マダムようの映画日記

毎日せっせと映画を見ているので、日記形式で記録していきたいと思います。ネタバレありです。コメントは事前承認が必要です。

シングストリート 未来への歌

2017-03-08 10:34:09 | 映画ーDVD

ーシングストリート 未来への歌ーSING STREET

2015年 アイルランド、イギリス 106分

 

監督・脚本=ジョン・カーニー キャスト=フェルディア・ウォルシュ=ピーロ (コナー) ルーシー・ボーイントン (ラフィーナ) マリア・ドイル・ケネディ (ペニー) エイダン・ギレン (ロバート) ジャック・レイナー(ブレンダン)

 

【解説】

『ONCE ダブリンの街角で』などで知られるジョン・カーニー監督の半自伝的青春ドラマ。1980年代のアイルランド・ダブリンを舞台に、さえない日々を送る14歳の少年が一目ぼれした少女を振り向かせるためバンドを組み、音楽活動に没頭する姿を描く。主題歌を、カーニー監督作『はじまりのうた』に出演したマルーン5のアダム・レヴィーンが担当。音楽がつなぐ出会いや少年たちの青春を、デュラン・デュラン、ザ・クラッシュ、ザ・ジャムなど当時のヒット曲が彩る。

 

【あらすじ】

1985年、ダブリン。両親の離婚やいじめで暗い日々を過ごすコナー(フェルディア・ウォルシュ=ピーロ)は、音楽好きな兄と一緒にロンドンのミュージックビデオを見ることが唯一の楽しみという14歳。ある日、ラフィナ(ルーシー・ボーイントン)を見掛け瞬く間に恋に落ちた彼は、思わず「僕のバンドのPVに出ない?」と口走ってしまう。慌ててバンドを組んだコナーは彼女を振り向かせようと、クールなPVを撮るため音楽活動に奔走する。(シネマトゥデイ)

 

【感想】

女の子に振り向いてもらいたくて音楽を始めた、というのはよく聞く話。

この作品の主人公コナー(フェルディア・ウォルシュ=ピーロ)もそうでした。

学校の前の家のステップに佇む一人の少女ラフィナ(ルーシー・ボーイントン)。

ラフィナを見たその時、コナーの脳にはビビッと電流が走ったのでしょう。

次の瞬間、コナーは彼女に近寄り「僕のバンドのMV(ミュージックビデオ)に出てくれない?」と言っていました。

自分のバンドなんてないし、自分は細々と曲を作っているだけで、演奏経験もないのに!!

 

コナーは1985年のダブリンに暮らす中学生。

兄と姉、両親の5人暮らしだが、不況で父は失業中、母のパートの収入が一家の収入源だった。

兄ブレンダン(ジャック・レイナー)は大学をやめてニートになっているし、両親は不仲で離婚へ向けての協議中。

コナーは、今の私立中学をやめて、授業料の安い中学に転校するように言われた。

転校した中学の名前が「シングストリート」。

はっきり言って、荒れた中学。

おまけに校長が独善的で暴力的という、最悪の中学だった。

 

ラフィナは、シングストリート中学の向かえにある孤児院に暮らしていて、モデルになることを夢見ている。

ラフィナには年のずっと上の恋人がいたが、コナーは気にしない。

 

急遽、友達とバンド仲間集めをして「シングストリート」というバンドを結成。

どうにかMVの作成というところまでこぎつけた。

ラフィナも約束の場所に現れ、MVを取り始める。

 

個性的なバンド仲間が集まり、音楽への増資も深まり、オリジナル曲も増えていった。

その指導的な役割を果たしたのが、引きこもりニートの兄ブレンダン。

貧しさのために、自分の夢を諦めてしまったブレンダンが、コナーに教示するところがとても素敵です。

ここが見所という感じです。

 

ラフィナは恋人とロンドンへ行くが、失敗してまた帰ってきた。

コナーは学校での演奏し、校長の非難をする歌を披露して演奏会は大混乱に。

 

そしてコナーとラフィナはブレンダンに手伝ってもらって、おじいちゃんが残した船に乗ってロンドンを目指す。

 

10代の初々しい船出のラストです。

 

とても希望のもてる力強いラストでした。

ジョン・カーニー監督は「ONCE ダブリンの街角で」も「はじまりのうた」もハッピーエンドにはならなかったけど、この作品は爽やかなラストで、とても良かったと思いました。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロイヤル・ナイト 英国王女... | トップ | ラ・ラ・ランド »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画ーDVD」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。