勝地(かつち)ブログ

ご意見は下記に
✉ tsunehisa605@gmail.com
📞 090 - 8532 - 3755

vol.349 八月六日の朝

2017年08月05日 21時15分36秒 | Weblog
今日も「勝地ブログ」にアクセスいただき、ありがとうございます。


明日6日は広島に原子爆弾が投下、された日。

その過ちを歌った美空ひばりの持ち歌を、氷川きよしが今夜のNHK「思い出のメロディー」で熱唱した「一本の鉛筆」。
今日一番心に響いた、ことがらでした。

歌:美空ひばり
作詞:松山善三
作曲:佐藤勝

あなたに 聞いてもらいたい
あなたに 読んでもらいたい
あなたに 歌ってもらいたい
あなたに 信じてもらいたい

一本の鉛筆が あれば
私はあなたへの 愛を書く
一本の鉛筆が あれば
戦争はいやだと 私は書く

あなたに 愛をおくりたい
あなたに 夢をおくりたい
あなたに 春をおくりたい
あなたに 世界をおくりたい

一枚のザラ紙が あれば
私は子供が 欲しいと書く
一枚のザラ紙が あれば
あなたをかえしてと 私は書く

一本の鉛筆が あれば
八月六日の 朝と書く
一本の鉛筆が あれば
人間のいのちと 私は書く


ところで、この写真

30年前、大阪・伊丹空港での私と息子。
なんだか、事を起こしそうで、ヤバイ。
この写真、何故か息子が大事そうに持ってる。


*誤変換及び文章の瑕疵は後ほど推敲します。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« vol.348 三角形 | トップ | vol.350 但馬蔵 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。