季節の便り

四季の移ろいを伝えたい。

街道を往くⅥ

2016-11-08 10:56:38 | 写真

 今回の旅の最終日、早めのチエックアウト、一之瀬園地の白樺樹林を見納めに乗鞍林道を下る。

 東海北陸道、長野自動車道等の開通により当初有料のこのルートは現在無料開放中、対面の全山紅葉が朝日を浴びて見事。

 野麦峠に向かう街道から分かれ木曽川源流域へ峠を越える、国道19号(旧中山道)立ち寄った「道の駅」東西中間の標識がありました。

 島崎藤村の代表作「夜明け前」の舞台「妻籠宿」江戸時代から受け継がれてきた風情ある宿場町の雰囲気、外国人観光客に人気。

 急な坂道を挟んで建てられた宿場の最上段、手打ちそば店の店先に、京へ五十二里半、江戸へ八十里半の標識が建つ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 街道を往くⅤ | トップ | 嵯峨野の秋Ⅰ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL