、正面瑠璃壇の見える場所に8人ずつくらい縦列に座る。
私たち夫婦は前から5列目くらいだった。

法要の「ご導師」は、天台宗の貫主と浄土宗の上人(尼僧)。善光寺
全山の僧侶による読経が本堂に響き渡る。多くの僧侶による読経は、
一種の合唱といっていいかしらん。私のつたない表現力では尽くせ
ないが、その「雰囲気」は厳粛で感動的だ。

内々陣左側の奥、鳳凰と龍の二枚の金襴の戸帳が懸かるところが
「瑠璃壇」。ここに秘仏の御本尊「一光三尊阿弥陀如来像」が安置さ
れている。通常、戸帳は降りたままだが、お朝事にお経があがる時
に戸張が上がる。

天台宗、浄土宗とも、最後の方で、私たちに向かい、「南無阿弥陀
仏」を唱えていただけるので、それに合わせて、正座し、合掌して、
唱和する。「南無阿弥陀仏」の回数は、数えたら10回だったかしら
ん。
尼さんの唱える「南無阿弥陀仏」の声もまたすばらしい。お坊さまは
すべて声がいい。しかし、声がよければお坊さんになれるわけでは
ない。

念のため、天台宗も浄土宗も(浄土真宗も)「南無阿弥陀仏」(阿弥
陀仏に帰依いたしますの意)である。

ちなみに、阿弥陀仏は如来の一つで、「如来」は悟りを開いた者。悟
りを開こうと修行している者が「菩薩」だという。「観音菩薩」は今ひと
つ分からない。

そして、一段上がり、「家内安全」祈願。
住所、名前を読み上げていただく。あざみ野のご夫婦がおられた。


すばらしい体験だった。



6:40 今度はお上人さまのお数珠をいただく。


6:41 これからしゃがんで頭を出して


6:43


6:43


6:44


6:44


6:46 薬王院のご住職は、失礼だがなかなかの美男子

ここで朝食まで自由行動に。


6:47


6:49


6:49


6:50


6:50 有名な善光寺の鐘


6:50


6:51


6:51 「陸前高田市へ里帰り」中


6:51


6:53


6:53


6:53


6:55 「山門には誰がいるの?」


6:55


6:55


6:55


6:56


6:57 仏足跡へお参り--健脚祈願


6:58 仏足跡をさすって


6:58 伝 佐藤兄弟供養塔


6:59


7:00 全国善光寺会


7:01


7:02


7:04 朝から開店のお店


7:05


7:08


7:09


7:09


7:10


7:11


7:13



7:25 朝は、ご飯、味噌汁はセルフサービス 鯵の干物などはない。


7:36 ドイツ語を話すファミリー ドイツかオーストリア?


7:45 コーヒー100円


家内は一足先にフジヤゴホンジンの美容室へ。
私は部屋でのんびり過ごし、9時過ぎ、おもむろに礼服に着替え、忘
れ物がないか二度チェックしてチェックアウト、フジヤゴホンジンへ。


9:00 部屋のクローゼット?


9:05


9:07 「お世話になりました」


9:09


9:09


9:09


9:09


9:10


9:11


9:11


9:12


9:13 仁王門


9:13


9:14 むじな燈籠


9:14


9:14


9:15


9:15


9:16


9:16


9:17


9:18


この後、結婚式場ザ フジヤ ゴホンジンへ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7/21 「牛に引かれて善光寺... | トップ | 7/22 姪の結婚式 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事