普通な生活 普通な人々

日々の何気ない出来事や、何気ない出会いなどを書いていきます。時には昔の原稿を掲載するなど、自分の宣伝もさせてもらいます。

オッタマゲェ! 440000PV!

2017-02-24 01:03:09 | 普通な生活<的>な
クリビツです! いつの間にやら440000PVを超えていました。

有難い限りです。

まだまだ続けます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京「昭和な」百物語<その22>唄 序

2017-02-23 00:37:24 | 東京「昭和な」百物語
昭和は「歌」の時代だったかもしれない。

「音楽」ではない、「歌」の時代。

あの時ボクは「演歌」を拒否した。ロックやらフォークやら「音楽」を志向したから、演歌は古臭く、情緒不安定な音楽のように感じた。

だが、今考えれば演歌も含め昭和の音楽は紛れもなく「歌」だった。

そして、今のバカバカしいほどのポジティブな音楽の、それこそ「真裏」にあるようなネガティブな「歌」が、限りなく聞かれた。

なぜか? 誰もが「哲学」してたんだよ!

今のように、何かを考えることなど拒否し倒すような感性が充満している時代とは、それこそ180度違う世界があったのだ。

はっきり言って今の「音楽」は、評論できない。なぜなら評論を拒否しているから。

評論を拒否するとはどう言う意味か?

すべてがプライベートの範疇に囲い込まれ、パブリックな視点が持てないということさ。

歌ってるのは「元気」だの「前向き」だのだけれど、広がりはない。

「15、16、17と、私の人生暗かった」と藤圭子が歌った「歌」には、奥深い人々の心の奥をつなぐ通奏低音があった。

昭和の「歌」を、いつかもっとしっかりと、研究しちゃるけんのぅ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京「昭和な」百物語〈その21〉文化なんちゃら

2017-02-21 01:02:46 | 東京「昭和な」百物語
昭和の「文化」を、考察。

洒落でもなんでもなく、「文化」と名の着くモノが結構あった。

例えば、住宅。文化住宅って、どんな住宅なのか? ま、有り体に言えば二戸一。
昭和30~40年代にあちこちで建てられた。関西方面に多かったかもしれない。小ぶりな長屋とでも言えそうな建物で、壁一枚で二世帯が隔てられわさわさと暮らしていた。住んでいる間は良いのだが、やがて改築だという話になるとはなはだ厄介な代物になってしまった。おいそれと好きに改築もできず、あちこちで紛争の種にもなった。阪神淡路大震災後の厄介の種にもなっていたようだった。

文化包丁と言うものもあった。日本で包丁と言えば、様々な用途によって使い分けられる道具であり、その用途に沿った形状をしている。それを、一本の包丁で済ましてしまおうという、戦後の西洋合理主義的要請にきっちりと応えた包丁だ。



菜っ葉も切れれば肉だって、魚だって切れるという一見優れもの。使い慣れればそれで済むのだが、こだわり派は首をかしげながら、ぶつぶつ言いながらも結構便利で使っていた。
ひょっとすると、そんな名称は忘れ去られ、どこの家庭でも今まさに使われている形状の包丁こそ、文化包丁だったりするかもしれない。

文化釜というものもあった。厚手のアルマイト製(アルミニウム合金)で鉄製の羽釜にとって代わった。それというのも、かまどからガスコンロに熱源が変わり、この文化釜は便利なことにガスに対応できるように作られたものだったのだ。
実はいまでも売られている。結構なファンもいるようだが、電気釜の普及で一気に過去の道具になってしまった。

なにやら「文化」と名がつけば、物が売れたという時代だったのだ。昭和のハイソの代名詞が「文化」だったかもしれない。

なにしろ、「文化」といって最も良さげなものは、文化勲章だ。これは戦前に誕生した代物だが昭和の産物だ。勲章をもらって喜ぶという精神構造がよく理解できないのだが、日本の文化人にとって最高の栄誉であることは確かなようだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2011年のちょうど今頃、こんな記事を書いていた

2017-02-17 01:48:41 | まあまあ社会<的>な
超高齢化社会でなにが起きるか?
2011-02-20

 久しぶりです。
 10日間もブログのためにPCの前に座ることができませんでした。
 アラブ世界だけでなく、中国にまでSNS革命とでも言えそうな新しい革命の波が押し寄せているようですね。
 それにしても、なぜ日本ではまったくそうした動きが起きないのでしょうか? 正直なところ、日本は「心身ともに」病んでいるような気がしてなりません。元気の出しようがないという気がします。その理由のひとつは、高齢者の処遇にあります。
 多くの学者や社会活動家が、日本の行く末を解き明かそうと発言しています。超高齢化社会は眼前にまで迫ってきています。
 超高齢化社会ではなにが起きるのでしょうか? 若者が一人で何人もの高齢者の社会保障を支えなければいけなくなるなどということは、そう大した問題ではないと僕は思います。そんなものは社会保障の制度を変えれば済むことですから。
 問題は、高齢者は働き手ではない、社会を構成する要素から外れているといういまのままの考え方でいけば、まったく高齢者は社会構成要素から外れたままになり、二度と社会の構成員として浮かび上がる事がなくなるということです。60歳を過ぎた途端に、まったく就職先がなくなるなどという歪みは、あってはならないことでしょう。高齢者の社会参加意識を鋭利な刃物で削ぎ取っているようなものです。
 なぜ高齢者を中心に据えた社会という考え方ができないのでしょうか? このままでいけば高齢ではあるけれど、多くの有用な労働人口も優秀な頭脳も失われるままになるだけです。
 なにより高齢者の生理ということを考えると、おそらくあと何年もしないうちに、すべてのスピードがいまよりスローダウンするはずです。それを無視すれば、必要以上の軋轢が生じ、不慮の事故や事件が多発するようになるでしょう。そのことの方が、遥かに重大な問題だと、僕には思えます。

 社会というものは、流れの中で変化するものです。国民の意識や生理が国家そのもののありようすら変えていきます。冒頭に書いたSNS革命などもそのひとつの現れでしょう。
 日本人は、すでに何かを諦めてしまっているようにも思えます。そこから崩壊が始まります。日本という国体はすでに崩壊に向かっているようにも感じます。政治などすでに崩壊の初期段階に足を突っ込んでいます。もう後戻りはできそうもありません。経済も浮かび上がる端緒すらみつけられずにいます。そしてこれこそが最も恐ろしいことですが、拝金主義が日本中にいきわたり、思想も哲学も組み伏せられてしまい、息も絶え絶えだということです。
 今の日本が高齢者を脇に追いやる考え方の基本は、合理的という名のやはり拝金主義がベースにあります。
 どうか、政治に携わる皆さんは、高齢者を中心に据えた社会構造を模索してください。それが小さな政府を招こうが、経済の縮小につながろうが良いではありませんか。高齢者が大半を占める世の中を基本に考え、若者がその中で生き生きと活躍できる社会を模索する方が健全です。
 無理矢理に勢いのある若者中心の社会を構築する必要はありません。でなければ、日本は後10年ももたないのではないかと危惧します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっと、立ち寄りな感じで

2017-02-14 01:50:03 | 普通な人々<的>な
昨日の日曜日、72歳と70歳と68歳の高齢者トリオで酒を飲みました。

このメンツでは半年ぶりくらいの邂逅です。

話の内容は……まるで20歳代の青年のような、明日を見据えた話ばかり。

すごいなと思いました。

これが二人で会っていると弱気な話になるのですが、三人寄ると明日の話になるわけです。

人間はどこまで行っても前を見て生きる生き物なのだと、つくづく感じました。

そして常に一歩でも前に進む限り、年齢は生きることにはまるで無関係であるということも自覚できるわけです。

とても良い一日でした。

ただ、三人でおよそワインを4本空けました。

帰りはグダグダでした。なにをしていたのかわかりませんが、普通なら1時間15分で帰るところを、2時間半もかかっていました。

よくぞご無事で、という感じです。

そうそう、前のこの原稿で「時間の経つのが遅い」と書きましたが、2月に入った途端、急激に早くなりました。2月に入ったばかりだと思っていたら、もう半ばです。

時間とはまったく不思議なものです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんな夜中に

2017-01-29 02:19:47 | 普通な生活<的>な
気が付くと、毎晩こんな時間なんですよ。

自分の時間がやってくるのは、こんな時間……。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

異変?

2017-01-29 01:46:25 | 普通な生活<的>な
今年に入って、どうも去年までと違うなと感じるところが一つだけ。

いやに時間の経つのが、遅い。

去年までの時間感覚で言えば、すでに建国記念日(あ、2月11日ね)は、過ぎているところだ。

あれ? まだ1月だっけ? てな感じ。

皆さんはどうですか?

そんなことはありませんか?

思うに、明らかに時間の進みが遅くなっているのだろうと、ボクは思う。

量子論的には、時間はないものなのだそうだ。

現在も過去も、実は現在に集約されるものであって、概念としては存在するとしても実際にはないのだそうだ。

そのことを、実は仏教でははっきりと言葉にしている。

因果倶時。

すごいよね、3000年近く前に説かれた概念ですよ。

時間というものは、確かに自分にとっての物差しではあるし、他とのある種の共通認識のための単位ではあるけれど、実は自分だけのものであって、それは自由気ままに伸び縮みさせることもできるものというわけだ。まるで輪っかの様に無限ループさせることもできる理屈だ。

因果倶時だから、時間を止めてしまうこともできる。一瞬の点にすることも可能ということになるな。

それだから、ふと気づくと自分の都合が良いように、時間は歩みを変えているということなのだろうな。

いま、時間の経つのが遅いと感じているわけで、ボクにとってどんな都合があるのだろう?

そこのところは、自覚のない無意識領域の話なわけで、この不可解さが、堪らないわけですよ。

今年も、こんな感じなんだろうかな?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トランプ……プラトン

2017-01-23 00:45:29 | まあまあ社会<的>な
そういうわけで、トランプという名前の中には、プラトンという大哲学者の名前が収まっている。

ただのアナグラム、言葉の遊び……ではない。

プラトンはイデア論で名高く、プラトニック(ラブ)の語源ともなっている。

トランプは名前がそうであるように、下世話な正反対の性癖を持つ。

プラトンは常にお師匠さんであるソクラテスを宣揚するように、師匠の口を借りて自分の思想を人々に伝えた。

トランプは口から出まかせで、思いついたことをなんの躊躇もなく口にする。それも自分以外はすべて誤りであるという傲慢な意識に支えられて。

プラトンは世界を旅しその世界観はグローバルで、失われたアトランティスにまで言及し、人々を啓蒙した。

トランプはアメリカ第一とだけ叫ぶ。まるで、世界からの孤立宣言にも聞こえる。

まだまだあるのだが、トランプの中にいるプラトンは、残念ながら微動だにしていない。生命の発動はない。

要はプラトンの正反対の事どもを、トランプはアメリカのみならず世界に披瀝することになるのだろう。

冗談ではなく、そういうことだ。

だから、トランプの動向をいちいち検証するのではなく、プラトンをもう一度勉強し直そうかとふと思ったのだった。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レイバンのサングラス!

2017-01-15 01:17:27 | 極端な生活<的>な
ずいぶん前のことになるが、ボクのfacebookか何かのアカウントだかが「乗っ取られてるみたいですよ」と、親しい友人の一人が教えてくれたことがあった。

眺めてみると「レイバンのサングラスを安く売る」みたいな記事が、ボクのfacebookを通して様々な人に送り付けられていたみたいだった。

とりあえず、「こんなことになっているみたいでごめんね」的な記事を書いて、皆の元に届けばなと思った。

その時、そのことを教えてくれた人と、やり過ごしてくれた人と、もう一種類の人がいた。その代表例が「人として最低」というコメントを残してくれた人。

SNSの怖さだよな。その人にとってボクはすっかりネットを悪用する商売人ということになったわけだ。

正直、ネットを利用してモノを売ることが悪いことだとは思わない。だからボクはそのままにしておいた。

最近また、ボクのメールに「レイバンのサングラスなんちゃら」という記事が舞い込んでくる。いい迷惑だが、特段人を傷つけるわけでもないので、そのままにしている。

「人として最低」とコメントしてくれた人に対して、いいのか悪いのかよくわからないが、ボクはすっかり「覚めて」しまった。

その人はSNSを多用する。自分の思いや活動を人に送り付ける。それは親しい人にとってはとても嬉しくもあり、待ち遠しいものでもあるだろう。ボクもその一人だった。

だが、送られてきた誰かの記事が、それまでその人間が発信してきた記事とは異質だと思う程度の疑いやら、その人への信頼感が根底にあって記事は読むものだろう。

そうした検証もなく、一方的に「人として最低」という言葉を投げて終える感覚がどうしてもボクにはわからない。

その感覚のままだと、自分が同じ憂き目にあったときにどんな対応をするのだろうと、心配になる。

ま、ボクが心配することではないのだが、最近メールに舞い込んでくる鬱陶しい記事を見ていて、急に思い出したのでちょっと書いておきます。

乗っ取りにはご注意を! ただ、乗っ取られたときにどうしたらいいのかは、よくわからないままです、相も変わらず。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京「昭和な」百物語<その20> グリーンハウス

2017-01-14 02:24:11 | 東京「昭和な」百物語
1960年代の終わりに近づくと、世の中は騒然とする。

ある意味、1960年6月15日の東大生樺美智子さんの国会南門での機動隊との衝突による死亡で始まった反安保闘争という「政治の季節」が、ピークに達するのだ。

60年安保闘争から70年安保闘争へ、学生が主体となった政治闘争は刻々と姿かたちを変えながらも連綿と受け継がれ、その間のベトナム反戦、沖縄闘争などのファクターを抱え込みながら、一種のカタストロフとでもいえるような悲劇的な高揚を見せる。まるで負けを覚悟の捨て身の新宿、安田へとなだれ込むのだ。その先に浅間があり三菱もあった。

その一方で、束の間のアバンチュールのように、ヒッピーというそれまで自分たちが知っている世界とは違う世界がアメリカやヨーロッパにはあるみたいだぞ、的な期待や高揚と、ナチュラリズムに名を借りた怠惰で、退廃的な現実があった。

その象徴が、今では信じられないことだが、長髪の兄ちゃんやとっぽい姉ちゃんが、ハイミナールやシンナーでおっぺけぺになりながら、新宿アルタ前に存在した芝生の一角で一日中寝転がっているという事実があった。その一角をグリーンハウスと称した。全然温室じゃないけどね。

しかも彼らは、ヒッピーではなくフウテンと呼ばれた。あ、彼らじゃないか、ある意味ボクもだった……。ボクはおっぺけぺじゃなかったけどね。

その一角に入りきれない連中は、新宿中央通りの「風月堂」「ウィーン」という喫茶店に入り浸った。コーヒー一杯でおよそ半日以上をそこで過ごした。政治的ではない時は、ボクはこのウィーン一派として過ごした。

なんて、その第一人者のように書いているけれど、そうではなくて、十把ひとからげの一人。芝居もやっていて忙しかったし、あまりそこにはいられなかった。ただし、いられるときはそこの住人のようにふるまっていたな。

でもね、ことさらに言うわけじゃないけれど、それはそれで楽しかった。政治も含めて新しいカルチャーとして理解していた。

昭和という時代は、前半は戦争だらけだった。そして中盤は政治的だった。最後の最後は……なんともいわく言い難い不思議な終わり方をした。混乱を避けながら混乱を招き、消耗し、果てたという感じ。

それでも、なにか元気だった。今よりははるかに元気だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

少々痛んで、年明け

2017-01-10 00:47:50 | 普通な生活<的>な
新年が おめでとうと言い 顔を出し

2017年そうそう、少し体を痛めています。奥さんも。

精神は健康そのもので、なんともはや。このバランスをどう整えるか?

その方法は、すでにボクの手の内にあります。

少し時間をかけて、2017年がかつてないほど最高の年になるよう!

生きていきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

謹賀新年、です

2017-01-02 02:16:58 | 普通な生活<的>な
謹賀新年


2016年と同じですな。

………。

2017年が明けましたが、どうしたわけか昨年末から例年のような年末年始の緊張感やら慌ただしさなどが、まったくありません。

ちょっとした変化はありますが、淡々と日々が過ぎていきます。

これは何なのでしょうか? ちょっとですか戸惑いも感じます。

今年もお節料理はすべて手作りしましたが、31日のおよそ3時間で作りました。作るに際してのバタバタも全くありませんでした。

写真をアップするような代物でもなく、エビの煮物、ピーマンの肉詰め、煮しめ、鶏のチリソース炒め、ブリの照り焼き、ミートローフ、卵焼き、ごぼうと牛肉の煮物などなど。

どれも家族には好評で、すでになくなりました。

今年の年頭は、これほど淡々と過ぎていますが、どう考えても新しい人生の第一歩という感じも強く、なにやらボク自身が大化けしそうな予感があります。

期待していてくださいね。

本年は、殊によろしくお願いします!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京「昭和な」百物語<その19>新宿大ガード付近(再録)

2016-12-17 17:43:07 | 東京「昭和な」百物語
(2011年7月20日にこのブログで書いた原稿を少し書き直して再録します)

 昭和33年の冬、それまで住んでいた上板橋のハモニカ長屋から、荻窪の公団住宅に引っ越した。これは画期的な出来事だった。

 当時僕は小学校三年生で、板橋から文京区立窪町小学校に越境入学していた。越境入学の理由は、今は筑波大学となっているが、当時の東京教育大学附属小学校の入学試験に落ち、癪にさわって隣りにあった窪町小学校に通うことにした、ということになっていた。本当のところは不明。
 確か季節は冬。ニ学期の終業式当日だったような……。

 上板橋から窪町小学校に向かい、帰りは荻窪に帰った。
 よく考えれば、10歳の小学校3年生にはかなり無謀な行程だったような気がする。なにしろ荻窪なんぞは、行ったことも聞いたこともなかったから。

 当日の朝、帰りは荻窪まで来るようにと言われ、心細いなんてものではなくて、当時の学友に先生(中村先生!)に促されてサヨナラの挨拶をし帰路についたが、心此処にあらず的な浮き足立った感覚を覚えている。

 営団地下鉄丸の内線の茗荷谷が窪町小学校への下車駅だった。いまの感覚で行けば、それなら茗荷谷から荻窪まで丸の内線で一本じゃないか、と言いたいところだろうが、丸の内線、当時はまだ荻窪まで開通していなかった。池袋から霞が関までしか開業していなかったと思う。荻窪からは方南町あたりまでだったかな?

 どんな行程で茗荷谷から荻窪まで行ったのか定かではないが、その夜にはきちんと荻窪で食事をした記憶があるから、ちゃんと行けているわけだ。いろいろな方法があった思うが、おそらく、茗荷谷から池袋(2駅)へ出て、省線(と昔は言ったのだよ)に乗って新宿へ出て、当時は高尾ではなく浅川行きと言った中央線に乗って行ったのか、あるいは、新宿で降りて淀橋方面に向かって大ガードを抜けて歩き、都電に乗っていったか、いずれかだろうが、そこのところの記憶は曖昧だ。
 どちらかと言えば、都電で行った公算が大きい。というのも、4歳年上の姉が、当時まだあった淀橋浄水場近くの精華女学園中等部に通っていて、記憶にはないのだが、彼女と待ち合わせて帰ったと考えるのが最も妥当だ。そうなれば都電で荻窪に向かうのが最も自然だ。

 当時、都電は東京を縦横に走り回っていた。ボクが最も馴染んでいたのはやはり杉並線で、新宿の大ガードを超えたすぐの所に、熊の胃の宣伝だったかジンギスカン料理屋だったか、大きな熊の絵だったか彫刻だったかがあって(後々、当寺は結構あったという今でいうところのジビエ料理の店だったと、友人に教えてもらった)、その目と鼻の先に都電杉並線の停車場があった。それに乗れば、終点の荻窪駅まで連れていってくれた。
 都電荻窪駅は、新宿から向かえば荻窪陸橋を越えた北口側にあった。
 ただ、営団の丸の内線が荻窪まで乗り入れた昭和37年の翌38年には廃線になった。だからボクが乗ったのも、約4年間程度だったという計算になる。

 都電は、本当なら環境にも優しい素晴らしい交通手段だ。東京でもいまも最後の一路線「荒川線」が早稲田から三ノ輪まで走っていて、たまに何の用もないのに乗る。ゆっくりと風景が流れていく様は、普段感じることもない時間の流れが目に見えるようで楽しい。

 季節になると大塚駅から池袋方面へと向かう線路際が、バラの花で覆われる。結構好きな光景だ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

一言。韓国

2016-12-14 01:22:12 | 極端な人々<的>な
朴槿恵大統領の引きずりおろしに「成功」して、国家(国家の体をなしていないが)を上げて万歳している韓国。

正直、韓国がどうなってもどうでもいいことなのだが、周囲への配慮も、何事かをなせばどこかが歪むといったことへの熟慮もない国民が、まるで革命でも起こしたかのように狂喜する姿は、見苦しく、見るに堪えない。

一時、「SNS革命」などとおだてあげられ、結局は混沌に沈んだ「アラブの春」の失敗から、何一つ学んでいない人々が、そこにいるだけ。

自分たちが選んだ大統領は自分たちが責任をもって処する、という発想はありだとは思う。だがその方法は、選挙だろう。何もしない大統領だからといって「弾劾」はないだろう。

アメリカの大統領の中でも強面だったレーガンは、占星術師ジーン・ディクソンをオブザーバーにしていたといわれる。小太りのおばちゃんが大統領にサジェスチョンして何が悪いというのだろうか?

弾劾に賛成した「painted back=背塗」党の反主流派の所業も、弾劾賛成派に抗して果敢にデモを敢行した「背塗」党支持者=朴大統領支持者への単なる背信に過ぎない。

世論の主導で事は成されたといえば聞こえはいいが、世論を醸成したのはおそらく無責任な世論の尻馬に乗ったメディアであり、どこかマッチポンプのような連中のなせる業だったのだろう。

韓国の政治的混乱は、半島情勢になにか大きく影響するのではないかと思っている向きもあるが、まずない。「北」も呆気にとられているといったところだろう。これが40年前なら「南」の混乱に乗じて侵攻するというような状況も考えられただろうが、今回はあまりにも突飛で、「北」も、状況をはかりかねているに違いない。というか、韓人のメンタリティはよくわからないが、所詮北と南は「戦争ごっこ」をしているだけということだろう。緊張感の欠片もない。そこは、隣国としてはありがたいばかりだ。

世界は音を立てて動いている。韓国はそんなことにも気づいていない。もし気づいていたら自分の足元のことだけで、国のかじ取りを任せていた棟梁を引きずり降ろしたりはしないものだと思うのだが、どうだろう? 

これ以降さらに、対外的(ことに日本への)な国家間の信義に関わることどもも、平気でチャラにしかねない韓国の国家的アイデンティティは、如何にもお粗末、としか言えない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月4日 後日談

2016-12-08 02:21:18 | 普通な人々<的>な
先生でもないのに、駅までおよそ700mを走り切ったボクは、そのバチがあたったのだろうか、その二日後の6日、なんと何年振りかで熱が出たのだった。

……。

それだけなんですが……。今日も節々、痛んでます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加