新勝庵

元サラリーマン、映画・読書・芸術好き。
おんとし 92歳 です。

暫らく

2010-04-30 10:31:48 | テレビ番組

 テレビがデジタルハイビジョンになったので、鮮明な映像をハードデスクに

録画し、再生しながら、気にいったシーンを停止して、デジカメで撮影、PCで

画像処理すれば色んな事が出来る。

昭和26年に大改造以来、60年間親しまれた「歌舞伎座」が今日で一旦閉館

した。 60年を懐かしむお別れ舞台は連日超満員らしい。

M11

歌舞伎18番の内、「成田屋」市川家を代表する「暫らく」を久し振りに我が家の

茶の間で堪能した。いやー良い時代になったものだ  

M01

筋書きはどうと云う事もないが、

M02

この団十郎の胸のすく所作事「荒芸」の“様式美”・・・・

M04

全部分っていても何回見ても・・・いいなー!! 

M03

最後の六方はお決まりの ・・・ 

                “ ヤットコ トッチャー  ウント コナー 

・・・・・ カチ カチ カチ カチ ・・・・・・・ 「きのね」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中村研一展

2010-04-18 22:42:54 | アート・文化

 宗像出身の、昭和画壇の重鎮「中村研一」里帰り展が、「宗像ユリックス」で

始まった。 二回に分けて遺作が展示されるが、始めて見る作品があり感動

した。   大正9年に東京美校を卒「帝展特選」 後 帝展無鑑査になり、パリ

留学 「サロン・ ド- トンヌ」の会員になる。 これだけでも、当時 物凄い事だと

思うが、 帰国後 帝展特選を重ね、帝国美術院賞を受賞・・・・・etc・・・枚挙に

いとまがない大画家・・・  

2

Photo

3

光がいい・・逆光・・・愚生など、ものを言う資格も無いし タダタダ 唸るしか

ない!

この展覧会を見て思い出す事がある。 悲しいかな!当時の作家・画家は

皆従軍記者・画家として徴用され戦地に行かされレポ(絵)をかかされた。

更に、有名画家達は100~200号位の超大作の日本軍勝利の絵を描か

された。  題材は兎も角として何れも超名作だが・・・

Photo_2

中村研一は、緒戦で日本中を歓喜させた、イギリス東洋艦隊の旗艦

「プリンス オブ ウェールズ」と巡洋艦「レパルス」を撃沈させた、その絵を

描いた。 今一点 コタバル 占領の絵もあるはずだが?見つからない。

中村研一だけではない、  当時の有名画家(洋画・日本画)達は皆描

かされた。

※ ナイーブな芸術家達は皆神国日本を信じ、(絵の具も貰えないし)

戦争画(戦意昂揚)を描いた。  私は、これも時代!仕方がなかった

ことだと、今も思っていて責めるつもりは全くない。

※ だが・・・悪いやつがいる!戦争が終わる(負ける)と、戦中はサナギ

の様に逃げ隠れて “ずる” をした奴(インテリー)がのその後のこのこ出

てきて、嘘をつく「私は戦争反対だった」とか・・・まあこれはいい、可愛い

部類で許せる。 が新聞・・・特に「朝毎新聞」はどうだ!散々戦争迎合・

あふっておいて、手のひら返したように(自分の事は棚に上げて)人の

あらさがしを始めた。 戦争画を描いた画家の総攻撃を始めたのもその

一つ。  中村研一もその被害者の一人だが、 特に顕著なのは

「藤田嗣治」さんざん叩かれて日本が嫌になり、戦後間もなく、アメリカ

経由でフランスに逃げ(彼は帰った)フランス国籍をとりフランス人になった。

藤田嗣治はフランスの誇り、彼は日本人ではないと言って死んだ。

Image861

藤田嗣治の戦争画。

私は言いたい! 新聞よ恥を知れ・・・国を潰すな、今もそうだが・・・。

もうやめとこ!!。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ディープインパクト

2010-04-15 21:13:22 | インポート

「ディープインパクト」を又久し振りに見た。と言っても

180pxdeep_impact_japanese_derby

武 豊が乗った馬の名前ではないよー  またまた 映画の題名だよーん!

宇宙物大好き、 ストーリイーはよくある、隕石墜落物だけど、 これは特撮

に凄いリアリテーがあって、何度見ても面白い、

1

最後の見せ場、 彗星のカケラが海に落ちて巨大波がニューヨークを襲う

“ ディープインパクト” 凄いシーーン!

2_2 

 人々が逃げまどうマンハッタンのシーン・・・ちょっと待って!!

3

このシーン 何かにそっくり! そうだ、あの911ツインタワー事件の時

人々が逃げ惑うシ-ンにそっくりではないか?

そこで、911の時のこのシーンと同じ様な場面の写真をネットで探したが

見つからない!・・・ところが911に纏わる、当時流布された色んな魔可

不可思議なサイトが見つかった。

その中の一つ

21

20ドル紙幣の裏を長さ方向に半分に折って、飛行機の形になる様に

後ろに折ってひっくり返すと、左の様にタワーが燃えている(因みに右は

実写)まだまだ 5ドル 10ドル・・オカルト的な何かの暗示と言いたいのだ

ろう・・・この種の話がまだあだあるあるある・・・、

興味があれば「911テロ」で検索すれば、アメリカが当時ナーバスに

なって混乱状態にあった様が伺えるし、なおまだ尾を引いている様が

分る・・・真相・真実は「藪の中」か??? 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

de-pu

2010-04-15 20:11:28 | インポート
コメント
この記事をはてなブックマークに追加