定年(諦念)おじさんの自転車生活

定年後始めた自転車生活や3坪農園やHP作りのことなど
http://katch.ne.jp/~m_taka/へどうぞ。

安城市二子古墳

2017-06-14 17:49:30 | 自転車
 
唐突ですが、安城市二子古墳を見てきました。如何したことか、梅雨に入ってから上天気が続いています。太陽は季節なりの強さだが、吹く風が涼しくて、体感的には大変清々しい感じです。こうなると何時ものコースを外れて何処か別の場所を走ってみたくなります。そんな訳で、唐突にも安城市二子古墳へ行くことにしました。此処は、昔、朝は朝星夜は夜星を見ながら通った通勤路県道の横です。古墳らしい形を見ながらも立ち寄ったことがありません。初めて近づいて見ると大きいです。桜井古墳群中、最大の規模を誇る前方後方墳で、矢作川流域でも最古の古墳の一つだそうです。古墳の頂上には桜井天神社古趾の石碑が有り古墳の直ぐ横を新幹線が走っています。正に古墳時代と現代が同居しています。かなり前、吉田の古墳群を見たことがあるが、古墳時代からこの地域は人々の活発な活動があった事の証拠ですね。古墳の上の青空が澄んでいました。気持ちの良いライドでした。
走行データ D:30.93 T:1.42.47 A:18.1 M:27.9 O:87871.8



安城市桜井町内を通る県道横に二子古墳があります。



古墳の入り口近くに二子古墳の石柱と



古墳概要を描いた看板が立っています。



古墳頂上には桜井天神社古趾の石柱が立っています。兎に角デカイ古墳でした。



古墳の直ぐ横を新幹線が通っており、古墳時代と現代が混ざり合った場所でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラジコングライダー | トップ | アジサイの叫び―「雨がほち"... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
古墳 (ルパン)
2017-06-14 18:17:55
へぇ~、もっとも古い古墳があるんですね、
これは興奮するかな?
通りかかったことあります (もえ)
2017-06-14 20:39:47
桜井ですよね。
岡崎に行くときにいつも通っていますが
立ち寄ったことはないです。
今度みてこようかな。
前方後円墳! (毎日日曜大工)
2017-06-14 20:45:54
近くに、有るんですね。
知らなかったです。
今度、行ってみます。
古墳 (猫親父)
2017-06-14 23:02:34
此処は時々横の道を通りますが、立ち寄った事は無いです。

今度近くに行ったら見てこようかな。
知らなかった (たいぴろ)
2017-06-14 23:27:59
桜井に古墳があったのですね。知りませんでした。
作られたのが3世紀後半だなんてロマンを感じますね。
諦念おじさんへ (温泉ドラえもん)
2017-06-15 17:01:17
 へえ~、安城に国指定の古墳があるのですか。
 孫が中学生になったら連れて行きますかねえ。
大きい (もっくん)
2017-06-15 19:27:22
ここの古墳は大きく立派ですね。
桜井地区にはまだまだ古墳はありますね。
それと、デンソー西尾工場付近にもありますね。
二子古墳 (定年(諦念)おじさん)
2017-06-15 20:17:47
ルパン様
綺麗に手入れされていますが、実はかなり昔の古墳みたいですね。

もえ様
県道横で目に付きますね。今の時期、緑が綺麗です。手入れもされています。お暇なときに立ち寄ってみて下さい。1周歩くのも面白いかも・・・。

毎日日曜大工様
お暇なときに歩いてみて下さい。今の時期は緑が綺麗です。よく手入れされている感じです。

猫親爺様
県道横ですが素通りしてしまいますね。お暇なときに立ち寄ってみて下さい。

たいぴろ様
桜井の県道横です。納品の帰りでも、お暇なときに立ち寄ってみて下さい。歴女として、いろいろ考察して下さい。新しい発見が・・・。

温泉ドラえもん様
桜井の県道横にあります。近づくとかなりデカイですよ。お孫さんとご一緒に、古代のロマンを感じるのもいいかも。

もっくん様
以前、吉田の古墳は見に行きましたが、デンソー付近にもあるんですか。何時か見に行きたいと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。