凡人日記

poco a poco でも成長を

ふたりの背くらべ(2017)終演!

2017年11月27日 | 自分の本番


昨日のことですが、無事終演いたしました。
まず、ご来場いただいたみなさま、応援くださったみたさま、関係者のみなさま、本当にありがとうございました。

みなさまがいてこそ成立する演奏会です。
本当に感謝です。


さて、この企画の発端は野田さんととあることで天頂の恋をやろう。となっていたのですが、企画する度に流れていったので、どうせならコンサートをしよう!というところから始まりました。

僕個人の目標として、今年度は大阪、東京、高知でコンサートをする。ということにも偶然重なり、大阪でのトリオコンサート(sax&tp&pf)に続く東京公演となりました。
構成も僕のわがままで大阪と同じように、ソロとデュオとで組んでもらい、それぞれがしたいことをまとめ、プログラミングいたしました。

至らぬ点ばかりで、反省することばかりですが、多くのお客様より好評いただき幸せな時間となりました。


個人的な感想として、大阪公演ではMCが速すぎて何言ってるのかわからない。と言われたことを克服できたようなので良かったです。。
あと若干数の方からMC誉めてもらえたので何よりです。。

演奏はやはり本番では上手くいかないことが多く、普段ミスしないところでミスがあったりと思い返しても何でだろう。ということが多数。
あとは当たり前ですが、練習で出来ないことは本番でも出来ないと。

ダブルタンギングが出来たらいいなぁ~とか循環呼吸が出来れば楽なんだろうなぁ~と思いながら、挑戦しようと思った曲は印象的だったようで何より。

同門下とうたいつつも、僕は新たな門を叩き早2年、野田さんも卒業されて早1年。
それぞれ同門下とは思えないほどに変わり、異なった音色となっていましたが、それはそれで成長が見えたようで。

音色の違いはもちろんですが、それぞれの門下で大切にしてることも違えば、楽曲の捉え方も違うわけですが、どこらしらで繋がるのはやはり同門下だったと感じました。


こうして終わった後もいろんな方から、労いの言葉をいただいております。
本当に幸せな時間であったと感じます。


残すところ今年度のトリオコンサートは高知のみとなりました。
それまでにクラシックコンクールがあったり、様々な本番が控えてますが、もっと成長できるよう頑張ります。
これからも応援いただければ幸いです。


出演者のみなさま、関係者のみなさま、お疲れさまでした。
ご来場いただいたみなさま、応援くださったみたさま、本当にありがとうございました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昭和サクソフォーンオーケストラ第28回定期... | トップ | 演奏会のご案内 »

コメントを投稿

自分の本番」カテゴリの最新記事