凡人日記

poco a poco でも成長を

東京ライブ曲紹介⑤

2017年11月23日 | 自分の本番
いよいよ紹介記事も最後となりました( ´・∀・`)

最後は今回のメインのこの曲!

(※以下の写真では分析用にコピー譜を用いています。ご了承ください)

吹奏楽曲はもちろん、サクソフォーンの作品でも人気がある長生淳さん。
アレンジであろうと、オリジナルであろうと長生さんの香りは残りますね。

掴みにくい和音ですが、それゆえに少し浮遊感のある進行が特徴的。
そこから不意にシンプルに和音に入った瞬間がかっこいいですね。興奮します。


天頂の恋と題されたこの曲は、みなさまご存じの七夕物語になぞられています。
ソプラノパートを織姫に、テナーパートを彦星に見立てられているそうです。

僕の「勝手な妄想」と共に、詳しく見ていきましょう。。。


物語は7/7の前夜から始まります。

短三度のアフタクトの印象的なモティーフから始まる、ピアノはまるで天の川のよう。(b-moll)

七夕の夜にだけ会うことを許された二人は、一年の楽しみを明日に控えています。
天の川のメロディーを織姫(S.sx)が歌い始めます。
時を同じくして、彦星(T.sx)も織姫を想い天の川のメロディーを歌います。

一見絡んでいるかのような二人の歌は、それぞれを川を隔てているため若干のズレがあるのがまた良いですね。
途中で一致したり、またズレたり、互いを想い合う気持ちが伝わってきます。

また天の川がメロディーを奏でた後、それぞれのソロになります。
そのままカデンツァへ。

二人の想いは伝わったように、カデンツァも途中から同じ動きになっていきます。

そして眠りについたかのように、静まり天の川へと場面が変わっていきます。

ピアノの複雑なリズムが若干不安を感じさせます。少し天気が悪いよう。
彦星が目覚め、ゆったりと仕事の支度を始めます。
ついで織姫が目覚めます。織姫のメロディーは転調して明るくなっています。
曲もだんだん速くなっていく様子は、朝からの時間の経過のよう。

Andantinoに入ってからは、夜に会えることを互いに楽しみにしているような
、前向きなメロディーになります。


Allegroは倍テンポになり、気持ちは増していきます。
ソプラノのメロディーをテナーが吹き、そしてそれらが短くなり交差する様は燃えたぎる気持ちのよう。
ピアノのシンコペーションも印象的ですね。


最後は二人で16音符を奏で、またAndantinoに戻ります。
仕事も終わり、いよいよ二人は会えることを楽しみに、ピアノのソロへ繋がるます。

またAllegroに入りますが、朝の不安が的中。
雨が降りだし、水かさが増し川を渡れなくなってしまいます。
ここのピアノが右手は下行、左手は上行したり、その逆を取っているのが面白いですね。

しかし二人はめげずに会おうと互いに想い合い、歌い合います。

それまでフラット系だったのが、いきなりシャープ系に変わります。
まるで希望の光が顔を覗かしたような、明るみが出てきます。

ここまでばらばらだった動きがここから揃います。
とりわけ、一瞬Cの和音が希望の光と言うところでしょうか。
これまでの複雑な進行による不穏な空気が一気に晴れるよう。
僕の大好きなポイントでもあります。

そしてソプラノとテナーによる怒濤の16分音符による畳み掛け合いが印象的。
ここはカササギが群れをなして、天の川に翼をつらねて橋となっていくようにも感じます。
また、ここのピアノのベースが半音進行しているのもかっこいいポイント。


そして橋を渡りやっと二人は会うことができます。(Grandioso)
幸せの二人の様子がメロディーも曲調からも感じ取れます。
冒頭がb-mollに対し、ここは平行調のDes-durになっているのも幸せが溢れ出しています。

しかし幸せな時間もあっという間。
ピアノが八分音符で少しずつ音をぶつけては解決を繰り返して、冒頭の天の川のメロディーを歌います。

今度は二人で、直接互いに語りかけるように歌います。

次会えるのは一年後ながら、その日をすでに楽しみにしているような、ゆったりと時は流れ、7/8を挟んだり、冒頭よりも熱く想い合います。


またピアノの間奏を挟み、二人は離ればなれになりながらも、悲しみよりも喜びに溢れた様子。
急にユニゾンになる辺りからも感じられますね。

最後は短三度でハーモニーを奏で、ピアノも短三和音を奏で曲は終わります。
まるで続きがあるように、暗いはずなのに暗くないような不思議な感覚。



難易度はやはり難しく、合わせるのが大変ですが、それ故に壮大かつ感動的な曲になっています。
メインにふさわしく、いい緊張で演奏できるようまだまだ練習に励みます!

残席わずかです!
当日お会いできること楽しみにしておりますヽ(o´・∀・`)ノ
写真も撮ってくださいー!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京ライブ曲紹介④ | トップ | いよいよ明日 »

コメントを投稿

自分の本番」カテゴリの最新記事