季節の便り

四季の移ろいを伝えたい。

神戸街歩きⅢ

2016-10-17 11:16:51 | 写真

 デンマーク・ハウス石造りのアーチをくぐり急坂を下る。

 神戸異人館街のシンボル「風見鶏の館」逆光の空にシルエットが浮かぶ。

 明治42年(1910)ドイツ人貿易商「ゴットフリート・トーマス」が自邸として建設、レンガ造りの壁が残る唯一の建築物、国指定重要文化財。

 日が西に傾き異人館街を後に北野坂と呼ばれる坂道を下り三宮方面に向かう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神戸・街歩きⅡ | トップ | 神戸街歩きⅣ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL