片割れ月おもちゃ箱

エッセイ風お笑いブログです~

良いお年を

2016年12月30日 22時50分01秒 | 日記
   鍋のなか不協和音はなかりけり …駄句である(_ _;)…パタリ



 根津甚八さんが亡くなったと聞いて、名取裕子の小ぶりなオッパイを連想したのは私だけだろうか…ヽ(´o`; コラコラ
 他にも一世を風靡した俳優さんやらスポーツ選手が例年にないほど多く亡くなった年であった。まずは皆様のご冥福をお祈りする。

 さて、国内の重大ニュースのトップは熊本の大地震。世界に目を向ければアメリカ大統領選挙でトランプ候補が勝ったことが1位。ちなみに県内の1位は情けない話になるがクマということにヽ(´o`; オイオイ

 次に私の重大ニュース。
 年の暮れとはいっても以前と違って大掃除をすることもなく、大した料理を作るでもなしに女房は今日もテレビを見ながら饅頭にパクついていた。
 この女と一緒になってから何回目の正月を迎えることになるのかさっぱり分からなくなってしまった。
 茶碗蒸しを抜かれた年の大晦日は大いに激怒し大暴れした私ではあるが、その他のことは概ね許してきた。それが今に至るとも思わずに。済し崩しとはまさにこのようなことを指すのだろう。苦痛と言えばまさに苦痛である。

 ダルマのようになった女房に命令されるがままカレールーのお使い小僧に甘んじているが、私にも虫けらほどのプライドはある。黙ってやり過ごすわけではない。積もりに積もった怨念から解き放たれたい気になるのは当然のこと。

 9月の末に同級生から電話があったことは以前書いたが、その彼女からまた電話がかかってきた。幼馴染というものは気心が知れているので吾妻しい。そのうえ同じ趣味を持ち合わせているので話が弾む。もう逃れられないだろう。
 良からぬことを謀っているわけではないが、年が明けたら堂々と会うことに決めた。もちろん女房には内緒だが、同人として会うのだから疾しい気持ちはこれっぽっちもない。来年は良い年になりそうな予感がする…(*^^*)ポッ
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

アホウドリ

2016年12月25日 18時39分35秒 | 日記
   苦と楽の足跡あまた冬の朝 …駄句である(_ _;)…パタリ



朝方に降った濡れ雪も、午後になるとすっかり融けていた。
北国なのにクリスマスに雪が無いのは些か間抜けな気もするが、お金と違い雪はあるよりは無い方が良い。
冬将軍に聞かれては拙いので小声で話すが、11月に初雪が降った時、今年の冬は手強いと踏んでいただけに嬉しい誤算かも…

午後からは母校が出場する高校駅伝をテレビ観戦した。予想通りではあるが、遠征の寄付金を払った身には残念な結果に。賭けに負けたような気分である。今度は30日の高校ラグビーに賭けるしかないようだが、こちらも勝てるような下馬評ではないので元も子もなくなるに違いない。

そのあと気晴らしに郊外の公園に行ってきた。家から車で10分ほどと近い所なので時々出掛ける。本当は市街地にある美術館やら文化施設やらに行きたいが、立派な建物はあっても展示しているものが貧弱で向かう気がしない。建物だけ立ててあとは知らないがこの土地の行政。

この先はどうしても自虐ネタになってしまう。
いつだったか何に事欠いたか知らないが、美術館で「大魔神展」なるものまでが催されていた。バカ殿様(知事のあだ名)と禿げ鼠(こちらは市長)のやることだからどうしようもないが、四月の選挙にはどちらも立候補を表明した。文化会館をもう一つ造るまでは辞められないという話である。取り巻きが操っているに違いないが、先が思いやられる。県の人口が来年には100万人を割ることが確実になっているだけに、ずいぶん住み心地が悪くなってきた。

←秋田のバカ殿様(爆)

←秋田の昼行燈(笑)

湖ではシベリヤからやって来た白鳥や鴨が遊んでいたが、4年後には鳥も通わない土地になるかもしれない…(_ _;)…パタリ

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加