天使と妖精と共に歩むオーラソーマプラクティショナー・ エンジェル&フラワーセラピーヒーラーくーちゃんのブログ

天使のガイダンス♡お花やオーラソーマを通じた日々の「気づき」に光をあてます♡

情熱と自分らしさを取り戻すシング・ストリート

2016年10月13日 | 映画
こんばんは くーちゃんです

今日は肌寒いお天気で季節がすっかり進んだようですね

外はちょっと寒いけどハートがメラメラと熱くなる青春音楽映画

シング・ストリート未来へのうた」を観に行ってきました

時代はMTVが始まりブリティッシュロックが盛んになり始めた80年代アイルランドで

主人公のコナー14歳(黒いマフラーの美少年)は両親離婚で家庭崩壊

学校では先生からいびられ他の生徒からもいじめられどん底の日々を送っていました

ある日美少女ラフィナ(左端の赤い服)をみかけたコナーはひとめぼれしてしまい

「僕のバンドのPVに出ない?」と誘ったのをきっかけに

バンドを組んでオリジナルの曲作りをはじめて…という音楽がすばらしい映画でした

私も高校生の頃に軽音楽部でドラムと音楽漬けの日々を送っていたせいか

まるで自分の青春時代をやり直している

ような気分になりタイムスリップしてしまいました

音楽もザ・キュアーとか懐かしのサウンドばかりでした

主人公コナーがデビッド・ボウイの真似でお化粧しているのがかわいいし

ますます美少年に見えてすごく好き

私が演奏していた時は映画の少年たちほど上手ではなかったし曲もコピーバンドで

主人公コナーみたいに失恋もしたし学校で仲間はずれ・いじめにもあい

両親はまだ離婚していなかったけど既に仲悪くて

でも音楽をやっている時だけは嫌なことは全て忘れて情熱に燃えていて

「最も自分らしくいられた」日々でした

大人になると日々のやるべきことに忙殺され生きる情熱を失い

没個性が歓迎される日本社会特有の「こう生きるべき・○○すべき」という

目には見えないけれど確実に存在する束縛感や圧力から協調性ばかりを重視してしまい

いつの間にか自分らしさを失っていました

今は天使と一緒に自分らしく生きる感覚を取り戻していますが

「まだ足りない」ような気がする時もあります

日々の生活で身体もハートも疲れきっている

こんなにたくさん色々とやっているのに何かが足りないという方

タイムスリップして情熱を取り戻しに行きましょう


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私に正直に向き合う時 | トップ | マゼンタの美の女神に導かれ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。