勝地(かつち)ブログ

ご意見は下記に
✉ tsunehisa605@gmail.com
📞 090 - 8532 - 3755

vol.354 記事二つ

2017年08月09日 08時59分36秒 | Weblog
今日も「勝地ブログ」にアクセスいただき、ありがとうございます。


自民党衆議院の東日本大震災復興特別委員長に
、地元の谷公一衆議院議員が内定という今朝の新聞記事を、ネットからコピペしました。
仕事人として、しっかりやってもらえると大いに期待しています。

(以下、コピペ。アンダーライン、太字は私)
NHKニュース|NHK NEWS WEBメニュー
予算委員長に河村建夫氏 衆院委員長人事を内定
8月8日 13時24分

自民党は、先の内閣改造などにともなって、衆議院の予算委員長に河村建夫氏を推すなどとした、常任委員長や特別委員長の人事を内定しました。

常任委員長に推すことが内定したのは、内閣委員長に山際大志郎氏、法務委員長に平口洋氏、外務委員長に中山泰秀氏、財務金融委員長に小里泰弘氏、文部科学委員長に冨岡勉氏、厚生労働委員長に高鳥修一氏、農林水産委員長に伊東良孝氏、国土交通委員長に西村明宏氏、環境委員長に松島みどり氏、安全保障委員長に寺田稔氏、国家基本政策委員長に佐藤勉氏、予算委員長に河村建夫氏、議院運営委員長に古屋圭司氏です。

また、特別委員長では、災害対策特別委員長に望月義夫氏、政治倫理の確立および公職選挙法改正に関する特別委員長に平沢勝栄氏、北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員長に江藤拓氏、消費者問題に関する特別委員長に櫻田義孝氏、東日本大震災復興特別委員長に谷公一氏、原子力問題調査特別委員長に高木毅氏、地方創生に関する特別委員長に渡辺博道氏を、それぞれ推すことを決めました。

これらの人事案は、秋の臨時国会で正式に決まる運びです。一方、憲法審査会の森英介・会長は続投させることにしています。
(ここまで)


他にも、「不明金問題 名誉回復求め 元店長 養父市を提訴 神戸地裁豊岡支部」という見出しの新聞記事が。
市全額出資「やぶパートナーズ株式会社」が経営するコンビニ店での不正経理問題が発覚し、当時、議長として市議会全員協議会を招集し当局から説明を受けてきました。
その後、元店長から地位確認等請求労働審判事件として申立てがなされ、民事事件として受け付けもされましたが、進展がないまま議員任期満了。
当時、コンビニ経営の目的や位置付けが市民に十分理解されていたとは言い難い中での訴訟提起ということで、市議会としても注意深く当局から適時報告を受けるようにしていたのですが、如何せん、審判中の事なので事細かに議会報告できるものではなかったことも事実です。
早急に決着をつける格段の努力をされ、本来の公共会社の目的達成に向かっていただきたいと願っています。
個人的には、コンビニ経営は収支基盤安定確保の為といいながらも、公共的役割を担うものでない限りは民間に任せることも検討に値すると考えます。特に先般の大幅出資増を踏まえると、です。


*誤変換及び文章の瑕疵は後ほど推敲します。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« vol.353 冒険の中身 | トップ | vol.355 振り向けば »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。