加藤です

@katouseib

新規👇
https://yuidayozu-kokoronoki.jimdo.com

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最近思ってること(ブログ

2016-08-26 00:38:23 | 日記


身近に親に愛されなかった人がいる。
端から見たら私が勝手にそう思っているだけかもしれないが、私はその人よりも、ずっと幸せな日常を、おそらく送ってきた。私もいたずらに、病気と診断され、親子関係は悪くなったけれども、ようするに親がものすごい、私が病気になったことが心配だったんだと思う。誤診だと分かると私と親の仲は以前のような信頼を取り戻しつつあり、今年になると、ぎこちなさは全く無くなった。誤診の定義もあいまいなものだけれど、完全な診断などない事を痛感した。特に精神病などの問診に重きを置いた主観的な視点は、本人を一般化するという意味で、社会の黒い部分をも露呈してしまっていると思う。病名を公表することにより、安心した生活を送ることが出来る人は多い。私にはその気持ちが嫌と言うほどわかる。なぜならそれは自分の就職先を得たようなもの。でも、やめた。精神病は、そろそろ卒業だと。頭のおかしい奴はこの世にごまんといるし、子供を愛せない親だっているし、私は多少不安でも、幸せをかみしめている。つくづく、自分の親の元に生まれて良かったと思う。親に愛されなかった人を見て、私は自分が相手を傷つけていたことを知った。私の想像をはるかに超えていたのに、私は自分の価値観を押し付けすぎた。どんなに腐っても親だから。仲良くしてご覧よ。そんな言葉たちは、一見優しいけれども、一般論の、至って普通の日常を、送っている人が言う言葉にすぎなくて、親に”愛されなかった”人は、私以上に「親とは何か」について考え、試行錯誤し、自分の親を愛そうと葛藤し、どうにか頑張ろうとしてきたのではないだろうかと、かなり反省した。少しの想像で、理解出来るはずなのに、それが出来ないって、なんでだろう。だれかを傷つけてしまう時は、大概無責任だ。無責任に正論を述べ、後は知らない。自分に関係ないからいいやと、理解して出来ないことに蓋をして、見なかったことにする。見なかったことにする。見なかったことにする。見なかったことにする。見なかったことにする。目を開けろ私って言ってるから、意識的に開けてる。本当は、こうゆう社会の黒い部分を見ると涙も止まらなくなるし、考えられなくなっちゃうんだけど、こんな時にああ、これは絶対ミッションなんだと思うの。黒い部分を忘れないことが、絶対必要な何かを意味しているの。分かんないけど、いつも、誰しも、そうゆう意識的に目を逸らしちゃいけない何かをお膳立てされているはずだから。一個終わると、また次の黒い部分が来る。辛いけど、いまはちょっと違う。友達がいて、家族がいて、大事な今をもってるから、また一仕事して、笑顔で戻っていこうって。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さいきん

2016-08-13 18:40:08 | 日記


最近自分の殻に閉じこもっていたからか
なんとなくヒトに会うことも遠ざかって
しまったのだけれど、
少し会ってみようかしら、
今していることを置き去りにしてもいいじゃないという気持ちになり、
連絡を取ると本当に不思議
ちょっと心を開くだけで
幸せな時間が流れていく。
気がつくと上手くいってたりする。
お陰さまだなぁと思う。
ほんとありがとう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加