人生ブンダバー

読書と音楽を中心に綴っていきます。
現在は、毎週月曜(定期的)更新しています。その他の日も発信するかも。

10/7 『昭和天皇実録』から読み解く太平洋戦争第8回

2016-10-16 05:00:00 | 近現代史

10月7日(金)、午後は講座、夜は演奏会、と「毎日が日曜日」も忙し
い。どちらもある意味では勉強だ。

中央大学佐藤元英先生の「『昭和天皇実録』から読み解く太平洋戦
争」は生徒36人、大人気の講座だ。

『昭和天皇実録』の原文--関連部分を参照できるのがいい。

佐藤先生のご紹介--
1.ハーバート・ビックス『昭和天皇』2000→こちら
 (私の注)
 「ビックスの著作は、東京裁判のウィリアム・ウェッブ裁判長等によ
 って出された、事実を過度に単純化して、天皇に戦争責任がある
 という論理を、追認するものに過ぎない。ビックスは、その後に公
 開された研究文献や史料の中で、自らの論理に都合の良いもの
 や、その部分を使用しているに過ぎない。また冒頭で述べたように、
 近代日本の立憲君主制の理解そのものも、誤っている」
 (伊藤之雄『昭和天皇伝』)

2.ピーター・ウェッツラー『昭和天皇と戦争』1998→こちら
 「ビックス氏の『昭和天皇』は、歴史を書くうえでの基本的手法、文
 献の取捨選択、解釈などから推して、歴史的事実よりも著者自信
 の価値判断が重視された仮説でしかなく、とうてい歴史書と呼べる
 ものではない」(日本語版序文)。
 --「歴史を書くことと人を裁くことを混同してはならない」。

cf.栗原 健(1911-2005)『天皇--昭和史覚書』


<レジュメ>
第8回 木戸幸一内大臣、東條英機首相に対する天皇の信頼
1.木戸幸一履歴
2.東條英機履歴
3.荻窪階段における近衛と東條の対立
4.(第3次近衛内閣の)後継内閣をめぐる重臣会議
5.昭和天皇からの(東條に対する)信任 →『昭和天皇独白録』
*( )内は私の補足

・『昭和天皇独白録』には、木戸幸一に対するコメントが出ていない!
 (佐藤元英先生)



11:22 「嶮山」交差点 戸建住宅建築中 どんな家ができるかな~。


11:29 新百合ヶ丘行バス


11:56 新百合ヶ丘着


11:57 しんゆり映画祭2016


12:00 唐木田行急行


12:11 おだきゅうたまセンター着


12:15


12:18 乗務員は女性一人。ワンマンカーというのかしらん?


12:22 中央大学・明星大学着


12:23


12:23


12:24


12:25 10/23(日)10:00~ 第25回ホームカミングデー


12:26 T202教室


12:26 本日のレジュメ


12:27 講義開始までに目を通す。


12:28 皆さん、熱心に予習中。講義開始は13:20。


12:31



15:10


15:15 写真パネル展「日本と国連の歩み」


15:16


日本国憲法公布記念祝賀都民大会(1946[昭和21]年11月3日)
提供;毎日新聞社  熱狂的な都民→こちら


サンフランシスコ平和条約に調印する吉田茂総理大臣
(1951[昭和26]年9月8日) 提供;読売新聞社
これも有名な写真だ。


15:18


15:19


15:19 岸信介総理大臣の国連訪問(1957[昭和32]年6月)


15:24 COOP


COOPで『中央評論』最新号を購入。


15:28 キャンパスにて語らう


15:31


15:36 15時37分発多摩センター行


15:44 多摩センター着


15:47 多摩センター駅前


15:50 すすきと小田急ロマンスカー


15:58 新百合ヶ丘行


16:12 新百合ヶ丘着


16:17 新百合ヶ丘にて新宿行に乗り換え


16:35 代々木上原にて千代田線へ ここからいずこへ?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10/6 OB練習『トスティ歌... | トップ | 10/7 メータ/ウィーン・フ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む