季節の便り

四季の移ろいを伝えたい。

バラ園を撮るⅡ

2014-05-20 16:26:30 | 写真

 直射日光を避けながら色彩の変化を追う。



 最後は多重でソフトな雰囲気を。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バラ園を撮るⅠ

2014-05-19 11:25:05 | 写真

 兵庫県伊丹市「荒巻バラ公園」西を流れる天神川の堤防に接する10mの高低差を利用、立体的な花壇配置が特徴。

 レンガ作りの植え込みの間を水が流れ、タイル張りの円柱、スパニッシュ瓦を葺いた白壁の建物等、南欧風の空間を演出しています。

 「プリンセス・ドゥ・モナコ」フランス原産、開花と共に変化する色合いが人気を集める。

 蕊の繊細な造形に注目。
 
 白壁をバックに赤が印象的です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風薫るⅣ

2014-05-12 13:16:21 | 写真

 琵琶湖疏水から流れ出た白川沿いを歩く、三条通りをスタート河岸の柳の新芽が午後の陽光をいっぱい受けて眩しい。

 白川をまたぐ一本橋「行者橋」の立て看板があり比叡山の千日回峰行の行者が最後に渡る橋と説明文、記念撮影をする人々。

 祇園白川通、川辺で新婚カップルの写真撮影。

 川沿いに祇園のお茶屋が並ぶ白川南通の三叉路「巽橋」から下流を見渡す、近くに芸事で信仰を集める辰巳大明神があり舞子に出合う機会が多いスポット。

 南に延びる昼下がりの路地、風情のある街並みがひっそりつづく。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風薫るⅢ

2014-05-10 20:21:43 | 写真

 茨木市「若園公園」市の花に制定されているバラが咲き始めていると聞いて出かけた、昼下がりの園内ランチを楽しむ人々が。

 展望台、噴水池、円柱が配置されたヨーロピアンガーデン、150種、2,300.本のバラが咲き誇る。

 花に水滴を噴射、アクセントをつけてクローズアップ、花の形と色彩の変化を9楽しむ。



 蕊に特徴がある品種、「ホワイトウイングス」と表示されていました、白い花弁が印象的。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

風薫るⅡ

2014-05-08 21:44:35 | 写真

 京都蹴上浄水場のツツジ、5月連休の3日間特別公開される、高台に設けられた給水池の斜面に見事に手入れされた色とりどりのツツジ。

 この期間高所に設置された給水池のメンテナンス用の道路が遊歩道として開放、多数の見物客が詰め掛けていました。

 琵琶湖疏水を引き入れ日本最初の急速濾過式浄水場として明治45年(1912年)以来京都市民の水がめとして飲料水を供給してきました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風薫るⅠ

2014-05-05 09:37:23 | 写真

 第23回「こいのぼりフェスタ1000in高槻」が行われた高槻市芥川桜堤公園、上流の川岸から下流を見渡す。

 メインのイベントが予定されていた29日は雨のため中止、この日は快晴、白雲が浮かぶ空に1000匹が勢いよく泳ぐ。

 子供の日も近く遠足の子供たちもやってくる。


 手作りの幼稚園児のこいのぼりも登場。
 
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

往く春Ⅲ

2014-05-03 21:47:30 | 写真

 水仙園のあぜ道にタンポポが咲いていました、時系列でタンポポの種子が旅立つ様子を追ってみる。

 花弁を落とした後、蕊が成長して円形の綿帽子が完成。

 根元の種子を抱いて飛び立つ準備完了。

 風上から吹く風に乗って新天地に向って飛び立つ。

 最後の数粒が残る先端、別れを惜しむようにぶら下がる一粒の種子が見える。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

往く春Ⅱ

2014-05-02 20:22:27 | 写真

 日本庭園を歩く、心字池の畔に初夏の到来を告げるツツジが咲き始めていました。

 さらに東へ向かう、蓮池周辺の藪かげに見つけた「シャガ」アヤメ科の草木で竹林や木陰の暗い場所にひっそりと咲く。

 白タンポポの群生、低い位置に固まって咲く。

 池の岸で見つけた黄金色の山吹、バラ科で八重と一重がある、山吹色とたとえられるように鮮やかな輝きを見せる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

往く春Ⅰ

2014-05-01 21:33:33 | 写真

 4月29日までチューリップのイベントが行われていた万博自然文化園、花はすっかり盛りを過ぎて終わりを迎えようとしていました。

 一列に並んだ赤、緑の木立を背景に最後の輝きを見せる。

 形の面白さと色彩の変化を追ってみる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加