凡人日記

poco a poco でも成長を

トリオコンサートを終えて

2017年10月09日 | 自分の本番



早いもので、去年の今頃か高木と計画し、今年の春先に遠藤にお願いして企画したコンサートも終わってしまいました。

長くなるかもしれないので、まずはお礼を。
三連休の中日にも関わらずお越しいただいたみなさま、本当にありがとうございました。
お客様がいなければコンサートは成立いたしません。ただただ感謝ばかりです。

そして共演してくれた、高木と遠藤もありがとう!
遠藤には選曲も無理をお願いしたり、高木には東京にいる僕の代わりにかなーり動いてもらって申し訳ない限りです。
フライヤーもプログラムもチケットもデザインは高木です。やってくれたことを上げればきりがないほどです。。
二曲も作品を書き上げてくれた、てらだ君にも頭が上がりません。素晴らしい作品をありがとう。

また、受付など手伝ってくれた二人も当日に色々と注文つけたにも関わらず、それ以上にサポートしてくれました。

そしてそして!遠方の方や、仕事で行けないと言いつつ、当日の朝まで予定を調整したくださったり、応援メッセージをくれた方々、ありがとうございました。

いろんな人に支えられ、いろんな人から応援いただいたお陰で最後まで諦めずに吹ききることが出来ました。



さて、サクソフォーン、トランペット、ピアノと珍しい編成でのコンサート。
サクソフォーン二本も計画しておりましたが、いずれするだろうと言うのと、せっかくなら珍しいことをしたいと思い、今回はこの編成を選びました。
楽曲はもちろん少なく、また難易度が高いものばっかりであったり。
そこで、苦楽を共にしてきた友人のてらだ君にお願いして、何と二曲も書いてもらいました。

本番の日取り合わせは特に問題なかったのですが、個々が忙しいあまり、合わせに時間が取れなかったり、色々と問題もありましたが、何とか最低限のことは出来たかと。
オーバーレインなどは最初はどうなることかと思いましたが、二人ともさすがで二回目に通した時にはほとんど形なっていました。
素晴らしい共演者と演奏できたこと、本当に嬉しく思います。

思うことは山ほどありますが、全部かいてたらきりがないので箇条書きで…

まずは反省点↓
・最初の段階でフライヤー多目に注文してもよかったかな
・プログラムはさっさと確定したかった
・協賛ももうちょっと粘れたかも
・集客力…
・演奏中に何があっても良いように、全曲暗譜レベルで
・音程に難あり
・めっちゃゆっくりしゃべってるつもりが、かなり早かったそうなので普段の会話からゆっくりしよう
・無駄な出費はなるだけ減らそう


良かったこと↓
・音色を誉めてもらった
・来てくれた人からは好評をいただいた
・委嘱作品が予定通りに完成したので、何とか演奏しきれた
・フライヤー、チケットなどのデザインは慣れてる人に任せて良かった


初めての自主企画でわかったこと↓
・演奏以外の準備のストレスではげそうになった
・スタッフもメンバーもサポートしてくれて、無事終演した→いきなりソロでやらなくて良かった
・集客は大変
・島之内は思いの外、響いた
・応援してくれる人はとことん応援してくれる
・大阪の同級生めっちゃ少ない
・集客は大変
・MCも大変


などなど、現段階で思い浮かぶことですが。。


今回、たまたまですが自分のソロで選んだ曲がタンギングばかりでわかったのですが、舌のつきかたやシラブルももっと考え直さねばいけない時期に来たのかもしれません。
集客はほんとに大変ですね。。一番のストレス要因であり、一番の心配要素でしたが、やはりそこがネックかな。。
いろんな箇所に報告してますが、すくねっ!とダイレクトに言われることもあり、難しさと辛さをひしひしと味わっております。


が、僕が大阪時代からお世話になっている方々から、(以前と比べて)東京行ってかなり音が良くなったね。とお誉めの言葉をいただき嬉しく思います。
いまの門下になってから一年半?ぐらいが経過したわけですが、やっとそれらしくなってきたのではないかと。
あれだけかからなかったヴィブラートもかかるようになり、ファですら外していたハイトーンもフラジオ全部当てれたし、、、東京行って良かったと感じる次第であります。
また、在阪の若手スーパージャズマンの同級生が駆け付けてくれ、音色もですが、カイルの音を良く言ってくれました。
それに付随して楽器の音やクラシック奏者の音など、ジャズマンから見た意見ももらえ、有意義な時間を過ごせました。


長々となりましたが、無事開催出来て良かったです。
勉強になることばかりで、これからに繋げていきます。
また、トリオコンサートも通年企画で進めていこうと思います。
さすがに来年も同じメンバーでとは行かないとは思いますが、またこのメンバーで出来ることを願っております。

みなさま、本当にありがとうございました。
また、プログラムノート代わりに投稿していたブログ記事も読んでくださっていた方もいらして、本当に嬉しく思います。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トリオコンサート大阪・曲紹介(トリオ編) | トップ | 東京帰ります »

コメントを投稿

自分の本番」カテゴリの最新記事