goo

週刊少年ジャンプ 感想

週刊少年ジャンプ 2017年14号 感想


Dr.STONE

 新連載。
 原作は『アイシールド21』の稲垣理一郎で、作画は『サンケンロック』のBoichi。



 物語の舞台は何処にでもある平凡な高校。
 だが、主人公が意を決してヒロインに告白しようとしたある日、世界に異変が訪れた。



 突如として謎の光が走ったかと思えば、



 次の瞬間、人類は誰一人抗えず、石化してしまう。

 石化するのは肉体だけで、衣服はそのままなのがエロいな。
 これを読んだ小さい子が、おかしな性癖に目覚めない事を祈る(笑)。


 石化した人間の意識が闇に飲まれ、次々に“死”を迎える中、主人公は強い意志で意識を保つ。



 そして、数千年後。

 理由は分からないが、遂に主人公の石化が解ける時が来た。
 先に目覚めていた親友と共に、主人公は自分たちで世界を取り戻す事を決意する。



 お~、インパクトのある展開に加え、スケールの大きな話でワクワクする。
 最近の新連載ラッシュの中では一番面白そう。

 ただ、主人公と親友が「アダムとイブ」になったらマズくね?(笑)
 あと、目覚めた時のために、親友がずっと秒数を数えていたのは、凄いけど頭悪いと思う(笑)。
 太陽が昇った回数だけ数えれば済むものを、どうして秒数まで数えたし?

追記(3月6日)
 コメント欄の指摘に基づき前言撤回。石化中は目が見えない様だ。
 でも、目覚めた後に天体の位置でも調べれば、大まかな暦くらい分かるだろ(笑)。

 なお、現在は西暦5738年の10月5日らしい。嫁の誕生日翌日だ。


 ヒロインも可愛くて良かった。



 微妙に変な喋り方がツボ。


 もっとも、一番可愛かったのは、



 この犬だけどね(笑)。
 大好きな飼い主が石化しちゃって、かわいそかわいそなのです。




腹ペコのマリー

 第2話。



 ヒロインの赤面可愛い。



 へぇ、何かのキッカケで、外見と中身が同時に入れ替わるんだ。
 タイトルと前ページの描写からして、空腹がトリガーなのかな?




左門くんはサモナー

 アンリ・マユに固執するベルゼビュート。



 最高のババア(笑)。
 作中でも何度かツッコまれてるけど、やっぱり好きなんじゃないのか?


 アンリは、そんなベルゼビュートに捕まり、幽界の大牢獄にて囚われの身となってしまう。



 最強のアンリが囚われた理由は、左門くんの命を盾にされたから。
 人質は、実際には取らずに脅迫するのが効果的だって蔵馬が言ってた。
 アンリには優しい左門くんだけに、自分が原因というのはショックだね。



 互いに互いを敵視する左門くんとベルゼビュート。
 これは、もしかして、またシリアス編突入の流れ?


 「赤き竜」として左門くんを迎え撃つに当たり、名乗りを上げたのは何とネビロス。



 仮令本意ではなくとも、立場の違いで戦わなければならないというシチュエーションは好き。




斉木楠雄のΨ難

 梨歩田依舞、久々に登場したと思ったら、照橋兄のファンになっていたとは。



 「むが立ち」や「むがウォーク」は笑った。




約束のネバーランド



 成程ねぃ。
 ロープはそうやって、遠心力を利用するために使うのか。


 ノーマンの下見により、飼育場の周囲は断崖絶壁だと判明。



 唯一、本部からは外への橋が掛かっており、脱出経路はそこしかない様だ。
 橋に警備員や監視カメラでも置かれていたら絶望的だな……。


 約束を破り、戻って来てしまったノーマン。



 このまま退場なら面白いけど、モノローグと矛盾するから、何か「生き返る」策があるんだろうね。
 そういや、結局誰も骨は折らないのか……。




火ノ丸相撲

 相手の手を付かせようとしたり、足を抓ったりと、相変わらずトリッキーな兵藤真磋人。



 でも、純粋に相撲が好きで、バカな行為も全て経験の差を埋めるための試みだというのが良いね。

 一方、千比路にとっての相撲は目的ではなく、あくまで総合格闘技の頂点に立つための手段。
 純粋な真磋人たちと比べたら、自分は不純なのではないかと引け目を感じていた様だが……、



「チヒロ… 誰かと比べなくたっていいじゃねぇか その気持ちは」



 潮の言葉が聞こえたのか、「俺だって… 相撲が好きだ!!」と、吹っ切れるところが良い。

 ただ、「心」で互角になっても、「体」は真磋人の方が上だから、千比路が勝つのは厳しいかな?
 この試合は、その「体」がテーマになりそうだし……。




U19



 内閣総理大臣を拉致。
 国会を占拠して政権を終わらせる。
 発想が完全に革命主義のテロリスト……。



 コイツ、勉強したくないだけじゃないのか?(笑)

 でも、素行不良で成績も悪い奴は、どの道、大学合格も望む就職も出来んだろ。
 逆に、主人公が素行を改めて成績を上げれば、ヒロインと同じ学校に行けるのでは?
 国家転覆を目指すよりも、よっぽど現実的で前向きな方法だと思うのだが……。




青春兵器ナンバーワン

 今回は、零一がバイクの免許取得に挑戦。
 そこに行けば1日で、しかも無料で取得出来ると言って、訪れた場所が……、



 まさかのMAPPO入隊試験場(笑)。
 そりゃ、超法規的組織のエージェントなら、免許くらい取れてもおかしくないが。

 そして、零一に誘われた委員長も、一緒にMAPPO入隊試験を受ける事になったのだが……、



 委員長スゲー!!

 意外過ぎる特技。
 ゴローとセットで、着々と作中最強キャラになりつつある様な。




ゆらぎ荘の幽奈さん



 お~、生前の幽奈は、黒髪ロングの儚げな美少女かぁ。
 今まで雲雀ちゃん推しだったけど乗り換えるわ。




コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )
« 咲 -Saki- 感想 近代麻雀 感想 »
 
コメント
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-03-06 22:49:07
作中の描写からして、石化のせいで真っ暗闇だった模様。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-03-06 23:34:15
>逆に、主人公が素行を改めて成績を上げれば、ヒロインと同じ学校に行けるのでは?

一緒の学校に行くのが最終目標ならそれでもいいかもしれないけど
それだけ頑張って奴隷みたいな自由度じゃやる気出ないでしょ
 
 
 
Unknown (katsu666)
2017-03-06 23:48:34
>作中の描写からして、石化のせいで真っ暗闇だった模様。
ありがとうございます。読み落としていました。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-03-06 23:50:48
勉強したくないといってしまえばそれまでだと思うし我慢して勉強した方が遥かに楽ってのは確かでしょうね
でもだからといって作中世界の異常性がなくなるってわけでもないですからねー
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-03-07 01:27:50
黒髪ロング美少女は大正義ってはっきり分かんだね…
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-03-07 15:38:37
DQ7で村全体が石化し、元に戻す方法も長い年月の風雨が原因で石像は崩れて、戻れなかった始末だったのを思い出した
 
 
 
Unknown (Unknown)
2017-03-08 23:59:51
腹ペコのマリー

前週のジャンプの感想でTSもの嫌いって言ってたくせに読んだ上に感想書くんだ…
へぇーーー(呆)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。