勝地(かつち)ブログ

ご意見は下記に
✉ tsunehisa605@gmail.com
📞 090 - 8532 - 3755

NO.3034 演説会

2016年06月30日 20時26分35秒 | Weblog
今日も「勝地ブログ」にアクセスいただき、ありがとうございます。


参議院議員選挙兵庫選挙区 末松信介 自由民主党公認候補(現職2期)の演説会。午後7時から豊岡・但馬地場産センターです。

但馬の若者5名からの訴え、そして、谷公一衆議院国土交通委員長、藤田孝夫県会議長、中貝宗治豊岡市長からの激励。

末松信介候補者から決意表明があり、最後にガンバローコール。

この記事をはてなブックマークに追加

NO.3033 7月スケジュール

2016年06月30日 11時03分50秒 | Weblog
今日も「勝地ブログ」にアクセスいただき、ありがとうございます。


7月スケジュール。夏痩せが加速しそうです。

1日(金)長野区要望対応
2日(土)片芝忠政先生瑞宝双光章受賞祝賀会
3日(日)有害鳥獣捕獲活動
4日(月)福島県本宮町視察対応
5日(火)議会運営委員会、コウノトリ放鳥式典
6日(水)
7日(木)八鹿病院組合議会運営委員会(村岡)、但馬空港推進協議会総会(豊岡)、宿南地区水害対策促進期成同盟会総会
8日(金)兵庫県市議会議長会監事会、同理事会(明石)
9日(土)
10日(日)参議院議員選挙
11日(月)兵庫県地方議会協議会(神戸)
12日(火)
13日(水)円山川改修期成同盟会総会(和田山)
14日(木)狩猟免許更新経験者講習会(和田山)
15日(金)近畿市議会議長会理事会(奈良)
16日(土)八鹿夏祭り造りもの審査会
17日(日)ビバホールチェロコンクール本選・閉会式
18日(月)海の日
19日(火)但馬広域行政組合議会定例会(豊岡)
20日(水)八鹿病院組合議会定例会
21日(木)兵庫県市議会議長会総会(赤穂)
22日(金)全国過疎地域自立促進連盟兵庫県支部総会(神戸)
23日(土)
24日(日)高柳大橋渡り初め式典
25日(月)兵庫県学校農業クラブ連盟大会
26日(火)生活環境常任委員会
27日(水)岐阜県郡上市議会視察対応
28日(木)播但市議会議長会視察(長崎・大村)
29日(金)同視察
30日(土)
31日(日)




この記事をはてなブックマークに追加

NO.3032 ご当地ソング

2016年06月29日 12時43分46秒 | Weblog
今日も「勝地ブログ」にアクセスいただき、ありがとうございます。



この記事をはてなブックマークに追加

NO.3031 信頼回復の汗

2016年06月29日 12時36分57秒 | Weblog
今日も「勝地ブログ」にアクセスいただき、ありがとうございます。


以下、閉会にあたっての議長挨拶。


閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。

住民に一番身近な行政サービスの担い手は、養父市をはじめとする全国1741市区町村の地方自治体であり、その自治体が提供する多様な施策で、住民の幸せや安全・安心が確保されてこそ、経済成長に向けた人々の新たなチャレンジが始まり、結果として、誰もが活躍する地域社会の実現がもたらされるものと考えています。

現在、わが国においては少子高齢化の進行に伴い、人口減少が急速に進んでいます。
とりわけ首都圏から遠く離れた養父市のような地方の自治体においては、地域医療や介護・福祉、子育て支援などの社会福祉施策や生業(なりわい)となる産業振興施策など、目の前には持続可能なまちづくりを見据えて取り組むべき課題が山積(さんせき)しています。

こうした厳しい状況にあって、今定例会は去る6月14日に招集され、本日まで16日間にわたる会期の中で審議された案件は、一般会計、特別会計、合わせて2億7,823万円を超える平成28年度補正予算を初め、旧建屋小学校を六次産業化拠点施設に利用変更する条例改正、農業委員会の委員等の定数や報酬を改正する条例制定、国民健康保険税の税率等を改正する条例改正、氷ノ山国際スキー場の指定管理者の指定、副市長の給料を減額する条例、藤原哲郎議員に対する辞職勧告決議など、28件の重要案件を審議してまいりました。

議員各位には、この間、終始極めて慎重かつ熱心にご審議賜り、いずれも適切妥当な結論をもって全議案を議了できましたことは、ふるさと養父市創生の実現のため、まことにご同慶に堪えません。
また、一般質問においては、10名の議員が登壇し、市政の方針をあらためて確認されてきました。
ここに謹んで議員各位のご精励に対し、衷心より敬意を表します。
また、市長を初め、当局各位の議会審議での真摯な態度に敬意を表すとともに、その審議の過程や一般質問において議員各位から述べられた意見、提案等については、今後の市政執行に十分反映されるよう望むものであります。

二元代表制の一翼を担う我々養父市議会は、様々なまちづくり施策の議決機関であります。
養父市議会基本条例の理念に則り、市議会が更に改革努力していくことで、市政もより活性化していき、結果として、ふるさと養父市がより元気になっていくと考えています。

このほど早稲田大学マニフェスト研究所の平成27年度「議会改革度調査」の結果が発表されました。
①情報共有、②住民参加、③議会機能強化の3つの指標で改革度合いを数値化し、養父市議会は回答のあった761市議会ランキングで第172位。
兵庫県議会は47都道府県議会ランキングで第1位に躍り出ました。

ご承知の通り兵庫県議会は一昨年7月、政務活動費不正使用の問題が発覚。その後、信頼回復を最重点に掲げ、政務活動費の厳格化、議員研修の充実、議員提案による中小企業振興条例の制定、18歳選挙権の導入に向けた学生との意見交換会など、様々な角度から改革を進めてきたことが評価され、前回の7位からトップに躍り出たということで、その改革努力に敬意を表するものであります。

翻って(ひるがえって)今、我々養父市議会は、一議員による議会人としての認識が大きく欠如したが故の政治倫理違反問題で、議会の秩序が根底から壊され、市民の信頼を失くしている状況にあります。
藤原哲郎議員が行った土産物配付による公職選挙法違反疑惑に対する説明拒否の姿勢は、議会基本条例違反、政治倫理要綱違反、誓約書違反として到底看過できるものではありません。
政治倫理審査会審査を踏まえて議長から行った辞職勧告にも従う意思は全く無く、よって本日の本会議において全会一致で「辞職勧告決議」が採択されたところであります。
養父市議会始まって以来の不祥事であります。
議会自らが制定した議会の憲法である養父市議会基本条例を遵守する姿勢があり、議員として備えておくべき認識や対応が出来ていたならば、今日の事態までには至らなかったと考えています。
この上は、養父市議会として、兵庫県議会がなされた信頼回復努力を見習いながら、議会基本条例の理念を守る上で何が足らなかったのかを真摯に検証し、必要とあれば実効あらしめる条例改正も視野に入れながら、任期満了までの残された4か月間、議会自らが変わっていく努力の汗、信頼回復の汗を流さなくてはなりません。
今後は、議員資質の向上をはじめとして、開かれた議会や市民に親しみやすい情報発信のあり方など、議会改革の歩みを更に加速していくことで、市民の信頼回復に努めてまいりたいと考えております。どうか議員各位の今後とものご精励を切にお願いを申し上げます。

日ごとに暑さが増してまいりますが、議員各位並びに市長をはじめ当局の皆様方には、何とぞご自愛の上、市政発展のため一層のご尽力を賜りますようお願い申し上げますとともに、報道関係各位のご協力に対し、厚く御礼を申し上げ、閉会のご挨拶といたします。
ありがとうございました。

この記事をはてなブックマークに追加

NO.3030 閉会

2016年06月29日 12時35分48秒 | Weblog
今日も「勝地ブログ」にアクセスいただき、ありがとうございます。


6月議会最終日。
今日まで委員会に審査を付託していた多くの議案が各委員長から本会議で報告され、採決されました。

特徴と思われるのは、以下の3議案。

兵教組養父支部から藤原哲郎議員を紹介議員として提出されていた「教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度2分の1復元をはかるための2017年度政府予算に係る意見書採択の請願書」が多数決で不採択とされたこと。委員長報告に対して質疑なし、討論なしでしたが3名の議員が採択に賛成の意思表示。

藤原哲郎議員に対する辞職勧告決議案が、藤原敏憲議員を提出者として賛成者に西村禮治議員、田中久一議員、竹浦昭男議員、西田雄一議員、田村和也議員から出され、藤原哲郎議員退場のもと全会一致で可決されたこと。

公共会社やぶパートナーズ株式会社の不祥事に関して社長である三野副市長の監督責任を明らかにするため給料1ヶ月分を10%減額する条例に対して、7名の議員が時期尚早として反対したが多数決で可決されたこと。

今回で任期中16回の定例会の内で15回目を迎え終えましたが、学習研修の積み上げ効果が回数に比して現れなかったことが事態の深さ重さを示しています。

この記事をはてなブックマークに追加

NO.3029 お天道様

2016年06月28日 15時54分14秒 | Weblog
今日も「勝地ブログ」にアクセスいただき、ありがとうございます。


議長として、明日の本会議最終日の進行準備です。閉会後に全員協議会を開きたいと思います。

広谷地区自治会代表から区要望をいただきました。住宅建築が増え続けているようですし、新たな福祉施設の展開計画もあるようでなによりです。伴い、安心・安全の環境整備も求められてきます。

今日、ある事業者さんからの吐露ですが、仕事関係での豊岡市での寄り集まりでのことと前置きされて、養父市議会議員の政治倫理問題を恥らう指摘が3回立て続けにあり、穴があったら入りたい心境だったと。申し訳ないことです。他にも同じような経験をされている方がおられるであろうことは推測できます。養父市議会全体がそう見られているのです。当該議員は素知らぬ態度で、誰の事と言わんばかりです。お天道様は見てらっしゃるのです。

この記事をはてなブックマークに追加

NO.3028 但馬のJR利便性

2016年06月27日 17時25分39秒 | Weblog
今日も「勝地ブログ」にアクセスいただき、ありがとうございます。


北兵庫鉄道複線電化促進期成同盟会総会を豊岡市民会館で午後2時から開催。

播但線、山陰本線の速達性の向上と輸送力の増強や普通列車の全便全駅停車の復活などが主要な取り組みです。 播但線寺前駅から和田山駅までの電化と乗り継ぎ利便性、城崎温泉駅から浜坂駅までの電化が先ず課題です。

利便性の向上が先か、ともかく乗るのが先か、の水掛け論ですが、したたかに実績をつくりJRを説得していくことしかないのでしょう。

特異な取り組みとして
豊岡市……8/10 乗って帰ろうデー
養父市……通学にJRを利用している市内高校生への通学費補助
朝来市……JR沿線居住職員に毎月一回以上のエコ通勤を呼び掛け
香美町……冬季にキャラクター着ぐるみによる特急列車乗客出迎え
新温泉町……e出張(JR利用促進事業)の推進

電車の仲間である蓄電池車両や、ディーゼルカーの仲間であるハイブリッド車両などの性能試験走行のフィールドとして播但線を活用してもらう働き掛けが良いのではと思いました。

この記事をはてなブックマークに追加

NO.3027 国土交通大臣要望

2016年06月27日 12時33分38秒 | Weblog
今日も「勝地ブログ」にアクセスいただき、ありがとうございます。


石井啓一国土交通大臣が但馬入りされるのに合わせ、但馬広域行政事務組合として要望会をもちます。

午後1時から但馬地場産センターです。 ほかに但馬地域建設産業振興会(川嶋実会長)、但馬観光協議会(西村肇会長)からも要望。

但馬3市2町の首長・議長からは「但馬地域の高速交通網整備に関する要望」として
①北近畿豊岡自動車道の早期完成
・日高豊岡南道路の早期完成
・豊岡道路の事業促進
・豊岡北ICから豊岡IC間の早期事業化
②山陰近畿自動車道の早期整備
・浜坂道路の平成29年度完成
・居組ICと浜坂IC間の早期事業化
・佐津ICと京丹後市久美浜町間について、北近畿豊岡自動車道との接続する方法の決定と早期事業化に向けた調査促進
③コウノトリ但馬空港と東京国際(羽田)空港間の運航路線新規開設
空路の優位性を最大限に発揮させる東京国際空港との直行便開設

この記事をはてなブックマークに追加

NO.3026 北近畿ほろにが

2016年06月26日 12時21分33秒 | Weblog
今日も「勝地ブログ」にアクセスいただき、ありがとうございます。


第52回北近畿ほろにが合同例会です。


始まりました。

谷国土交通委員長・衆議院議員、中貝豊岡市長もかけつけていただきました。新たな県会議員・門間議員も。
「昼間っからなんの縁もなく飲んでいる会はここだけではないか。しかし何故地方においては若者が帰っていてくれないのか。グローバル化が進むとローカルを磨くのか作戦ではないか。様々な花が咲いていくことを期待する」と中貝市長の挨拶。
乾杯で始まりました。これから9クラブの紹介、そしてアトラクションです。ひとまず、ここまで。

この記事をはてなブックマークに追加

NO.3025 10秒16

2016年06月25日 20時42分07秒 | Weblog
今日も「勝地ブログ」にアクセスいただき、ありがとうございます


全天候運動場いきいきドームはフリーマーケットのようでした。駐車場も満杯で、周辺道路にあふれています。明日も開催されるとか。くくりわな点検の山の中から撮りました。




日本陸上選手権の男子100メートル決勝。桐生か山縣かと予想してたら、ケンブリッジ飛鳥が10秒16で優勝。








リオでは9秒台を期待してます。

この記事をはてなブックマークに追加

NO.3024 ラジオ体操

2016年06月24日 06時48分23秒 | Weblog
今日も「勝地ブログ」にアクセスいただき、ありがとうございます。


雑知識でも頭の隅っこに入れておけば何かの役に立つのではと中央公論を定期購読し新幹線車中などで読んでます。

その7月号で「ラジオ体操は65歳以上には向かない」タイトル本の評が目につきました。

評をつまみ書きすると
……昭和が残した国民的文化遺産にケチをつけようとしているわけでなかなか勇気がある。
ラジオ体操スタートは昭和3年。
何がいけないのか、その理由は、最後まで自分の脚で歩くために、という文句に言い尽くされている。
高齢社会に生きるものにとってまず大事なのは足腰。ところがラジオ体操の運動は上半身に偏っていて下半身の強化に役立つ要素を欠く。つまりラジオ体操だけやっているとやがてラジオ体操に通えなくなるハメにもなりかねないのである。
その不備はどこから来ているのか。
ラジオ体操は昭和天皇即位御大典の記念事業だったこともあり、はやることよりも見せることに重点が置かれた。マスゲームのようにきれいにそろって見えることを第一に構成した結果、ああいう振り付けになったらしい。
……ここまで

たしかに、足腰を鍛える動作は少ないように思えます。椅子に座ってても大方の動作はこなせそうです。
仕事前に市役所もやってるし強靭な身体力を要求される消防署だってやってます、もっとも署員は走り込みもすごくやってられるのですが。

そうなんですか、この歴史は知らなんだ。

この記事をはてなブックマークに追加

NO.3023 監督責任処分

2016年06月23日 16時03分55秒 | Weblog
今日も「勝地ブログ」にアクセスいただき、ありがとうございます。


兵庫県議会は、一昨年7月の政務活動費問題から議会改革をさらに加速させ、研修会や政策提案、18歳選挙権講演会などを開催してきて今回の早稲田大学マニフェスト研究所議会改革部会が集計した改革度で都道府県の中で昨年の7位から第1位となっています。
同様に養父市議会は、改革度は県下の市で13番目、全国228位ですが、今回の政治倫理要綱違反をどう始末して改革度を上げていくのか、悩ましい課題です。
朝一の全員協議会でこのような挨拶をしました。

2人の一般質問。傍聴は12人。
その後、生活環境常任委員会が開かれましたが、会議資料準備がかなわず午後に延会。

午後1時から生活環境常任委員会、午後1時半から全員協議会、午後2時から再度生活環境常任委員会を開き付託議案の委員会審査。氷ノ山国際スキー場の指定管理者の指定議案で、原案通り可決すべきものとされました。指定管理者は株式会社マックアースフーズで、指定期間は28年8月から31年7月の3年間です。

午後3時から議会運営委員会が急遽開催され、次の追加議案が審査され最終日上程が決まりました。

追加議案は「養父市副市長の給料の特例に関する条例の制定について」

提案理由は「地域公共会社であるやぶパートナーズ株式会社の件で、市議会をはじめ市民の皆様に疑念を抱かせ混乱を招いたことに関し、副市長の監督責任を明らかにするため、副市長に支給する給料月額を減額する特例条例を制定するものである。
制定内容
○副市長の7月分の給料を10%減額するもの 630.000円→567.000円」

これまでの経緯の中での管理監督責任としての現在時点処分であり、今後の裁判の展開如何を含む事件全体を包括した処分ではありません。

タイトな1日になりました。

この記事をはてなブックマークに追加

NO.3022 男の修行

2016年06月23日 12時38分37秒 | Weblog
今日も「勝地ブログ」にアクセスいただき、ありがとうございます。



議会でカッカとしたらこの湯飲み茶わんを見よ、といただきました。

男の修行

苦しいこともあるだろう
言いたいこともあるだろう
不満なこともあるだろう
腹の立つこともあるだろう
泣きたいこともあるだろう
これらをじっとこらえてゆくのが
男の修行である

山本五十六さんの言葉です。

生年月日: 1884年4月4日
出身地: 長岡市
死没: 1943年4月18日 (59歳)
学歴: ハーバード大学、海軍兵学校
山本 五十六は、日本の海軍軍人。第26、27代連合艦隊司令長官。海軍兵学校32期生。最終階級は元帥海軍大将。栄典は正三位大勲位功一級。1943年に前線視察の際、ブーゲンビル島上空で戦死。旧姓は高野。
Wikipediaから転載。

この記事をはてなブックマークに追加

NO.3021 決議案

2016年06月22日 16時45分32秒 | Weblog
今日も「勝地ブログ」にアクセスいただき、ありがとうございます。


一般質問2日目でした。4名が登壇。傍聴延べ10人。

議長の本会議進行も、議論は生き物で何が起こるのか予測できないので正直疲れます。

ことのほか早く進み、今日の本会議は2時半過ぎには終えました。

その後、議会運営委員会が開催され、29日に6議員から提出される予定となっている「藤原哲郎議員に対する辞職勧告決議(案)」の議案審査。
議案としての体裁は整っているので、最終日、29日に上程され採決されます。



この記事をはてなブックマークに追加

NO.3020 モラルハザード

2016年06月22日 05時51分34秒 | Weblog
今日も「勝地ブログ」にアクセスいただき、ありがとうございます。


違法性よりもモラルの問題です。

モラルの欠如(モラルハザード)を当該議員本人が気づいているのかいないのか分かりませんがこういう状況が続くことが、こうも気分が高揚せず始末が悪いものだとは思いませんでした。

モラルのネット検索は以下です。
「道徳」「倫理」「良識」のことをいいます。「道徳・道義的な」「教訓」などを意味する英語から来ています。
現実社会や実人生に対する態度や気持ちのありようをいい、法的根拠による拘束力をもたないもので、宗教のように超越者との関係においてではなく、人間相互の関係において「善悪の判断を伴う感性」のことをいいます。
モラルというときは、特に「現実生活に即した道徳」という点がポイントです。(ここまで)


議会基本条例を反故にされた故の議長からの議員辞職勧告の意味が全く分かっていない。

この記事をはてなブックマークに追加