「わくわくする住まい作り研究会」

人間の生活の原点である「衣・食・住」の中で、特に、住まいに関し、さまざまな観点から問題点を解決していくブログです。

【カトリホーム】 一期一会の出会いを大切に ・・・ !!

2006-06-29 09:58:45 | 無理なく家づくり
 私は、最近、弊社の資料請求のお客様とメールで、「住まい作りに関する相談」を受け、「一期一会」をモットーに対応する毎日を送っています。
 昨日も、その中の一人、今月の初めからメールのやり取りをしているK氏が始めて弊社を来社して下さいました。そこで、私の住まい提案を聞いていただき、「K氏にとっての本物の住まいづくりとは、何か・・・」を二人で、真剣に考える中で、なんと、短時間(2H有余)のうちに、堅実な「K氏、夢のマイホーム実現計画」が完成し、見事、ご契約となりました。
 人によっては、「一生の住まいを、そんなに短時間に決めても大丈夫と・・・」安ずる方も居ますが、私自身は、そうは思いません。例え、マイホーム計画に、5年掛けても、10年掛けても、所詮・お客様に応じた良きアドバイスをしてくれる方が居なければ、一向にマイホーム計画は、進みません。ですから、長い時間費やしたかではなく、どれだけ短時間であっても、密度の濃い提案を受けたか、否かで、決定するわけです。
 そこで、私は、当初に話したように、お客様との「一期一会」の出会いを大切にしているわけです。常に、お客様と正面から向き合い、お客様目線で、真剣勝負しています。今回も、そんな私のお客様に対する思いが通じたのか、一気に契約となり、「K氏マイホーム実現計画」が始動したのです。HP:カトリホーム



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【カトリホーム】 「住宅ローンアドバイザー」って、なに !?

2006-06-24 07:20:20 | 融資問題
 私は、当社でファインナンシャルプランナーの資格を持ち、日常、お客様からのさまざまな将来設計に関する相談を受け、「ゆりかごから墓場まで」をテーマに、長期にわたって安心サポートしております
 そんな中で、先日、「住宅ローンアドバイザー」の講習会があり、当社の営業部に所属するアドバイザー全員に、お客様に対する提案力を身につけていただくため、1日・目一杯頑張ってまいりました
 さて、皆さん、人生最大の買物って、何か知っていますか???
 クルマ?マイホーム?それとも・・・果たしてなんでしょう。車でも、マイホームでもありません。それは、「住宅ローン」なんです
 現在、国内には、1000種類を超える「住宅ローン」と呼ばれている商品が存在します。その選択を間違えると、2000万円で購入したマイホームも、返済し終わるまでの間、例えば、30年間で、借入額の倍になってしまうことも、多々あるわけです。バブル期には、いくら返済しても、「未払い利息」が増えてしまい、元金が減らない状態になってしまったお客様も、あったわけです。これらのお客様の多くは、競売等によって家を手放さざる終えなくなり、悲惨なローン地獄になってしまったわけです。
 私たちは、私自身も、皆さんと同様の住宅ローン者であることを認識した上で、将来にわたって、ローン地獄に落ちない、転ばないローン計画を提案しています。そのためにも、今回、私と同じ視点で、お客様提案が出来るように、アドバイザー全員で、講習会を受けてまいりました。
 この講習会のテーマは、お客様に、いかに、わかりやすく、住宅ローンを説明するか、「いくら借りられるか」でなく、「いくら返せるか」を年頭に、取り組みました。
HP:カトリホーム
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【カトリホーム】 マイホームは、自己資金!?→住宅ローンを活用して建てる時代へ!

2006-06-19 07:45:36 | 将来設計
 つい先日、私の下に、一組の若いカップル(O様)が「結婚予定が決まったので、アパート家賃程度で、マイホームを持ちたい。」と相談に来られました現状では、若干、住宅ローンの金利も上昇しましたが、まだまだ、バブル期に比べれば、低金利なので、堅実な資金計画を提案、「ローンを返済しながら貯蓄をする方法」→「ローン返済しながら30年で、1000万円貯める方法」をアドバイスしました
 これから、人生のスタートを切ろうとしている若い二人には、非常に大切なことなのです。私たちも、結婚したてのころは、無計画でしたので、日々の生活が一杯で、貯金なんて到底出来ませんでした。
 そんな反省から私どものお客様には、いち早く、新たな人生のスタートから堅実な計画を立ってもらいたいと考え、3年前に、ファインナンシャルプランナーの勉強を始め、資格も取得し、日々お客様のため、活用しております。当然、自分自身の住宅ローンも、先日見直しを図ったら、一寸した考え方を持つだけで、低金利なローンに置き換えることが出来たので、400万円も、将来にわたってお得になりました
 そんな中でも、バブル期に高金利な中で、家を建て苦い経験を持っている両親の方は、今一納得できず、「お前らなんか。家を建てるのは、早すぎる。」と言われ、「何とか、親を説得してもらいたい。」と、若夫婦に頼まれ、昨夜も、相談者の実家に出向き、現状の時代背景、「低金利・地価暴落・建設資金も安価など・・・」を説明した上で、今や、住宅ローン、言わば、他人の金を有効活用して、住宅ローン減税までも、受けて、マイホームを持つ時代であることをお話しました。すると、若夫婦のご両親も、本当に感心され、「今後の二人の将来は、川口さんに任せるよ。」と、行っていただき、現在、「堅実なマイホーム計画」が進行中、・・・ing!?HP:カトリホーム
 
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【カトリホーム】 一つ屋根の下? → スープの冷めない距離へ ・・・ !?

2006-06-14 11:39:01 | ライフスタイル
 先日来から相談を受けている若夫婦、ことに、奥様から「いざ、同居している夫の実家を出て、マイホームを持つとなると・・・心配」との相談を受けました  確かに、嫁の立場とすれば、複雑な問題を含んでいます。しかしながら、お互いに若いと、各々の主張がぶつかり合い、時に大変な場面も、「一つ屋根の下で、暮らすとは・・・」嫁、姑共に、お互いを気遣う気持からストレスがたまってしまいます  そんなお互いの立場を考慮してか、・・・昔から言われている言葉の中に、「スープの冷めない距離」と言う表現があります  私は、一つの考え方として、ある程度近い距離の場所で、お互いの立場で、生活することによって、衝突も無くなり、かえって、お互いを気遣う気持も、生まれるのでは・・・  私のお客様の中には、こういう考え方の下に、アパートを借りて、出るよりは、自分の子供のための資産として、マイホームを建てて、しばらくの間、お互い風通しの良い関係で生活している方々が多くいます。これは、これからのライフスタイルとも言えるのでは・・・ HP:カトリホーム
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

【カトリホーム】 子思う、親の心(おもい)Part Ⅱ!?

2006-06-12 11:37:36 | ライフスタイル
 先日紹介した「奥様が息子のために、購入した土地を売ってください・・・」と言う案件のお客様の自宅を訪問した
 若いご夫婦がマイホームを持つことになったので、あらゆる面で、トータルサポートするため、家長である父親にも、息子さん夫婦がどんな思いで、どんな立場で家作りを考えているか知ってもらうためである・・・
 そのためには、われわれ第3者だけのサポートだけでなく、身近な父親からのサポートも必要なので、「いかに、チャンスをものにし、且つ、堅実なマイホーム計画を立て、実行していくか。実行させるためには、両親の暖かい援助が必要か。」についてお話した・・・  その結果、父親も、全面的にバックアップしてくれることとなり、本格的なマイホーム計画が、始動することとなった
 本日、ブログに立ち上げたのは、子を思う、親心(おもい)を息子さんにも、いつの日か、理解してもらいたいからである。私も、先日お話したように、中学生の男の子二人を持つ、父親として、切実な思いがあるからである
 今後、この親子を精一杯応援することで、自分の果たすべき役割を自覚していきたいと思っています HP:カトリホーム
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【カトリホーム】 子思う、親の心(おもい) !?

2006-06-11 11:36:45 | ライフスタイル

 先日から相談を受けているお客様の事例から・・・ひとこと。ご紹介していきたいと思います
 先日、私のもとに、二人の男のお子さんのために、買っておいた土地を売って欲しいと言うお母さんから相談を受けました。 
 その母親は、私に
    「親の心、子知らずですよね。」子供の将来のために、夫にも
    内緒で買っておいた土地なのですが、子供たちは、二人とも、
    「ここには家を建てない。」 と、冷たく言うのです。そんな息子
    の一人が、今回、お嫁さんを貰うことになり、職場に近い場所
    に、土地を探し、そこに家を建てたいそうなんです。少しでも、
    子供の負担を少なくしたいので、この土地を売ってください。
とのことで、半分寂しそうな顔が印象的でした
 私の家でも、中学生の男の子が二人いるのですが、切実な思いがしました。私も、この相談者のご婦人のように、
    子供たちが、将来、私のように、マイホーム資金で、困らないよ
    うに、土地分だけでも、資産として、残してあげようと思い
アパート住まいを脱し、夢のマイホームを8年前に手に入れ、ローン地獄に落ちないような将来設計を立て、日々奮闘し実践しております
 そんなこともあったので、今回、相談のお客様の件も、我がことのように思い、精一杯取り組んでおります。
 その成果もあり、土地の売れる見通しも、付き始めています。また、息子さんにも
職場に近い場所で、気に入った土地が安く購入できるようになり、本当に感謝されました。今回の縁を大切にし、息子さん夫婦も、将来にわたって応援していきたいと思います

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【カトリホーム】 「土地」+「建物」は、何のために持つ!?

2006-06-08 15:41:08 | 将来設計

 先日のお客様資料請求から・・・
   「お客様は、甲府地区に仮住まいされている30代の独身男性で、土地情報を検索していて、弊社HPにたどり着き、詳細な資料が欲しくなった様子
を受け、私は、返信メールにて・・・・・
   「土地」+「建物」は、人間にとって大切な資産です老後に備えるためにも、
今、元気に働けるうちに、手に入れておかなければなりません。
  仮住まいも気楽で良いかもしれませんが、自分自身の生活・ライフスタイルの中で、こだわりを持ってすごすことは、出来ません。
  しかしながら、安易に業者の口車に乗っかって、物件購入してしまいますと、一生、ローン地獄に陥ってしまいます
  私は、皆様にローン地獄に落ちないで、確実に、資産を手に入れてもらい、その後の生活、ライフスタイルがワクワクするような提案をしていかなければと思って、真剣に考えている方、ローン地獄に落ちたくない方を対象に個別に、勉強会を開いています。貴方も参加してみませんか。
  きっと、「昨日とは違う今日」、「今日とは違う明日」が見えてくると思います
是非、私どもと一緒に、堅実なマイホーム作りを取り組んでみませんか
  ちなみに、押し売りは、一切ありません皆様が望まなければ、プラン提案すらも、ありません。私どもは、考え方を知ってもらいたいだけなのです・・・
HPカトリホーム

コメント
この記事をはてなブックマークに追加