goo

近代麻雀 感想

近代麻雀 2016年11月01日号


麻雀最強戦2016 サイバーエージェントカップ



「雀力、運、容姿、コネ、なんでもいいので、自分の持てる総ての力を駆使して勝ち抜いてください。」

 なんでもいいんだ(笑)。
 枕やコネでの勝ち上がりが公認されてるんだ。
 麻雀界、腐ってんな~。




鉄鳴きの麒麟児 ~歌舞伎町制圧編~

 桐谷一人が、鳴く度に千点支払う「セレブリティルール」。
 作中でも言われてるけど、こんなの単なるイジメだな(笑)。
 まぁ、桐谷が強くなり過ぎて、このくらいのハンデを付けないと勝負にならないのかも知れないが。

 さて、ダンラスで親番も失った桐谷は、ここからどうやって逆転するのだろう?




鉄牌のジャン!

 新キャラ、百蘭王登場。



 いたね、こんなキャラ。




むこうぶち



 安永がいない事を残念がる、秀さん可愛い(笑)。


 条二、日陰の後は、呼んでもいないのに勝田さん登場(笑)。



 手をパタパタされ、追い払われる勝田さんに笑った。


 結局、鵺を思わせる祐太の麻雀も、傀には通じず敗北。
 でも、4回戦オーラスで祐太が見せた、地和を拒否しての大三元狙いはすばら。
 そして、掴まされたを止め、祐太から緑一色を和了ってみせる傀も流石だった。

 傀と祐太、突然に始まった野試合だったけど、なかなかに面白かった。
 まだまだ二人の間には差がある様だが、次回対戦時はどうなっているだろうか?




次号予告



 おお、次号から『バード』の新章が始まるのか。
 闘牌部分はともかく、ギャグには期待している(笑)。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 近代麻雀 感想 週刊少年ジャ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。