マダムようの映画日記

毎日せっせと映画を見ているので、日記形式で記録していきたいと思います。ネタバレありです。コメントは事前承認が必要です。

ジェイソン・ボーン

2016-10-29 11:46:40 | 映画ー劇場鑑賞

ージェイソン・ボーンーJASON BOURNE

2016年 アメリカ 123

 

監督=ポール・グリーングラス キャスト=マット・デイモン (ジェイソン・ボーン)ジュリア・スタイルズ (ニッキー・パーソンズ) アリシア・ヴィカンダー (ヘザー・リー) ヴァンサン・カッセル (アセット) トミー・リー・ジョーンズ(ロバート・デューイ)

 

【解説】

記憶を失った暗殺者ジェイソン・ボーンの孤独な戦いを描くスパイアクションシリーズの第5作。シリーズ第2作、第3作を手掛けたポール・グリーングラス監督と主演のマット・デイモンが再びタッグを組み、自身の隠された過去の秘密をめぐり、ボーンが新たな戦いに身を投じるさまが展開する。CIAの元同僚役でジュリア・スタイルズが続投するほか、オスカー女優アリシア・ヴィキャンデル、『トランス』などのヴァンサン・カッセル、ベテランのトミー・リー・ジョーンズらが出演。

 

【あらすじ】

ひっそりと暮らしていたジェイソン・ボーン(マット・デイモン)の前に、CIAの同僚だったニッキー(ジュリア・スタイルズ)が姿を現す。彼女はCIAが世界中を監視・操作するための極秘プログラムを立ち上げたことと、ボーンの過去にまつわるある真実を告げる。これをきっかけに、再び動き始めたボーンの追跡を任されたCIAエージェントのリー(アリシア・ヴィキャンデル)は、彼を組織に取り込もうとするが……(シネマトゥデイ)

 

【感想】

「ボーン・アルティメイタム」のラスト、覚えていますか?

私は「絶対ボーンは生きている」と確信していました。

あれから10年。

ようやく、ボーンはスクリーンに帰ってきました。

「待ってました!」

 

10年の間、息をひそめて生きていたジェイソン・ボーン。

彼は記憶を取り戻し、殺人マシーンだった自分を消して、人々が賭けて闘う人間として肉体を駆使して生きた来た。

肉体を痛めつけることだけが、殺人を犯した自分の贖罪と言わんがばかりに。

 

そこにかつての同僚ニッキー(ジュリア・スタイルズ)が現れる。

ニッキーは危険を顧みずジェイソンにあることを伝えに来た。

それは、取り戻したはずの本名デビッド・ウェッブの記憶の、さらに奥にある知られざる真実。

彼の父親の死の真相にもまつわる話だった。

  ジェイソン・ボーンとニッキー

ジェイソン・ボーンはむくむくと立ち上がる。

ニッキーが殺され、CIAが手を替え品を替え追いつめて来ても。

追いかける側のトミー・リー・ジョーンズもよかった。

ヴァンサン・カッセルもよかった。

 

リー(アリシア・ヴィキャンデル)はどうかなあ。

ちょっと力不足?

 

でも、映画そのものがかっこいいです。

映画の作り方が、昔の劇画ややくざ映画みたい。

ジェイソン・ボーンのストイックさ、しびれるわ。

 

ラストのテーマソングまですごくよかった。

ジェイソン・ボーンに会えてよかった。

また会いたい。と思わせてくれました。

 

よかったー!!

 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヘイル、シーザー! | トップ | インフェルノ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (bee)
2016-10-31 23:06:05
マット・デイモンも年とったなぁ~~と見てて最初に思ってしまいました。
ボーンシリーズは全部見てるけど、一番最初の作品以外はあんまりストーリー覚えてないのよ

これね、観てて車酔いみたいになってしまったんですよ。
カメラが揺れる揺れる!
しかも、しつこくずっと揺れる!(笑)
観たいけど観たら気持ち悪くなる~~でも、観ないと!

と、半分目をそらしながらの鑑賞でした
でも、そのうち慣れてきたのか楽しめたけどね(根性?笑)
beeさんへ (マダムよう)
2016-11-04 15:46:14
そんなにカメラの揺れ、ひどかったかなあ?
マット・デイモン、確かに、年取ってるよね。笑!
トミー・リー・ジョーンズはすごい年寄りに見えたわ。
ヴァンサンも、年は取ってるよね。

私は面白かったわ。
シリーズ、全部DVDで持ってるし!!笑!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。