カトレアなママ

母が認知症と診断されました。

誤解です

2017年04月18日 22時26分18秒 | 日記
二ヶ月位前の話。
母と大きな公園をぶらぶらした後、昔からあるけど、行ったことのないうどん屋さんが見えて、母が食べたいと言うので入ってみた。

年期の入った定食屋さんの雰囲気。店内は常連さん風の人が多く、ボス風オバチャン定員さんは、タメ口でお客さんにニコニコ元気よく話しかけたりしていた。

母と席に座り注文を済ませた後、母のすぐ側に雑誌を置いた棚があることに気付いたので、「本があるよ?読もうか?取ってきて」と頼んだ。

母は私に何かを頼まれたというだけで、嬉しそうに、すっくと立ち上がる。そしてキョロキョロ。私は右の方を指差しながら「そこに本が並んどうやろ?好きなの取ってきて」と言った。母は「本ね、ほん~」と言いながら、その雑誌置き場を数歩素通りした。耳の遠くなった母に私は大きな声で、「ママ!行きすぎよ!ほら、ほら後ろ!そこに本が沢山あるやろ?」。うんうん、と頷く母。

私「それ、持ってきて」
母「どれ?」
私「どれでもいいよ。好きなの持ってき」
母「これでいい?」
私「いいよ、いいよ」

近くのテーブルのお兄さんたちが何事かと、こちらを振り返る。

元気良くオバチャン店員が、私達に海老天うどんを運んだ後、母にニコニコしながら話しかけてくれた。

「負けたらダメよ!」って、空中にパンチかますような素振りをして、おどけながら、ガハハッと母に、私にも笑いかける。「ガッツよ、ガッツ!言い返さなよ!自分で取ってこーい!てね!」

あああ、あなたは、きっと、ものすごく心の優しい勇気ある人なんですね。ありがとう。母を励ましてくれて。

だけど、誤解です!誤解なんですううう!!!わたし、母を召使いにしてるわけじゃないんですよおおお。これも脳トレなんですよおおお。

弁解はせず、ただ笑ってやり過ごした。今は受け入れられるけど、その時はショックでした。母は何だか分からないながらも、元気なオバチャンにオーバーアクションで励ましてもらえたことが嬉しかったみたいで、「うふふ♪ありがとう~」と言った後、ご機嫌にうどんをすすった。


私だって、ガッツよ!ガッツ!!!

多分、あの豪快で真っ直ぐなオバチャンは、事情を知ったら私にもガッツパフォーマンスくれるだろう(確信!)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 部屋の乱れは心の乱れ | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。