普通な生活 普通な人々

日々の何気ない出来事や、何気ない出会いなどを書いていきます。時には昔の原稿を掲載するなど、自分の宣伝もさせてもらいます。

軽井沢。お孫に会いに

2016-09-26 00:52:21 | 普通な生活<的>な
今日は、いろいろ理由もあり朝6時に発って軽井沢へ。

お孫に会いに。

本来は避暑地なのだが、訳あってお孫は軽井沢で暮らしている。5歳。

9月10日が5歳の誕生日、少々時期はずれたが誕生日祝いをもっていったというわけ。

さすがに良い季節で、ボクは奥さんと「ねーね」とお孫が慕う娘と、息子とお孫と5人で軽井沢にある「おもちゃの王国」で、都合6時間も遊び倒した。

釣りまでやった。

お孫はすっかり大人びて、背も高くなりすらりとしたスタイル。

実は彼、生まれてこの方髪の毛を切ったことがない。だから今では肩甲骨の下あたりまでの長髪に。

これがなかなかの美男子で、超イケメン。






どこか、ボクの幼い頃によく似ている! なんてね。

毎日のことだときっとなにか忠言や小言の一つも言うのだろうが、本当にたまに会うお孫は、無条件に可愛いわけで、ただひたすらにやにや見つめるだけ。

次はいつ会えるのかな。楽しみだな。

ディズニーランドに行きたいと言っていたから、今度は東京で会うことになるのかな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりです。いつの間にか世の中は、秋

2016-09-15 01:21:26 | 普通な生活<的>な
秋の日は釣瓶落とし

去年の秋にも同じことを書いたような気がしますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

世の中の変遷はめまぐるしく、いかにも昭和なたたずまいの僕などは、瞬殺ですね。

ところがどっこい、はたから見れば瞬殺、かもしれませんが、元気に僕は生きているといったところです。

アナログ人間の強いところは、故障しても修理が効くというところでしょうか。

デジタル人間は、完全に廃棄か新しいものに交換ですものね。

人生の秋も、釣瓶落とし的に急ぎ足ですが、僕の場合、まだ何度でも秋が経めぐってきそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1+1=?

2016-09-02 01:00:02 | こんなことを考えた
なぞなぞのような等式だが、実はこれが本当の世界だと、最近つくづくと思う。
簡単な話、ボクの仕事の実力が1だとしよう。そしてボクの同僚の実力も1だった場合を考えてみる。

ボクの1と同僚の1が、そのままの実力と仕事量で換算できれば1+1=2になるかもしれない。だが絶対にそんなことはない。ありえない。

なぜならそれぞれの1には、プラスかマイナスかはわからないが、必ず相乗効果あるいは相殺効果がある。それは、例えばボクの知らないことを同僚が知っているという1点だけで、1+1=2の等式は崩れる。また、二人とも知らない事案が出来すれば、やはり等式は不成立になる。

これはどういうことかといえば、俗にいう会社組織内の「工数管理」という概念が成立しないことを意味する。

工数管理の眼目は、一定の作業は同じ人間の行為として常に一定であるという前提がある点にある。「ある」ばかりが続いて気持ちが悪いが、仕方がない。もっと言えば、同じ作業は別の人間が行っても工数としては全く同等であると換算する。そうでなければ、工数という数字での管理など意味がない。

もう少し複雑な工数換算法があるのかもしれないが、基本は同一の労働単位、時間単位を持たなければ成立しないのは事実だ。

ボクは労務管理士でも、労働監督責任者でもないので詳しいことはわからないが、工数管理などという労働効率の管理法は、いかにもデジタル的だ。

そういう労働環境に身を置いているが、1を1としか換算できない経営者、上司の下では働く意欲はダダ下がりだろう。

労働はもっとフレキシブルで、予測もつかない出来事の積み重ね、きわめてアナログ的だ。どうせならそうした発想の経営者、上司と働きたいものだと、つくづく思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

400000PV‼

2016-08-20 01:59:34 | 普通な生活<的>な
400000PVを越えていました! 本当にありがとうございます。

ブログをはじめて5年と10ヵ月、こんな地平にたどり着くとは思いもしませんでした。

本当に、皆さんのおかげです。

またぞろ原稿UPのインターバルは空きに空いていますが、書くのを止めたり諦めたりしたわけではないので、引き続きのご愛顧をお願いします。

こうなったら、まず100万を目指すぞ‼
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京「昭和な」百物語<その13>昭和33年

2016-08-08 00:34:25 | 東京「昭和な」百物語
昭和33年は、戦後の昭和という時の流れを意味するのみならず、日本総体にとってエポックメイキングな年だった。
この「エポックメイキング」という言葉(とうの昔に死語になっている)も、いかにも昭和だが、昭和33年こそが日本という敗戦国家の「次元」を一つ変えた年なのだ。

西岸良平さんの『三丁目の夕日(夕焼けの詩)』の作品初期の舞台背景になっている年でもあるけれど、昭和33年をいささかでも記憶にとどめている人は、ある意味幸せだ。それはさまざまな変化の中に、とても前向きで希望にあふれ、それでいて忘れることのできない負の要素も含みこみながら、生きている記憶が鮮明な時だったからだ。

wikiで調べてみると早いが、昭和33年にあったことを、記憶の中から取り出せるだけ取り出してみると、以下の通りだ。

まず薬害。サリドマイド配合の「イソミン」が発売された。
宇宙開発。アメリカの人工衛星「エクスプローラー」が打ち上げられた。
音楽。第1回日劇ウエスタンカーニバルが開催された。
放送。地方放送局がTV放送を開始した。*
交通。関門トンネルが開通した。
芸能。ナンシー梅木が、ハリウッド映画「サヨナラ」で日本人として初めてアカデミー賞助演女優賞を受賞した。*
売春防止法施行。
長嶋茂雄がプロ野球デビューを4打席連続三振で飾った。相手は国鉄スワローズの金田正一投手。
返還前の沖縄首里高校が初の甲子園出場を果たした。*
日清食品が即席ラーメン「チキンラーメン」を発売した。
アサヒビールが初の缶入りビールを発売した。
東京タワーが竣工、公開された。
電車特急「こだま」の運転が開始された。
皇太子殿下、正田美智子さんとの婚約を発表された。
国民健康保険法が公布された。*
日本初のプラモデル発売(モノは何だったか記憶にない)。
(*wikiを参考にしたもの。それ以外は僕の記憶)
などなど。

どうだろうか?

いまの日本の原景が、良きにつけ悪しきにつけ収まっている年だと思えないだろうか?

そうなのだ。昭和33年(1958)は、良いも悪いも様々が出そろった、のちに語り継がれる要素が溢れる年なのだ。

中でも特筆すべきは、僕の奥さんが生まれた年だということ。

なんちゃって。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

感謝感激

2016-08-04 00:16:59 | 普通な生活<的>な
本当に気まぐれなブログ更新ですが、毎日根気よく覗いてくださる方が大勢いらっしゃいます。本当に感謝感激です。

このところ、仕事で毎日のように6~7時間はPC画面とにらめっこ状態が続いていて、さすがに帰ると目がぐったりです。

それでもなにか書こうとPCに向かうのですが、それはちょっと違うかなと。

なにか書こう、では本末転倒ですね、やっぱり。

伝えたい、書きたい、残したい……さまざまな「~たい」がなければ、成立しないものだと思うわけです。

今日は、皆さんに感謝感激の思いが伝えたいということで。

いつも本当にありがとうございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京「昭和な」百物語<その番外編>クラシックという喫茶店

2016-07-19 21:14:32 | 東京「昭和な」百物語
 その昔、中野に「クラシック」という名曲喫茶があった。ブロードウェイに入る手前を左に入った左手にあった。
 1930年創業のその店は、そう、まるで絵に描いたような絵描きスタイルの、モダンな感じのオーナーが切り盛りしていた。当時既に相当のお歳だった。確かお名前は「美作」さんといった。おそらく岡山出身なのだろうと思っていたが、聞き損なった。
 古びた(アンティークと言った方が良いのだろうか?)椅子とテーブルが並んで、いかにも「クラシック」と言ったイメージ通りの内装だった。
 1970年代初頭は、メニューは紅茶とコーヒーと、ミルクだったかジュースだったか忘れたが、いずれにしても3品だけで、一品100円以下、80円くらいだったような覚えがある。なぜか食券と言うか、丸いプラスティックの札を渡されるのだが、それを手元においておくのはほんの数分で、何のための儀式なのか不思議に思い続けていた。
 そして、その100円ほどのコーヒーか紅茶かミルクを後生大事にチビチビとすすりながら、本を読んだり原稿を書いたり、客の大半は、短くともおよそ半日はそこで過ごした。紅茶は独特で、行平の鍋で茶葉を煮立てて出したもの。だから渋いほどに濃い紅茶だった。それでもなぜか紅茶を頼む人が多かった。
 いまにもくずれそうな階段で二階に上がり、一階を見下ろすことのできる端っこの席に座るのが常だった。ただその席は、寄りかかるとグラリと下に落ちそうなほど不安定な手摺で、いつも緊張しながら座っていた。
 名前の通り、クラシックの名曲が一日中かかっていた。その店ではマーラーの「四季」を聴くのが好きだった。
 聞くところによると、「クラシック」は2005年まで続いていたらしい。不覚にも1990年代で終わったに違いないと、勝手に思い込んでいた。80年代90年代は一番仕事の忙しかった時期で、まったく行くことがなかった。だから、通い詰めた70年代前半までの「クラシック」しか知らない。
 だが、クラシックの名曲はほとんどここで聴いた。なぜかワグナーもよくリクエストした。モーツァルトやベートーベン、ショパンなどはほとんど聴かなかった。そういう時代だったのだ。店の雰囲気が、大仰な曲に良く合った。
 思えば、こうして思い出を書ける喫茶店があることなど、今の若い人には理解できできるだろうか?
 なぜ、わざわざ喫茶店などに出向いて音楽を聴いたのか?
 昔はただただ貧しかったのだ。オーディオを買うお金などなかった。そんなものは社会的ステイタスを獲得した後に手に入れるものだった。高価だったから。その代わり、喫茶店などがオーディオ機材を揃え、レコードもかなりコレクションして、良い音で客に聴かせてくれた。
 昭和。音楽との接点は、ラジオと、そこにしかなかったのだ。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

度を越したインターバル

2016-07-04 00:47:53 | 普通な生活<的>な
お久しぶりです。

最近は、本当に原稿のインターバルが開きます。

6月には、書きたいことは山ほどあったにもかかわらず、たった1日しか書いていません。

怠けているわけではないのですが、書けません。

なにか書くに至らない理由が、僕の肉体・精神の中に巣くっているようです。

端的に言うと、疲労感みたいなものなのかもしれません。

少しあれやこれやを試みて、再びせめて週1くらいの更新をしていきたいと思います。

その節は、またよろしくお願いします。

それは、明日のことかもしれません。それはそれでまた、よろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もう一度。僕の認知しない世界は存在しない

2016-06-20 23:33:50 | こんなことを考えた
有体に言うと、僕の知らない世界は、存在しない。

この言葉には、二つの意味がある。

一つは、僕が知りえない世界は存在しない世界も同然という意味であり、もう一つは僕はすべての世界を知っているという意味としても理解できる。

同じ言葉なのに、まるで別の意味を持つ言葉になるな。

一つ前の原稿は、当然「僕が知りえない世界は存在しない世界も同然」という意味合いで書いている。知らなければないのと一緒ということ。

こういう言葉の遊びのような認識の窓口、理解のとば口は、人を惑わすね。そして、言葉の曖昧さは、人間の認識の曖昧さとほぼ同義で……。

誤解を恐れると、何も書けなくなるのだが、ことその点に関しては僕は恐れがない。

どう理解してもらっても構わない。

なにせ、誰かに説教するつもりもないし、何かをわからせようとも思わない。分かって欲しいとも思わない。一つだけ書く意味があるとすれば、共鳴を呼び覚ます音叉のようでありたいとは思う。

それは意識の問題で、誰かの意識に僕の中のなにかが呼び覚まされたいとも思うし、響きたい。同様に、自分が発したことが、どこかで誰かを震わせていたら面白いなとも思うし、そうあって欲しいとも思う。

だがそれは、誰かを説き伏せたり、納得させたいという営為とは違う。

もっというと、まったく知らない世界で、僕が発した事柄が、誰かを震わせていて欲しいとは思う。

だから、こうして誰が読むのかまったく知りえないブログで、僕は言葉を綴っているのだ。

と、小難しいなあ……。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界は僕の「点」なのだ……なんて

2016-06-20 19:08:03 | こんなことを考えた
端的に言えば、僕が認知していない世界は存在しない。

だが、認知・認識のプロセスが実際の体験で得たものでなくとも、世界は存在し得る。
ただし歪んだ形で。
なぜなら、経験したもの以外は想像や思い込みで不足部分や死角部分を補うのであって、歪まざるを得ない。

ただし、実際に体験したところで歪みはあり続ける。
なぜなら想定できる世界が1000の構成要素でできていたとするなら、体験というプロセスではその内の100も獲得などできない。すべてを獲得などできないのだ。
そういう意味では、例えば読書であったり映像で観たりという実体験・経験以外の疑似体験の方が、獲得できるファクターは、断片的だが、多いのだ。

この、断片的という言葉が実は、世界の相貌の実相なのだ。

本当なら体験というプロセスはアナログであり、すべてが連続している。途切れるところがない。線あるいは多少の面で認識されるのだ。一方の疑似体験は、デジタル的だ。
端的に言えば、断片の連なりだ。

ところが、体験という線での連なりも、大きな視点から見れば断片化された、線の集合体としての点でしかない。
どういうことかと言えば、より高次の視点から眺めれば、様ざまなファクターが複雑に積み重なった世界と雖も、点でしかないのだ。細胞核の中のDNAの二重螺旋のようなものなのだ。
世界を認識する方法は、アナログか、デジタルかという二つに集約される。

実は世界の認識の方法は、パラレルな次々と生まれる点が描き出す重層する世界として認識されていく。
ある意味、フラクタルなのだ。ここまでくると点で描かれた世界なのか、線で結ばれた世界なのかなどは、認識の埒外になる。要は世界は点なのだ。

仏教の数の概念に登場する、恒河沙、つまりガンジス川の砂粒の数、あるいは塵点劫という塵芥の数、言ってみれば点の世界こそが、世界の実相なのだ。
その点の原点・原風景は、結局自分でしかない。
だから、自分の世界は具体的に見えようが想像の産物に見えようが、自分が形づくるものでしかありえないのだ。言い換えれば誰にも手伝ってもらえない世界を創造しているのだ。
要はどんなプロセスであろうが、体験であろうが、責任を自分で負えるのだ。
はっきりさせておくが「自分でしか負えない」のではなく、「自分で負える」のだ。
それは、すべてを変えられることを示している。望み通りに世界を創れることを示している。
逆に言えば、良くも悪くも自分が望んだ世界にいま生きているということなのだ。

世界は、望んだようにしかそこにない。
ただし、望むということの意味は「そう思う」ということではない。
時々書くが、仏教的な六識を越えた、末那識、阿頼耶識、阿摩羅識の領域での生命の渇望なのだ。
その領域で、世界の無数の人々の無数の経験・疑似体験としての点は、共鳴し通奏低音を奏でる。
そして世界は、1人の思いがすべてを変えることのできる可能性をもったものとしてあるのだ。
もっと言えば、一番最初に書いた通り。

僕が認知していない世界は、存在しないのだ。

別の言い方をすれば、世界は僕が認知した通りに存在するのだ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

小保方さん、踏ん張れ!!

2016-05-28 15:39:23 | 極端な人々<的>な
いつも同じタイトルで恐縮ですが、こう言わずにいられない。

あまり政治向きのことと、社会的なことには言及すまいと思っているのですが、このスタップ細胞をめぐる人模様は、なにか言わずにいられないわけです。

ことに小保方さんに対するマスコミの「いじめ」にも似た対応が、あたかも正義でもあるかのようにマスコミが自己宣伝を繰り返し、洗脳される人々が普通にいることに、一種の恐怖を感じるわけです。

瀬戸内寂聴さんが「婦人公論」で小保方さんと対談をされましたが、この時の他のマスコミの論調に、開いた口が塞がりませんでした。

ことにネットマスゴミですね。彼らにとっては、小保方さんの対談当日のファッションが問題で、白を基調とした小保方さんのファッションが「純潔」を表象するものでそぐわない的な論調。

とことんバカとしか思えませんでした。

勝手な「白」という色の解釈と、こじつけのような心理学者の解説は、もはや笑い話にもならず、ひょっとしてそれを信じる人がいるかもしれないと思わずにいられない、僕自身の不用意なロクでもなさと、まるで自分だけは常に正義だと思い込んでいる哀れなライターの顔を想像するだに不愉快な気分になるという、いまひとつよく分からないカオスに落ち込んでいくという残念な結果もまた、バカバカしいものでした。……なにを書いているかわからなくなりました。

どうやら、先の本は自分で書いたような話になっていますが、僕にはやはりそうは思えない。彼女の思いの幾許かはきちんと書かれているのでしょうが、彼女が書いたとは思えない。彼女が対談で言っているように、彼女は精神的に弱り切っていたようですから。

どちらでもいいのです。真実であれば。

ナイナイの岡村隆史さんが、ラジオで小保方さんのことに触れ、自分の経験から病気の間は「何かを書く気力はなかった」というようなことを言っていました。

そう思います。

誰が書いたなどは、どうでもいいことで。

ただ、小保方踏ん張れ! と、変わらぬエールを送りたいなと。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ある暇は お孫に会いに 軽井沢

2016-05-28 15:16:39 | 普通な人々<的>な
暇があって、先方の都合がつけば、車を駆って軽井沢です。

半年ぶりくらいのお孫クンは、すっかり背も伸び、お兄ちゃんになっていました。

ちょっと、久しぶりすぎて、ハンセツでした。

? 半分切ないという意味ですよ。半分は大喜び、歓喜ですが……。

ハンカンハンセツ、です。

でも、ハンカンの方が圧倒的ですがね。

子どもの成長は、思う以上に早いもので、月単位だと追いつけないほどです。

もう少し頻繁に会えたらいいのになと、思う今日この頃。

です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご無沙汰しました

2016-05-07 19:45:00 | 普通な人々<的>な
今年のGWは、なかなかに緊張の連続でありました。

車で1600㎞を走破しました。何年か前にもほぼ同じ距離を走りましたが、今年はさすがに一人での運転はきついものがあり、半分は息子君がしてくれました。

奥さんの84歳になるお母さんに会いに神戸へ。お元気そうで安心しつつ、その足で鳥取経由、ボクの生まれ故郷・島根に。

あれこれと神戸でも島根でもやることはありましたが、ひょっとすればもう二度と足を向けることができないかもしれない、奥さんとボクの故郷の風景を瞼に焼き付けに行った、そんな感じです。

もちろん奥さんの故郷・神戸は、母親はじめ親戚兄弟もいて、風景だけではない人の温もりのある故郷ですが、ボクの故郷はボクの郷愁の中にしかありません。それでも、自分の生家跡を訪ねたりもしました。泣けました。

その話はまた別立てで……。

とにかく、行っておかなければいけないという衝動にも似た思いが奥さん共々にあって、無理を承知の強行軍でしたが、これを旅というのであれば、非常に充実した、楽しい旅でした。

無事、事なきを得て(同じことだ!)帰京いたしました。

また、よろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熊本に

2016-04-24 01:23:47 | 普通な人々<的>な
何も言うまいと思っていたのだけれど……。

熊本には思い出がある。

阿蘇の五岳の雄大な眺めは、とても日本のものとは思えない景色だった。中岳は噴煙を上げていて、大地が生きていることを教えてくれた。

博多のラーメンとは違った、独特の熊本ラーメンもうまかった。

カルデラの中にある街を車で通り過ぎたときに、そばの栽培が盛んになっているという話も聞いた。

もう30年も前のことだが、まるで昨日のことのように思い出す。

なにか妙に懐かしい印象を持った記憶がある。

よかところだった。

手毬歌を思い出した。

「あんたがたどこさ 肥後さ 肥後どこさ 熊本さ 熊本どこさ 船場さ 船場山には狸がおってさ それを猟師が鉄砲で撃ってさ 煮てさ 焼いてさ 食ってさ それを木の葉でちょいと隠せ(「おっかぶせ」と覚えているが)……」

もう一つ思い出した。五木の子守歌

「おどま盆ぎり盆ぎり 盆から先きゃおらんと(「ど」と覚えているが……) 盆が早よ来りゃ 早よもどる……」

幼い頃に母が歌ってくれたのを、空で覚えた。いまでも歌える。

熊本の歌は、まだあった記憶がある。「おてもやん」。

こんな歌を思い出し、通りすがった風景を思い出すうち、熊本は、決してなににも負けないだろうと思った。もちろん地震になんぞ負けたりはしないだろうよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しんねりむっつり

2016-04-22 00:14:27 | こんなことを考えた
面白い言葉だよね。

結構ニュアンスも意味合いも、マイナスのイメージが強い言葉だけれど、意外と好きです。

一般的には「ネクラ」とか「態度・性質などが陰気で、心に思うことをはっきりと言わないさま」という意味だそうですが……。

なんとなく、もっと痴れっとした感じがしませんか?

どちらかというと、暗くはないニュアンス。

しんねりだけだと「ねばっこい感じ」「陰気な感じ」を指します。むっつりは「口数が少ない」とか「愛嬌がない」といった意味。

それが合わさると、「ネクラ」「陰気で根に持つ」みたいな印象になっていく。

なにか違うな? どうせそんなに使ってないんだから、もっと面白い言葉として再登録してあげようよ!?

たとえば「ちょっと引き気味?」「なにかこっそり面白いこと考えてるんだろう?」みたいな感じ?

なぜこんなこと書いているかといえば、今日あるところで、自分が話すべき時なのに、ちょっと言葉が出てこなくて、でも腹の中では、なにか結構クリアに自分のことが分かっているような瞬間があって、その時にふと心の中で「しんねりむっつり」という言葉が頭をもたげたのだよ。ひとり心の中でクスリと笑ってしまったのだった……。

そう! 上の文章の最後にくっつけた「……」これが、「しんねりむっつり」の正体なのだと思う!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加