季節の便り

四季の移ろいを伝えたい。

街道を往くⅢ

2016-11-05 19:55:19 | 写真

 飛騨高山から中部山岳地帯を超えて信州松本市へ伸びる国道158号、乗鞍岳への分技の標識、カラマツの色合いが濃くなる。

 平湯温泉から旧道を登り安房峠(標高1,790m)展望台、正面に穂高連峰の山並みが秋空に聳える。

 付近の山腹にはすっかり葉を落とした「ダケカンバ」の疎林、白と緑のコントラストが美しい。

 右に目を転じると山並みの向こうに明神岳の山頂付近が見える、明日朝に予定している上高地の前面に聳える峯だ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 街道を往くⅡ | トップ | 街道を往くⅣ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

写真」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL