凡人日記

poco a poco でも成長を

田村真寛springliveへ行ってきました

2017年03月07日 | コンサートレポート
本日はこちら


配布プロなしの約一時間半のライブであった。
前半は海外の、後半は日本人の作曲家を取り上げていた。

全体はポップス(とまとめてしまうのも失礼だが)よりの曲で、クラシックはギリギリでイベールの室内小協奏曲ぐらいであった。


ライブハウスということもあり、PAありであったが存分に氏の音色を楽しむことができた。

初めて聴くが多く、特に長生氏のコル・トレーノは技巧的ながら随所にタイトルになっているアレ(笑)が見えとても面白い曲であった。


田村氏の演奏を聴くのはいつぶりだろうかと思いを馳せながら聴いていたが、恐らくはドルチェ新宿での一夜限りの~が最後ではないのかと思う。
今年度に入り何度か機会もあったのだが、場所や時間の関係で見事に伺えずやっと聴くことができた。

氏には浪人中に一度だけレッスンを受けたことがある。
いまでも忘れられないほど刺激的であり、僕の思考が一気に変わったと言っても過言ではないレッスンであった。
そのときとは違った奏法に見えたが、素晴らしいの音色であった。


技巧面もさることながら、とにかく音程が良い。
どうすればこんなにも細かなところまで音程が良いのか、と思わず気になってしまう。

そして音程が良いと自然と音楽の中に入っていける。
それは同時に音程が悪いと聴くに聴けないと物語っているようであった。


とても幸せな一時であった。
またレッスンを受けたい。

ライブハウスの外からは東京タワーを望むことも出来た。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 帰省のお知らせ~インスタ始めま... | トップ | 本日発売 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL