マダムようの映画日記

毎日せっせと映画を見ているので、日記形式で記録していきたいと思います。ネタバレありです。コメントは事前承認が必要です。

ラ・ラ・ランド

2017-03-08 10:40:21 | 映画ー劇場鑑賞

ーラ・ラ・ランドーLa La Land

2016年 アメリカ 128分

 

監督・脚本=デミアン・チャゼル キャスト=ライアン・ゴズリング (セバスチャン(セブ)) エマ・ストーン (ミア) ジョン・レジェンド (キース) ローズマリー・デウィット (ローラ) J・K・シモンズ(ビル) 

 

【解説】

『セッション』などのデイミアン・チャゼルが監督と脚本を務めたラブストーリー。女優の卵とジャズピアニストの恋のてん末を、華麗な音楽とダンスで表現する。『ブルーバレンタイン』などのライアン・ゴズリングと『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などのエマ・ストーンをはじめ、『セッション』でチャゼル監督とタッグを組んで鬼教師を怪演したJ・K・シモンズが出演。クラシカルかつロマンチックな物語にうっとりする。

 

【あらすじ】

何度もオーディションに落ちてすっかりへこんでいた女優志望の卵ミア(エマ・ストーン)は、ピアノの音色に導かれるようにジャズバーに入る。そこでピアニストのセバスチャン(ライアン・ゴズリング)と出会うが、そのいきさつは最悪なものだった。ある日、ミアはプールサイドで不機嫌そうに1980年代のポップスを演奏をするセバスチャンと再会し……。(シネマトゥデイ)

 

【感想】

ゴールデン・グローブ賞や、その他の賞レースでも軒並み主要賞を受賞、アカデミー賞にも過去最多のノミネートを記録したこの作品。

なんとかアカデミー賞授賞式の前にと、公開初日に観に行きました。

 

金曜日の午後でしたが、劇場は満員、話題作だなあと思いました。

 

そしてオープニング、渋滞でイライラした人たちが歌い踊り始めます。

ここが素晴らしい。

ワンショットの長回しも功を奏して、音楽、人、ダンスが一体となってこれから始まる物語を盛り上げました。

 

ストーリーは単純。

女優志望のミア(エマ・ストーン)の奮闘と、ジャズを志すピアニストのセバスチャン(ライアン・ゴズリング)挫折。

二人の出会いは決して運命的ではなく、お互いを理解していくことで成長していくという感じです。

だからミアに千載一遇のチャンスが訪れた時、セブは快くミアを送り出したのでした。

 

失ったものと得たもの。

それがラストで語られ、今も決して不幸ではないけれど、もし〇〇だったら…という思いがミアの妄想となって現れます。

 

ここがとてもいいんです。

誰にでもあることですよね。

この共感がこの作品の新しさだなあと思いました。

 

アカデミー賞は作品賞発表の不手際で台無しになってしまいましたが、いい作品には違いがありません。

監督賞(デミアン・チャゼル)、主演女優賞(エマ・ストーン)、その他4部門を受賞しました。

  エマ・ストーン

ミュージカル嫌いにはきついかもしれませんが、誰でも楽しめる楽しい作品だと思います。

超オススメです。

見終わった後に、じわじわきますよ。

ライアン・ゴスリング 

私はライアン・コスリングもエマ・ストーンもお気に入りの俳優さんです。

ライアンの演奏シーンも吹き替えなしだというし、二人のダンスも初々しくて素敵です。

二人のいろんな表情が心を捉えます。

 

デミアン・チャゼル監督は、この作品の構想が先にあって、資金集めのために作った「セッション」も高く評価されたということなので、その実力は計り知れませんね。

アカデミー監督賞では最年少記録となる若干32歳。

これからが楽しみな若い人たちの作品でした。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (9)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シングストリート 未来への歌 | トップ | 太陽のめざめ »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (ちっぷ)
2017-03-08 11:26:12
誰もが楽しめる作品だと思います。
もちろん私も観ましたよ。
ライアン・コスリングもエマ・ストーンもこれからどんどん伸びてゆくでしょう。
永遠の名作です。
    
     
面白かった・・・けど (NAKAちゃん)
2017-03-08 13:23:39
アカデミー賞、びっくりしましたよね?!
でも忘れられない作品になりそうです、笑!

私的には ラストがちょっと不満。
でもこの展開が この作品の良さで評価されているところなのでしょうね!

二人のダンスシーンは素敵でした。
「ラブアゲイン」 でも二人は恋人同士を演じていたのですね。
今まで 気にしていなかったライアンゴスリング 今ちょっと追っかけてます。単純。笑!
おはようございます (ちっぷ)
2017-03-10 06:56:00
文句なしに素敵な作品でした。
もう1度観に行こうかと思っています。
デミアン・チャゼル監督はこれから先、どれほど大物になるか楽しみな人です。
この中ではエマ・ストーンがお気に入りです。    
ちっぷさんへ (マダムよう)
2017-03-13 09:38:04
コメントの公開が遅くなってすみませんでした。

いい作品でしたね。
若い監督の才能が感じられる作品で、これからも楽しみです。
私もエマ・ストーンは好きです。
ライアン・コスリングもずっと追いかけています。
なかちゃんへ (マダムよう)
2017-03-13 09:39:50
なかちゃんはすっきりしたハッピーエンドがお好みね。
私はひねくれ者なので、このラスト大好きです。
この映画、初めから終わりまでお気に入りです。
途中、ちょっとだれたんだけどね。
まあそのくらいは大丈夫。
楽しい作品だったわ。
こんにちは (ちっぷ)
2017-03-18 10:35:39
まったく関係のない話で恐縮ですが、マダムは阪神ファンなんですね。
私は広島カープに夢中です。
両方のチームが上に行きそうな気分がしてしょうがない。
一生懸命に応援しましょう!
ちっぷさんへ (マダムよう)
2017-03-22 09:02:32
私は父の影響で阪神ファンです。
広島、強いですね。
今年も広島でしょう!!
WBCでの活躍もすごいですねえ。

私も一度は広島球場に行ってみたいです。

阪神にも頑張って欲しいです。
開幕前が一番盛り上がりますね。
じわじわときますね〜 (はお)
2017-03-26 07:10:16
主題歌(?)がポップスベスト10で、2週連続1位だったのも含めて最近ラジオでその曲がよく流れます。その度に、映画の冒頭や二人で踊る💃夜のシーンなどを思い出します。しみじみといい映画だったんだなぁと思っています(^ ^)
はおさんへ (マダムよう)
2017-03-26 10:52:36
楽曲がいいですよね。
それに、ミュージカルにありがちな、セリフが歌になるいうシーンが少なくて、とても自然に見られました。
楽曲や歌やダンスが良くて、ストーリーがわかりやすい、共感できる。
良いミュージカル映画の長所をたくさん持っている作品だとおもいました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画ー劇場鑑賞」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『ラ・ラ・ランド』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ラ・ラ・ランド」□監督・脚本 デイミアン・チャゼル□キャスト ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、キャリー・ヘルナンデス、      ......