普通な生活 普通な人々

日々の何気ない出来事や、何気ない出会いなどを書いていきます。時には昔の原稿を掲載するなど、自分の宣伝もさせてもらいます。

校正

2017-03-29 02:10:46 | 極端な生活<的>な
3月20日の「原稿3」と題した記事で、最近の仕事について書いたのだが、その中で「構成は仕事に」と記述した部分があったが、当然そこは「校正は仕事に」が正解。

これではいくら「仕事を引き受けますよ」といったところで、説得力がない。なにせ「校正します」というのに、その「校正」の文字が間違っているのだから。

お騒がせ、です。

まあ恥も外聞もなく、といったところで。

お忘れくださいませ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017-03-25 04:27:44 | 普通な人々<的>な
というわけで、「血」で思いついたのは、以下の言葉でした。

血道 血しぶき 血まみれ 血刀 血潮 血だらけ 血走る 血豆 血沸き肉躍る 血抜き 血で血を洗う 血みどろ……

次は「知」でいってみます。

それでは、おやすみなさい。

寝ながら考えます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近の、独り遊び

2017-03-25 03:54:07 | 普通な人々<的>な
最近密かに独りで楽しんでいることがある。

それは別に大したことではないのだが、自分的には大いに楽しんでいる。

このブログを始めたころ、回文をよく作っていた。今でも時々作るのだが、大した作品はできない。

そういう意味では、最近の楽しみも「言語遊び」で、なにやら物書きっぽい趣味ではある。

それはとても簡単で、何でも良いから漢字一字をピックアップする。

例えば「山」。これを使った熟語を作る。それだけ。ただし、「やま」と読むのだったら「やま〇〇」という熟語にする。「さん」と読むものは×だ。そして「〇〇やま」もダメ。必ず選んだ漢字が頭にくる。名前はダメ。

そうすると、山際とか山ほととぎすとか山津波とか山肌とか山なみとか山男とか……まあ幾つか思い浮かぶ、それをどうしても10個考える。時間も区切る。今ボクはおよそ30分を目途にやっている。

結構ボケ防止に役立つ。あっ、ボクがぼけているという話ではないからね。言葉の綾ね、あや。

この言葉遊びは、ボクのオリジナルだと思うけれど、結構イラつきもし、すっきりもし、そこそこの達成感もある。

是非やってみてください。

今から、血(ち)をやってみようと思う。

血道だろ、血だらけだろ、血しぶきだろ……。

なんかスプラッターだな……。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

原稿3

2017-03-20 21:35:16 | 極端な生活<的>な
このところの土日は、友人との本作りの原稿書きでマンパンでしたが、楽しく依頼を受けたすべての原稿を書き終えました。ついでに校正までやらせてもらいました。

こういう仕事は楽しいですね。原稿は様ざまなジャンル、テーマ、モチーフを書き続けて40年、校正は仕事にし始めて正味4年が経ちました。

どちらも何時まで経っても慣れるということがなく、その都度その都度緊張気味に仕事をしております。

なにかご用命があれば、このブログからも受け付けますよ。インタビューから小説まで。

結構本気ですよ。

0×0-5478-977×に「ブログ見ましたが……」と連絡ください。

以上営業でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

原稿2

2017-03-12 22:59:26 | 極端な生活<的>な
3.11。語る言葉も見つかりません。もう丸6年も経過したなんて……。祈るばかりでした。

話は変わり。

土曜日から今日、日曜の朝にかけて、何年振りでしょうか、徹夜しました。

徹夜そのものはそれほど苦でもなかったんです。ただ、原稿を書くために椅子に座り続けたわけですが、車で1600㎞を一人で走破した時ですら平気だった腰が、固まってしまって痛くて立ち上がれないなどという為体。

さすがに衰えを感じましたが、約束の原稿無事に書き上げました。まだもう少し追加でオファーが来るようで、ちょっと腰の運動をしておこうかと……。腰の運動って、何だろうかと……。

それにしても、韓国。とうとう虎の尾を踏んだというか、滅びに向かってまっしぐらの印象を受けます。

朴槿恵前大統領は、2度も救国の思いを国民に踏みにじられた格好ですね。能力はなかったかもしれないけれど。彼女は売国奴ではないと思えますがね。

これからは北とのルンルン関係が築かれていくことになるんでしょうかね?

アメリカが、極東地域の安全保障上の問題であんぐりと口を開けっぱなしにするといった瞬間を招きそうで、ちょっと不気味ですね。

朴槿恵さんの後釜大統領が、韓国を売りさばくことのないように、卑近な同盟国の一国民としては、これまた祈るばかりです。

全然、祈る意味は違いますが。

こういうのは、やっぱりあんまり書きたくないなぁ……。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

原稿

2017-03-10 01:14:24 | 最遊記
友人と組んで、本を出すということになっています。

その下準備を今やっています。10日もありません。

恐ろしいことに、やり切るでしょう、ボクは。

というわけで、またしばし!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長らくのご無沙汰です

2017-03-09 23:54:43 | 普通な生活<的>な
書きたいことは山ほどあったのですが、書く時間及び心意気というものが、やや欠けておりました。

そんなこんなではありますが、これは書いておきたいと思うわけです。

先週の土曜日(2017年3月4日ですね)、ボクは再び飲み倒したわけです。それも、およそ30年ぶりに再会した友人夫婦と、ボクたち夫婦で夕方の(といっても真っ暗ですが)6時半から、二夫婦の地元ともいうべき懐しの荻窪で、飲んだわけです。

友人夫婦とは30年前まで、本当に毎日のように飲んだり遊んだりしていた間柄でしたが、ふとしたきっかけでほとんど会うこともなくなってしまいました。

それがまた、ふとしたきっかけで会おうということになったわけです。

どんな再会の時間になるのかなと、期待やら心配やら様々でしたが、会えば会ったで当時のままの人間関係がそこには現出するわけで、いらぬ心配りでした。

友人夫婦がよく行くという、荻窪の刺身のおいしい店に案内され、刺身だけでなく確かにうまい肴をあてに、日本酒、ビール、焼酎とあの頃と同じように飲むわ飲むわで……。

いまでも荻窪に住まう友人夫婦の家に招かれて、そこでもまた飲んで。

ボクは、やばいと思っていました。これは飲みすぎだなと。

気が付くと奥さんが駅のホームを歩いている後ろから歩いているのですが、どうやらまっすぐ歩いていない。これはホームから落ちるなと、中央寄りに歩くという冷静さは持っていましたが、まっすぐは歩けないという……。

乗り換えの度に何度も奥さんがボクを起こしてくれたおかげで、無事に家までたどり着きましたが、やばい。

これは、ボクの本意ではないと。

それはそうなんですが、楽しかった!

この楽しかったがある限り、本意ではないと言いながら、きっと痛飲するんでしょうね、これからも。

これが、一つ書いておきたかったこと。

まだありますが、またこの次に。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

オッタマゲェ! 440000PV!

2017-02-24 01:03:09 | 普通な生活<的>な
クリビツです! いつの間にやら440000PVを超えていました。

有難い限りです。

まだまだ続けます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京「昭和な」百物語<その22>唄 序

2017-02-23 00:37:24 | 東京「昭和な」百物語
昭和は「歌」の時代だったかもしれない。

「音楽」ではない、「歌」の時代。

あの時ボクは「演歌」を拒否した。ロックやらフォークやら「音楽」を志向したから、演歌は古臭く、情緒不安定な音楽のように感じた。

だが、今考えれば演歌も含め昭和の音楽は紛れもなく「歌」だった。

そして、今のバカバカしいほどのポジティブな音楽の、それこそ「真裏」にあるようなネガティブな「歌」が、限りなく聞かれた。

なぜか? 誰もが「哲学」してたんだよ!

今のように、何かを考えることなど拒否し倒すような感性が充満している時代とは、それこそ180度違う世界があったのだ。

はっきり言って今の「音楽」は、評論できない。なぜなら評論を拒否しているから。

評論を拒否するとはどう言う意味か?

すべてがプライベートの範疇に囲い込まれ、パブリックな視点が持てないということさ。

歌ってるのは「元気」だの「前向き」だのだけれど、広がりはない。

「15、16、17と、私の人生暗かった」と藤圭子が歌った「歌」には、奥深い人々の心の奥をつなぐ通奏低音があった。

昭和の「歌」を、いつかもっとしっかりと、研究しちゃるけんのぅ!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

東京「昭和な」百物語〈その21〉文化なんちゃら

2017-02-21 01:02:46 | 東京「昭和な」百物語
昭和の「文化」を、考察。

洒落でもなんでもなく、「文化」と名の着くモノが結構あった。

例えば、住宅。文化住宅って、どんな住宅なのか? ま、有り体に言えば二戸一。
昭和30~40年代にあちこちで建てられた。関西方面に多かったかもしれない。小ぶりな長屋とでも言えそうな建物で、壁一枚で二世帯が隔てられわさわさと暮らしていた。住んでいる間は良いのだが、やがて改築だという話になるとはなはだ厄介な代物になってしまった。おいそれと好きに改築もできず、あちこちで紛争の種にもなった。阪神淡路大震災後の厄介の種にもなっていたようだった。

文化包丁と言うものもあった。日本で包丁と言えば、様々な用途によって使い分けられる道具であり、その用途に沿った形状をしている。それを、一本の包丁で済ましてしまおうという、戦後の西洋合理主義的要請にきっちりと応えた包丁だ。



菜っ葉も切れれば肉だって、魚だって切れるという一見優れもの。使い慣れればそれで済むのだが、こだわり派は首をかしげながら、ぶつぶつ言いながらも結構便利で使っていた。
ひょっとすると、そんな名称は忘れ去られ、どこの家庭でも今まさに使われている形状の包丁こそ、文化包丁だったりするかもしれない。

文化釜というものもあった。厚手のアルマイト製(アルミニウム合金)で鉄製の羽釜にとって代わった。それというのも、かまどからガスコンロに熱源が変わり、この文化釜は便利なことにガスに対応できるように作られたものだったのだ。
実はいまでも売られている。結構なファンもいるようだが、電気釜の普及で一気に過去の道具になってしまった。

なにやら「文化」と名がつけば、物が売れたという時代だったのだ。昭和のハイソの代名詞が「文化」だったかもしれない。

なにしろ、「文化」といって最も良さげなものは、文化勲章だ。これは戦前に誕生した代物だが昭和の産物だ。勲章をもらって喜ぶという精神構造がよく理解できないのだが、日本の文化人にとって最高の栄誉であることは確かなようだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2011年のちょうど今頃、こんな記事を書いていた

2017-02-17 01:48:41 | まあまあ社会<的>な
超高齢化社会でなにが起きるか?
2011-02-20

 久しぶりです。
 10日間もブログのためにPCの前に座ることができませんでした。
 アラブ世界だけでなく、中国にまでSNS革命とでも言えそうな新しい革命の波が押し寄せているようですね。
 それにしても、なぜ日本ではまったくそうした動きが起きないのでしょうか? 正直なところ、日本は「心身ともに」病んでいるような気がしてなりません。元気の出しようがないという気がします。その理由のひとつは、高齢者の処遇にあります。
 多くの学者や社会活動家が、日本の行く末を解き明かそうと発言しています。超高齢化社会は眼前にまで迫ってきています。
 超高齢化社会ではなにが起きるのでしょうか? 若者が一人で何人もの高齢者の社会保障を支えなければいけなくなるなどということは、そう大した問題ではないと僕は思います。そんなものは社会保障の制度を変えれば済むことですから。
 問題は、高齢者は働き手ではない、社会を構成する要素から外れているといういまのままの考え方でいけば、まったく高齢者は社会構成要素から外れたままになり、二度と社会の構成員として浮かび上がる事がなくなるということです。60歳を過ぎた途端に、まったく就職先がなくなるなどという歪みは、あってはならないことでしょう。高齢者の社会参加意識を鋭利な刃物で削ぎ取っているようなものです。
 なぜ高齢者を中心に据えた社会という考え方ができないのでしょうか? このままでいけば高齢ではあるけれど、多くの有用な労働人口も優秀な頭脳も失われるままになるだけです。
 なにより高齢者の生理ということを考えると、おそらくあと何年もしないうちに、すべてのスピードがいまよりスローダウンするはずです。それを無視すれば、必要以上の軋轢が生じ、不慮の事故や事件が多発するようになるでしょう。そのことの方が、遥かに重大な問題だと、僕には思えます。

 社会というものは、流れの中で変化するものです。国民の意識や生理が国家そのもののありようすら変えていきます。冒頭に書いたSNS革命などもそのひとつの現れでしょう。
 日本人は、すでに何かを諦めてしまっているようにも思えます。そこから崩壊が始まります。日本という国体はすでに崩壊に向かっているようにも感じます。政治などすでに崩壊の初期段階に足を突っ込んでいます。もう後戻りはできそうもありません。経済も浮かび上がる端緒すらみつけられずにいます。そしてこれこそが最も恐ろしいことですが、拝金主義が日本中にいきわたり、思想も哲学も組み伏せられてしまい、息も絶え絶えだということです。
 今の日本が高齢者を脇に追いやる考え方の基本は、合理的という名のやはり拝金主義がベースにあります。
 どうか、政治に携わる皆さんは、高齢者を中心に据えた社会構造を模索してください。それが小さな政府を招こうが、経済の縮小につながろうが良いではありませんか。高齢者が大半を占める世の中を基本に考え、若者がその中で生き生きと活躍できる社会を模索する方が健全です。
 無理矢理に勢いのある若者中心の社会を構築する必要はありません。でなければ、日本は後10年ももたないのではないかと危惧します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっと、立ち寄りな感じで

2017-02-14 01:50:03 | 普通な人々<的>な
昨日の日曜日、72歳と70歳と68歳の高齢者トリオで酒を飲みました。

このメンツでは半年ぶりくらいの邂逅です。

話の内容は……まるで20歳代の青年のような、明日を見据えた話ばかり。

すごいなと思いました。

これが二人で会っていると弱気な話になるのですが、三人寄ると明日の話になるわけです。

人間はどこまで行っても前を見て生きる生き物なのだと、つくづく感じました。

そして常に一歩でも前に進む限り、年齢は生きることにはまるで無関係であるということも自覚できるわけです。

とても良い一日でした。

ただ、三人でおよそワインを4本空けました。

帰りはグダグダでした。なにをしていたのかわかりませんが、普通なら1時間15分で帰るところを、2時間半もかかっていました。

よくぞご無事で、という感じです。

そうそう、前のこの原稿で「時間の経つのが遅い」と書きましたが、2月に入った途端、急激に早くなりました。2月に入ったばかりだと思っていたら、もう半ばです。

時間とはまったく不思議なものです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんな夜中に

2017-01-29 02:19:47 | 普通な生活<的>な
気が付くと、毎晩こんな時間なんですよ。

自分の時間がやってくるのは、こんな時間……。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

異変?

2017-01-29 01:46:25 | 普通な生活<的>な
今年に入って、どうも去年までと違うなと感じるところが一つだけ。

いやに時間の経つのが、遅い。

去年までの時間感覚で言えば、すでに建国記念日(あ、2月11日ね)は、過ぎているところだ。

あれ? まだ1月だっけ? てな感じ。

皆さんはどうですか?

そんなことはありませんか?

思うに、明らかに時間の進みが遅くなっているのだろうと、ボクは思う。

量子論的には、時間はないものなのだそうだ。

現在も過去も、実は現在に集約されるものであって、概念としては存在するとしても実際にはないのだそうだ。

そのことを、実は仏教でははっきりと言葉にしている。

因果倶時。

すごいよね、3000年近く前に説かれた概念ですよ。

時間というものは、確かに自分にとっての物差しではあるし、他とのある種の共通認識のための単位ではあるけれど、実は自分だけのものであって、それは自由気ままに伸び縮みさせることもできるものというわけだ。まるで輪っかの様に無限ループさせることもできる理屈だ。

因果倶時だから、時間を止めてしまうこともできる。一瞬の点にすることも可能ということになるな。

それだから、ふと気づくと自分の都合が良いように、時間は歩みを変えているということなのだろうな。

いま、時間の経つのが遅いと感じているわけで、ボクにとってどんな都合があるのだろう?

そこのところは、自覚のない無意識領域の話なわけで、この不可解さが、堪らないわけですよ。

今年も、こんな感じなんだろうかな?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トランプ……プラトン

2017-01-23 00:45:29 | まあまあ社会<的>な
そういうわけで、トランプという名前の中には、プラトンという大哲学者の名前が収まっている。

ただのアナグラム、言葉の遊び……ではない。

プラトンはイデア論で名高く、プラトニック(ラブ)の語源ともなっている。

トランプは名前がそうであるように、下世話な正反対の性癖を持つ。

プラトンは常にお師匠さんであるソクラテスを宣揚するように、師匠の口を借りて自分の思想を人々に伝えた。

トランプは口から出まかせで、思いついたことをなんの躊躇もなく口にする。それも自分以外はすべて誤りであるという傲慢な意識に支えられて。

プラトンは世界を旅しその世界観はグローバルで、失われたアトランティスにまで言及し、人々を啓蒙した。

トランプはアメリカ第一とだけ叫ぶ。まるで、世界からの孤立宣言にも聞こえる。

まだまだあるのだが、トランプの中にいるプラトンは、残念ながら微動だにしていない。生命の発動はない。

要はプラトンの正反対の事どもを、トランプはアメリカのみならず世界に披瀝することになるのだろう。

冗談ではなく、そういうことだ。

だから、トランプの動向をいちいち検証するのではなく、プラトンをもう一度勉強し直そうかとふと思ったのだった。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加