katsuまるはだかぁ 芸術家への道

モザイクアート一直線のkatsuくんの日記

クリスマス用の下地制作

2016-10-31 08:25:48 | モザイク教室
今日は高洲のサークル主催でクリスマスの教室を開いてくれるらしく、その為の下地作り。1枚の木で4枚取れるので、きりの良い数で12個彫っては見たのだけれど、ここまでで5時間。これからペーパー掛けとニス塗り、そしてフック付けとなるから、明日またやって見ないと判らないけれど・・・。

いずれにせよ、結構な手間が掛かるのね。本当は何とか1日で終わらせたかったんだけれど、流石に日曜日だし、朝から彫るってやりずらかったんで、遅くした分、暗くなってきたし、じっとしている分、冷えちゃってね・・・・。寒くて終了。

昔なら、暗くなったし・・・とアトリエ内でペーパー掛け・・・なんて事も出来たが、今は完全にお部屋だし、そう言う訳には行かないので、その後の時間は今後に使えそうなもので、どうするかな・・・?と考えていて・・・あっと言う間に12時前に・・・。

そんな中、酔ったすーさんがやって来て・・・忙しくて困った時だけで良いから、手伝いに来てよ・・・って。まぁ困った誘い方をする人なのね。
これが力づくで誘うなら、きちんと悪いけど無理・・・・と言えるのだけれど、この誘い方の意味が判るだけにきつい・・・。

要するにただ向こうの都合って言うのをお金と引き換えにする・・・通常の仕事ってもので誘うのなら断れるのに、明らかに俺の事を心配した上で誘っている事が相当含まれている・・・・。先日の日高氏の話の後なんで、非常に優しく感じる・・・。

ただ、どの人も最初はみんなそう言う気持ちであったりするのだけれど、継続して行く事は難しいもので・・・一応、こんな話をしたのね。まず、きっちりお断りした訳じゃない事を判って貰いたい・・・・それと、断りずらい誘い方に困っている・・・・と。

正直、今の関係が良好ならこのままが良いんじゃないか・・・・と思っている。その今の関係とは、大家さんのお兄さんであり、その人が昔馴染みなんで、頑張れ・・・と協力をしてくれる・・・こんな関係。これには利害関係が余り含まれていない。

それがもしすーさんの仕事に行く事になると、一体俺はいくらなんだ?って言う事が発生する。要するに俺の作品の値段みたいな悩みが発生する・・。俺を助けたい・・・と思う値段を付ければ、いつか続かなくなるだろうし、賃金とのバランスを考えた時に、文句の1つも言いたくなるだろう。

とは言いつつ、では俺が楽になる誘い方になるように・・・と安い値段では、すーさんの俺を助けるって気持ちの賃金にはならない。要するにこの時点で、忙しいから・・・と自分の都合を多めな分量での誘いでは無いって事が良く判る。

そもそもお金じゃ動かないのは良く判っているのだから・・・。それなら誘われるがままにとっくにやっているのだから。

だから正直、有難い。ただ、こんな事もある。正直、すーさんとタイル仕事をするって言うのは凄くプレッシャーになる。そもそもが現役の時でも引け目を感じていたのに、15年も離れた今、このポンコツに何が出来ようか?・・・更に現役の時の俺を知っている人にその仕事を見られる・・・。

正直、こんな事して得たお金と引き換えにすーさんとの今の関係を崩すきっかけにはならないか?・・・・果たしてお互いに今のままでいられるか?と考えたりする。ともかく、今日の所は断らなかった・・・・で勘弁してくれっ・・・・って言うと、苦笑いしていたから何か伝わったんだろう。

4年間疎遠になっていたけれど、毎日目の前にいて、こうして時々来て話して、新しい情報を更新して、その上でのすーさんの話なのだから、そう簡単には答えは出ない・・・がしかし、この話は有難う以外に返す言葉は無かった・・・・。


ジャンル:
習い事
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カルビ、みどりの親子教室 | トップ | クリスマスのオブジェ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。