片割れ月おもちゃ箱

エッセイ風お笑いブログです~

七夕特集

2017年07月07日 15時55分52秒 | 下ネタ
   柔肌の夢はつかのま遠郭公 駄句である(_ _;)…パタリ



 7月7日は私にとって特別な日である。この日には記憶に残るような忌まわしいことが起こる確率が高いので、最近は静かに家にいることにしている。そういえば女房に初めて出会ったのもこの日であったが、結果は言わずもがなかと…

 独身時代、県北の田舎の村の旅館に二か月ほど仕事で泊まったときのことである。その町には、棺桶に半分足を突っ込んだようなババアが営むスナックが一軒しかなかった。一度入ったことがあったが、客は棺桶に首までつかったような村のエロじじいたちで、それなりに賑わっていた。今になって思うと清川虹子似の60歳くらいだったのかも知れないが、若い私たちには到底容認できるような代物ではなかった。



 若い女をしばらく見ないものだから、宿で寝ているあいだ、ある者は小柳ルミ子の夢を見たといい、又あるものは天地真理の夢を見たという。そして私はといえば毎晩のように南沙織とチュッチュしている夢を見ていたが、時には清川虹子に唇を奪われる夢を見てうなされることもあった。やはり極度の女性欠乏状態に陥ると、とんでもない妄想を抱くもので既に限界を超えていた。体に悪いので土曜日の夜は峠を越えて隣町まで遠征することとなった。

 とはいえ隣町も田舎町で大した店は無い。看板だけ「キャバレー」と書いた汚い店を見つけ、ドアを少し開け覗いてみた。とりあえず若い女らしきものが見えたので入ってみることにした。何しろ尋常な精神状態には遠く及ばない男たちである。それがお化け屋敷であったとしても迷い込んでいたに違いない。

「おんなだ!おんなだ!」と言って薄暗い店の中に入るとママの他に若い女が3人いた。自分から稼ぎに来たのか売り飛ばされてきたのかは判らないが、言葉は津軽弁で間違いない。川反あたりのロンドンやハワイと違い田舎は規制が緩い。うるさいマネージャーもいなければ下着の締め付けも当然のように緩くハンズフリー状態。ネーちゃんたちとの酒池肉林のドンチャン騒ぎは11時の閉店後に料理屋の二階に場所を変えて夜中まで続いた。

 まではよかったが、さて帰り道。「運転手は君だ!車掌は僕だ!」と全員酔っ払っている。運転手の選考はダチョウ倶楽部方式で決め、千葉から来たという暴走族上がりが担当することに。理由は運転が上手だと思ったからだ。
 一番酒量が多かったはずなので「酔ってないか」と問えば、「だいじょうぶ、だいじょうぶ」と呂律の回らない返事が帰って来る。「ゆっくりでいいから、絶対事故るなよ」と何回も念を押して出発したが、元暴走族はハンドルを握った瞬間に人が変わることをすっかり忘れていた。

 町を少し出たばかりの火葬場の100mくらい手前の第1コーナーにさしかかる。「事故るなよ!事故るなよ!」の言葉を合図に右急カーブを曲がりきれず、そのまま道路わきの窪地に車ごとダイビング。
 車は大破したが不思議と全員大したケガもなかった。道路下がガケになっていなかったことが不幸中の幸いであった。
 たまたま5人乗りの車に7人乗っており、ぎゅうぎゅう詰めで身動き取れなかったことと、まだ残る女たちの余韻で体がタコのようになっていたことも無事で済んだ要因かも。

 夜中の2時である。パトカーが通らない代わりに、タクシーもおサルの駕籠屋も通らない。この辺りは夜中になると出ると聞いていたが、幽霊も私たちには関わりたく無かったようだ。
 仕方なく車を乗り捨てて泊まっていた旅館までの13キロの峠道を歩くことにした。
 旅館のサンダル履きでとぼとぼ歩くこと3時間。宿に着くころには酔いもすっかり醒め、辺りは明るくなり、呆れた鳥がカッコウ、カッコウと鳴いていた。
 ある意味、バカがまかり通る良い時代であったヾ( ̄o ̄;)オイオイ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 我関せず | トップ | あじさい寺 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
無謀 (砂希)
2017-07-07 21:13:48
生きていてよかったですね……。
13キロも歩くとは、罰ゲームのようです。
酒も女もほどほどに、という警告でしょうか。
あまり効き目はなかったみたいだけど(笑)
こんばんは (sumika)
2017-07-07 23:49:22
片割れ月様
こんばんは
飲酒運転の事故!
全員無事でよかったです。
私の友達は、19歳の息子さんを交通事故で(崖に転落して)亡くしたので、車の事故は恐ろしいです。
今宵、片割れ月様が、南沙織さんの夢を見れますように。
イエローカード (片割れ月)
2017-07-08 16:08:26
砂希さん
ほんと、もうちょっと行くと片側が崖で下が川になっているところがあって、あそこからだといきなりのレッドカードだったでしょう…命拾いというもんです。
舗装にはなっているけど山道を夜中の2時過ぎに歩いている男たち…
狐や狸や熊は遠巻きに呆れてみていたのでしょうね(笑)
飲酒運転は警告と受け止めたけど、女の肌は病み付きになり今日まで生きてきましたヽ(´o`; オイオイ
悪運 (片割れ月)
2017-07-08 16:08:59
sumikaさま
おかげさまで生き延びておりますが、南沙織の夢を見ることも無くなりました。
てか、睡眠時間6時間で夜中にいっさい目が覚めません。夢を見る時間帯が無いのかもヾ( ̄o ̄;)オイオイ
お友達の御子息は残念なことになりました。
私はこれからも安全運転を心掛けます~

コメントを投稿

下ネタ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。