「カトー折り」ペーバークラフトで広げるエコ!

eco japan cup2009で受賞した「カトー折りと練習シート」を機会にエコな暮らしの知恵を考えます。

震災でトイレが使えないとき、新聞紙が簡易トイレになる!新聞紙は備蓄しておこう!

2017-01-30 22:47:25 | 活動レポート

2017年1月28日(土)まちの先生見本市に向けて、カトー折りは、トイレ特集に取り組みました。

震災でトイレはどんな問題を引き起こすのかは、ネットで「災害時のトイレ対策」で検索すると数多くの事例やマニュアルがあります。

また、携帯トイレや簡易トイレにはどんなものがあるのかということもわかりました。

例えば以下のようなものがあります。避難所のあり方の勉強にもなります。

---------------------------------------------------

「避難所等におけるトイレ対策の手引き」の策定

https://web.pref.hyogo.lg.jp/governor/documents/g_kaiken20140407_0402.pdf ・・・非常に参考になります。

---------------------------------------------------

避難所におけるトイレの確保・管理ガイドライン

http://www.bousai.go.jp/taisaku/hinanjo/pdf/1604hinanjo_toilet_guideline.pdf・・・・・勉強になります。

---------------------------------------------------

女性の視点に配慮した防災対策についての提言

https://www.city.takamatsu.kagawa.jp/file/1334_L23_joseiteamsaishuuteigen.pdf ・・・・視点の重要性がわかります。

---------------------------------------------------

女性の視点でつくる防災セミナー災害に備えるトイレ対策編

http://www.scrum21.or.jp/wp/wp-content/uploads/2014/08/%E3%83%88%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC%E8%B3%87%E6%96%99%EF%BC%88%E6%94%B9%E8%A8%82%E7%89%88%EF%BC%89fin.pdf ・・・よくまとまっています。

 ---------------------------------------------------

こういう資料を読んでわかったことが、新聞紙を活用したトイレ対策がありませんでした。そこで考案を試みたのが今回のチラシです。

これについては、さっそく新宿区の区長さんが関心を持ってくださいました。

ポイントは、携帯トイレには黒いビニール袋が2枚ありますが、1回分しかありません。

①1枚の黒いビニール袋は便器に被せて、汚さないように保護のために使います。

②新聞紙で作った便器袋を便座に乗せます。

③用を足します。(小便、大便も一緒に新聞紙の中に入ります。この中に新聞紙の短冊も入れておきます)

④袋をつまみあげて、尿を、新聞紙の箱の中のレジ袋バケツに捨てます。

⑤糞のみが入った便器袋(新聞紙)をもう一枚の黒いビニールに入れます。入れる時はさらに新聞紙でカトー折りの袋で包むと漏れることなく、捨てられます。

⑥糞と尿が分別されるので、吸収剤がなくても、大丈夫。大便はカトー折りの袋でパックすれば、トイレの外、屋外に捨てにいける。悪臭対策にもなる。

⑦一つの携帯トイレで、新聞紙により何回も使える。ストレスが減る。トイレの便器も汚れない。

⑧また便器が汚れてしまった場合は新聞紙で和式トイレをつくり、そこで用を足せばいい。

以上のようなことを説明しました。

新聞紙の和式トイレは、左、レジ袋のバケツは右。

展示内容では、本やネット資料を冊子に印刷して展示しましたが、あまり見てくれませんでした。

やはり人が作りながら説明するのが一番ですね。

それとワークショップでもトイレ問題を新聞紙で解決する方法について説明しました。

参加者は8名でしたが、熱心な方もあり、有意義でした。

その新聞紙で作った便器袋を実際にお尻に当ててみると、こんな感じと説明しました。

今回発表したのは、

 ①洋式トイレ便座にセットできる新聞紙の便器袋

 ②新聞紙でつくる和式トイレ

 ③新聞紙でつくった箱にレジ袋を入れて、バケツ

 その他に、新聞紙の靴、帽子、枕も展示しました。

 展示の終わりごろに新聞紙の靴を作っているときに見学の年長の男性から声を掛けられ、自分にも靴を作ってくれとのこと。さっそく作りました。それを履いて、体育館を歩き回り、体験してくださいました。名刺交換しました。すると、本日、お手紙をいただきましたのでここで一部を転載いたします。

*****************************************

・新聞紙工芸(創意工夫)で身近に役立つ光景を目の当りにしまして、すぐに手施きを受けようと思いました。

・私は毎日、スニーカーに新聞紙と丸めて脱臭・脱湿に活かしていますから、加藤さんのコーナーにて履物の細工にほっと温もりを感じました。

・現役のとき職場の事務所の窓ガラスの仕上げに丸めた新聞紙を(家庭のガス台の磨きにも同様)使っていました。

・山岳地帯で緑のボランティアで寒い朝に新聞紙を胴に巻いて、作業に取り組んだところ、へこみに足が捉えて、転がり落ちて石垣に当たったのに、無傷で幸運に恵まれた。

・幼少のころ、書道の練習には新聞紙と、正月二日の初夢には宝船に見立てた船を作って枕元に。

・今なお、野菜保温、保湿剤として新聞紙を活用している料理人が居合わせます。(湿った新聞紙に野菜をくるむと、新鮮度をキープされる)

・先日、神社の焚火の折りに試みに、焼き芋を!と思ったら、年長の方の知恵で濡らした新聞紙にサツマイモを包んで、アルミホイールでくるみまして、火中に置いたところ果たして柔らかいいい香りの焼き芋ができました。手軽にできる銘品となりそう。

まぁ、こんな訳で新聞紙の諸々の活かし方が浮かんで参りました。

また会えます日を心待ちにしています。

***************************************

いろんな出会いがありました。本当に素晴らしい「まちの先生見本市」になりました。

ありがとうございました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第16回まちの先生見本市 出展でトイレ問題の解決をカトー折りで挑戦しました。

2017-01-29 00:33:15 | まちの先生見本市

 ブログを更新しておりませんでした。永らく、たぶん放置されたのかなと思っている方もいらっしゃるかと思います。すいません。ただ今回はブログ更新しないと眠れない状況になりました。1/28(土)はまちの先生見本市が新宿区落合第3小学校でありました。

写真もありますが、あとアップロードしますが、トイレ問題を取り上げたのです。携帯トイレというものがありますが、これは一袋1回限りなんですね。中には黒いビニール袋が2枚、消臭剤などが入っています。

これは三鷹市で頂いたものです。裏側を見ますと、

使い方があります。一枚は便座に被せて、便座が汚れないように保護します。2枚目は用を足すときに入れるものです。ここでは、凝固剤を入れて、大便と小便を一緒の袋に入ります。それで防臭袋BOSに汚物袋入れるというものです。これで一回です。

携帯トイレを大量に買っておけばよいのですが、1個くらいなら、配布されてもっている場合もあります。私もそうです。数が限りがある状態で、トイレの回数を制限されていることがストレスとなり、体調不良を起こします。また便器を保護するカバーした袋も1回で外してしまえば、水が流れない状態なのに、そこでやってしまうこともあります。便器が汚れると、糞の山となり、トイレットペーパーも捨てられ、断水が復旧したときに、今度は流れなくこともあります。

そこで、震災で断水したら、とにかく、便器に新聞紙などで蓋をします。そのうえにビニール袋を被せて、テープで取れないようにします。まずは、便器を汚さないようにすることです。

それで新聞紙をカトー折りで折って、便の袋を作ります。これを便座にセットします。

 

用を足します。袋を取り外して、小便だけで、新聞紙で作った箱にレジ袋を被せたバケツに流します。大便だけを新聞紙ごと黒ビニールに入れます。この三鷹市の携帯キットには防臭袋BOSが入っています。これは大変優秀な袋のようで、防臭がばっちり働くものです。これを1回限りというものはもったいないです。この袋に糞の入った新聞紙を入れます。入る分だけ、回数が増えます。

 こうすることで、1回の携帯トイレを一杯になるまで使えます。

新聞紙を便の袋にする。小便を入れるバケツにする。または 新聞紙で和式トイレを作れば、またがってやりますが、どこでもすることができます。

和式トイレをするのも恥ずかしい場合は新聞紙でポンチョをつくってやるのもいいでしょう。

今回はこういったものを展示したり、ワークショップで教えたりしました。とても関心が集まり、区長さんも来られ、説明をいたしました。

とても充実した展示になりました。ありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世田谷区立二子玉川公園ビジターセンターが「カトー折り」を非常食の皿に役立ててくださいました。

2016-12-04 22:28:37 | 取り上げてくださいました!

世田谷区立二子玉川公園ビジターセンターの職員の方からカトー折りを使わせてほしいというメールをいただき、承諾したところそのレポートを本日いただきました。

http://www.futako-tamagawa-park.jp/?p=11690

チラシを折って食器、スプーン、箸を作って、非常食をいただくプログラムを実践してくださいました。担当者いわく、皿にする折り方は簡単でわかりやすい教えやすかったそうです。

ご担当者の方、ご採用、ありがとうございました。

本当のところ、指導をしたいところでしたが、ネット上にある資料だけで、それも、練習シートや作り方をみて、覚えて、それを来場者に教えたそうです。

嬉しかったのは、こういった形で、広まっているという事実を目のあたりにできたことです。ぜひ環境や防災イベントでも使ってみてください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横浜市保土ヶ谷自衛消防団第一分団二班に入団しました。

2016-12-04 18:16:19 | 出来事

なんと、私は、消防団に入団しました。それは、横浜市保土ヶ谷自衛消防団第一分団二班というところです。

勤務先のセコムは消防関係にも自ら積極的に関わるように勧めています。私自身、セコムSCセンターの防災管理者でもあることから入団を決めました。偶然にも保土ヶ谷駅の宿場祭りで歩いていると、保土ヶ谷消防団の方が入団のチラシを配布しており、そこで入団の意志を表明したところトントン拍子で入団の手続きが進み、昨日に服装や機材関係が届きました。それで本日、なんと西区との合同訓練があるとのことで、狩場清掃局の敷地で訓練がありました。

私もこういった服装することになり、一員となることができました。

年末は火の用心のため警戒巡回の活動があったり、毎月18日は定例会合があったり、年始には保土ヶ谷、横浜の出初式があります。

カトー折りが防災に役立つという観点で、防災を考えてきましたが、こういった実践のところからもその意思を広げていけたらと思いました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

折り鶴付きの和菓子用お皿です。

2016-11-29 22:14:25 | 新しいペーパークラフト

折り鶴がお皿の角にあります。これは一枚の折り紙にハサミで切り離さずにカットをぎりぎりまで入れて、小さな正方形にしたあとに、そこから折り鶴を作った物です。

これは11月18日中央区国際交流のつどいが築地社会福祉会館でありましたが、私は折り紙コーナーを担当していました。そこへオープン間近で茶室コーナーの方がお盆にこの折り鶴付き皿にまんじゅうを乗せて和服姿でご挨拶に来ました。

なんとこの折り鶴を見た人達が折り紙コーナーに作り方を教えてくれとやってくるかもしれないから、ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いしますとー

我々スタッフは唖然としました。それでなくても忙しいのに。確かにこれはすごいと思い、教わりに来たのにできませんというのはよくないと思いました。

さっそく写真を撮って、これと同じような物を作ることができました。しかし、2止めはそう行きませんでした。やはり折り方によって両側の翼と繋がるところがしっぽとくちばしと繋がるときがあるのでした。また裏返しに折ることもあり、後ろに向いてしまうことも、いろんなパターンが生まれることがわかりました。

 

どうしたら、一発で思い通りの折り鶴になるのかは結構たいへんでした。 しかし、予想外にこれを知りたいお客さんが、それも日本人が尋ねにくるのです。その対応に追われて、すごい頭の中がぐるぐる周り、ものすごい疲れたのです。

おかげで覚えることができました。それと残った3つの角を起こして、お皿にすることができました。カトー折りと折り紙の融合です。新しいペーパークラフトでしょうか。

あと、くじゃくの作り方を覚えてました。

 

折り方をアップするには、コメントがあれば、したいと思います。リクエストをお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加