新勝庵

元サラリーマン、映画・読書・芸術好き。
おんとし 92歳 です。

童謡 七つの子

2017-07-23 17:52:10 | 日記

明治15年~昭和20年 ・・ 童謡作詩の天才 「野口雨情」作曲家の

「中山晋平」 と共に 珠玉 の名作童話を残して来た。

       〝 七つの子 ” は大正一年の作品

      若き日の 野口雨情 ・・・ なかなかの イケメン!

         北茨城の母校の小学校に残る ・・・・ 歌碑

 ” カラス なぜ鳴くの  カラスは山に  可愛い七つの子があるからよ ”

不思議な 、意味のよくは 分からない 歌だが  ・・・・ こころに 滲む

というか? 日本の元風景 里山 をおもいださせる 大好きな歌  の一つ

今は、 カラスを可愛いと思う人は あまりいまいし、 今は都会では 増え

すぎて害鳥扱いだけど。


童謡 七つの子

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暑中見舞い | トップ | 風蘭の花の事 »

コメントを投稿